注目のスタートアップ

VRゲームを開発する「Thirdverse」が12億円調達

company

2023年11月30日、株式会社Thirdverseは、総額12億円の資金調達を実施したことを発表しました。

Thirdverseは、日米スタジオの2拠点においてVRゲームの企画・開発・運営を行っています。

2023年11月10日から、Thirdverse USスタジオが開発したVRマルチプレイヒーローシューター『X8(エックスエイト)』の正式サービスを開始しています。

2023年12月現在、Meta Quest ストアとSteamストアでリリースしています。今後、PlayStation VR2版とPICO版のサービス開始も予定しています。

『X8』は、これまで3回のeスポーツイベントを開催し、日本と海外でVR eスポーツとしての成長することを目指しています。

また、2024年初頭に、VRドラマチックアクション『SOUL COVENANT(ソウル・コヴェナント)』のリリースを予定しています。

『X8』のほか、VRマルチプレイ剣戟アクション『ソード・オブ・ガルガンチュア』、VRマルチプレイ剣戟アクション『ALTAIR BREAKER』をリリースしています。

今回の資金は、『X8』と『SOUL COVENANT』の開発やグローバルマーケティングに充当します。


VR(Virtual Reality:仮想現実)は、専用のデバイスであるHMD(ヘッドマウントディスプレイ)などを用い、現実のように仮想空間を体験させる技術です。

VRは、これまでにない新たな体験をもたらすものとして、とくにゲームやエンターテインメントの分野で注目されています。

一方、VRゲームは、いまだビデオゲーム市場において相対的に小規模な存在です。

これは、HMDの普及率がまだ高くないこと、VRゲームのタイトル数が限られていることが原因です。

とはいえ、2019年に正式リリースされたリズムゲーム『Beat Saber』は、2021年2月時点で400万本の販売本数を記録し大成功を収めるなど、その可能性は高く注目されています。

次世代HMDの登場により、さらにリッチなVR体験が可能になるため、HMDの普及と合わさり、VRゲーム市場はさらに拡大することが見込まれます。

こうした中Thirdverseは、ソロプレイ用のVRゲーム以外にも、eスポーツとしてのVRゲームタイトルの開発・運営に取り組んでいます。

eスポーツ市場は、近年世界的に成長をみせています。日本では、2022年にeスポーツファン(試合観戦・動画視聴経験者)の人口は700万人に達し、2023年には国内市場規模が130億円程度になるとみられています。

eスポーツタイトルは競技として人気となれば、長期的にプレイされ、ユーザー数も伸びていく傾向にあります。またIPとしてもブランド力を高めることが可能であり、グッズなどの2次展開なども考えられます。

VRゲームは通常のビデオゲームよりも身体性が高いという特徴があります。これはeスポーツとしての見応えにもつながるものであるため、そのポテンシャルが期待されています。

事業のさらなる成長には戦略的な資金調達や、シナジーの見込める企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ eスポーツ SOUL COVENANT Thirdverse VR VRゲーム X8 エンターテインメント ゲーム ソウル・コヴェナント ビデオゲーム 娯楽 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

自由視点映像・マルチアングル映像の撮影・配信システム「SwipeVideo」を提供する「AMATELUS」が4.1億円調達
2022年11月14日、AMATELUS株式会社は、総額4億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AMATELUSは、自由視点映像・マルチアングル映像の撮影と配信が可能なシステム「S…
カメラのサブスクリプションサービスを展開する「GOOPASS」が資金調達
2023年3月27日、GOOPASS株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 GOOPASSは、カメラのサブスクリプションサービス「GOOPASS」、カメラを手にしてから撮影体験を楽しむまで…
人材紹介会社向けの求人流通プラットフォームなど提供の「ROXX」が9億円調達
株式会社ROXXは、総額9億円の資金調達を発表しました。 人材紹介会社向けの求人流通プラットフォーム「agent bank」や、月額定額制リファレンス・チェック・サービス「back check」を運営…
ゲノム・生体情報解析のトータルソリューション「Chrovis」を開発・提供する「テンクー」が7億円調達
2022年7月11日、株式会社テンクーは、総額7億円の資金調達を実施したことを発表しました。 テンクーは、ゲノム・生体情報解析のトータルソリューション「Chrovis」の開発とサービス提供を行っていま…
「menu」「レアゾン・ホールディングス」「KDDI」がデリバリーサービス「menu」成長に向け提携強化 
2023年4月28日、menu株式会社は、株式会社レアゾン・ホールディングス、KDDI株式会社、menuの3社は資本業務提携をさらに強化したことを発表しました。 これによりmenuは、KDDIが50.…

大久保の視点

Coral Capitalが虎ノ門ヒルズで「Startup Aquarium 2024」を開催。VCが大規模キャリアイベント
ベンチャーキャピタルのCoral Capitalが主催する「Startup Aquarium 2024」が2024年3月2日(土)に虎ノ門ヒルズで開催されま…
(2024/3/2)
優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】