「IT導入補助金2023」終了に伴う事業スケジュールが更新 補助金申請最終締切は2024年1月29日

subsidy

「IT導入補助金2023」終了に伴う事業スケジュールの更新についてのご案内です。

「IT導入補助金2023」の交付申請、IT導入支援事業者・ITツール登録の最終締め切り日が決定されました。

締切以降は交付申請をはじめ、IT導入支援事業者登録やITツール登録など、申請マイページ・IT事業者ポータル・構成員ポータルを介した各種手続は行えません。

また、締切の直前は申請マイページおよびIT事業者ポータル・構成員ポータルへのアクセス集中が予想されます。

IT導入支援事業者の登録申請

2023年8月1日(火)受付開始~2023年12月28日(木)17:00 受付終了

ITツール(ソフトウェア、サービス等)の登録申請

2023年8月14日(月)受付開始~2024年1月15日(月)17:00 受付終了

交付申請期間

受付開始:2023年8月1日(火)~2024年1月29日(月)17:00 受付終了

最終締切・交付決定日

通常枠

締切日:2024年1月29日(月)17:00
交付決定日:2024年3月8日(金)(予定)

セキュリティ対策推進枠

締切日:2024年1月29日(月)17:00
交付決定日:2024年3月8日(金)(予定)

デジタル化基盤導入枠(デジタル化基盤導入類型)

締切日:2024年1月29日(月)17:00
交付決定日:2024年3月8日(金)(予定)

デジタル化基盤導入枠(商流一括インボイス対応類型)

締切日:2024年1月29日(月)17:00
交付決定日:2024年3月8日(金)(予定)

デジタル化基盤導入枠(複数社連携IT導入類型)

締切日:2024年1月29日(月)17:00
交付決定日:2024年3月8日(金)(予定)


近年、デジタルトランスフォーメーション(DX)が急速に企業内で進展しています。DXは、テクノロジーとデータの戦略的活用により、企業や組織を根本的に変革し、競争優位性を築く手段です。

国際競争の激化に伴い、他国の企業も積極的にDXを進めており、これに呼応する形で国内企業にとっても競争力を維持する上で欠かせない要素となっています。国内企業がDXを推進しなければ、相対的に競争力が低下する可能性があります。

しかし、国内の中小企業においてはDXの進捗が遅れているとの指摘があります。中小機構の「中小企業のDX推進に関する調査(2023年)」によると、DXに取り組んでいるか予定している中小企業は全体の31.2%(前年比6.4ポイント増)であり、これは低水準であるとされています。

調査によれば、取り組む予定のない中小企業も37.2%(前年比3.9ポイント減)存在しているため、DXの必要性がまだ充分に理解されていない状況が浮き彫りになっています。この遅れの背景には、デジタル投資のための予算不足や人材不足など、リソースの不足が挙げられます。

中小企業は国内企業の大半を占め、経済において不可欠な存在です。そのため、中小企業のDXは経済全体に大きな影響を及ぼす重要な課題といえます。

政府は中小企業のDXの遅れに対処するため、デジタル化やDXの促進を支援する様々な政策を展開しています。

「IT導入補助金」は、中小企業や小規模事業者が自社のニーズに合わせたITツールの導入を支援する制度であり、これを活用することで中小企業は資金的な負担を軽減しながら新しいテクノロジーを導入し、業務効率化や競争力向上に努めることが可能です。

起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「補助金ガイド」では、専門家に監修してもらいながら、創業手帳が実際に補助金申請を行った経験をもとに補助金・助成金のノウハウを解説しています。

また、日々更新される補助金・助成金の情報を、個人に最適化してメールでお知らせする「補助金AI」も運営しています。こちらもご活用ください。

ほかにも、資金調達のノウハウを集めた「資金調達手帳」も無料でお送りしています。ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 公募
関連タグ ITツール IT導入補助金 IT導入補助金2023 セキュリティ対策推進枠 デジタル化 デジタル化基盤導入類型 助成金 商流一括インボイス対応類型 最終締切 締切 補助金 複数社連携IT導入類型 通常枠(A・B類型)
詳細はこちら

12月6日更新 IT導入補助金2023終了に伴う事業スケジュールの更新について

補助金ガイド
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

公募の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

【東京】「中小企業デジタルツール導入促進支援事業」助成金
公益財団法人東京都中小企業振興公社は、令和5年度「中小企業デジタルツール導入促進支援事業」について発表しました。 概要 対象:都内中小企業者等(会社・個人事業主・中小企業団体) 支援内容:都内中小企業…
「面的地域価値の向上・消費創出事業」補助金 2次募集が開始
中小企業庁は、令和4年度第2次補正予算「面的地域価値の向上・消費創出事業」の2次募集を開始したことを発表しました。 コロナ禍による来街者ニーズの多様化や、足元の円安メリットを活かしたインバウンドの回復…
【東京都】「展示会国際化支援助成」
公益財団法人東京観光財団は「展示会国際化支援助成」について発表しました。 財団が東京都内で開催される展示会への海外からの参加者を増やすための取り組みに係る経費の一部を助成します。 助成額 助成率:展示…
「高度外国人材採用に資する寄附講座事業」補助金
一般財団法人海外産業人材育成協会は「高度外国人材採用に資する寄附講座事業」を実施しています。 寄附講座は日本企業・現地日系企業等の協力により、開発途上国または日本の大学等における講座(特別講座)の開設…
融資・補助金申請支援SaaS提供の「Scheeme」が1億円調達
2021年10月11日、Scheeme株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 融資や補助金の申請に必要な計画書類・申請書類をかんたんに作成できるSaaS「Scheeme」を提供…

大久保の視点

Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】