注目のスタートアップ

田んぼの自動抑草ロボット「アイガモロボ」を開発する「有機米デザイン」が4.4億円調達

company

2023年11月28日、ヤマガタデザイン株式会社は、グループ会社の有機米デザイン株式会社が、総額4億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

有機米デザインは、田んぼの自動抑草ロボット「アイガモロボ」の開発や、有機米栽培のノウハウ確立に向けた研究開発、有機米の流通支援などに取り組んでいます。

「アイガモロボ」は、水田を自律航行し、水中を撹拌して泥を巻き上げることで光を遮り、水面下にある雑草の生長を抑制するロボットです。これにより除草剤を利用せずに除草作業を省力化します。

2023年1月から500台限定で販売を開始しています。

今回の資金は、アイガモロボの量産化に向けた生産体制構築と品質向上のための研究開発、アイガモロボを活用した有機米の産地形成と販路拡大の強化などに充当する予定です。


有機農業とは、化学的に合成された肥料や農薬の使用を避け、さらに土壌の力を引き出し、農業による環境負荷をできる限り低減させた農業のことです。

日本では安心安全な農作物の栽培方法というイメージが浸透していますが、その本質は環境負荷低減や環境保全にあります。

世界的に近代農業による環境への影響が批判されるようになり、持続可能な農業の実現のための環境負荷低減に向けた動きが活発化しており、その方法として有機農業が拡大しています。

一方、日本ではあまり有機農業が実施されておらず、2020年において有機農業がすべての農地に占める割合は0.6%となっています。

国内において有機農業が拡大しない理由としては、高温多湿の気候であり他国よりも病虫害の被害に遭いやすい、病虫害のリスクを抑えるため非効率的な多品目栽培をとる必要があり有機農業の大規模化が困難、有機農産物は高付加価値であるものの栽培にコストがかかり慣行農業よりも収益が低下してしまうなどが挙げられます。

水稲栽培において雑草は水稲の生育に悪影響を与え、収量・品質を低下させます。雑草を手作業で取り除くのは非常に労力がかかるため、多くの水稲栽培では雑草を取り除くための除草剤が利用されています。

米の有機栽培では、この雑草の問題をどう解決するかがもっとも重要な問題のひとつです。

有機米デザインは、水中を撹拌して泥を巻き上げることで水面下にある雑草の生長を抑制する自律航行ロボット「アイガモロボ」により、この課題解決を目指しています。

企業・事業の成長には戦略的な資金調達やシナジーのある企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Agritech BtoB アイガモロボ アグリテック スマート農業 ヤマガタデザイン ロボット 有機栽培 有機米 有機米デザイン 株式会社 栽培 田んぼ 田圃 自動 資金調達 農業
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

人工衛星用推進系を開発する「Letara」が1.2億円調達
2023年2月28日、Letara株式会社は、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Letaraは、人工衛星用推進系を開発する北海道大学発宇宙ベンチャーです。 プラスチック燃…
「Payn」が9,000万円調達 キャンセル料の請求業務をデジタル化する「Payn」β版をリリース
2022年10月5日、Payn株式会社は、総額9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Payn(ペイン)」のβ版をリリースしたことも併せて発表しています。 「Payn」は、レス…
アジア最大級のオプショナルツアー予約サイト「KKday」を運営する「KKdayグループ」が9,500万ドル調達
2022年7月14日、株式会社KKDAY JAPANは、KKdayグループ(本社:台湾・台北市)が、9,500万米ドル(約130億円)の資金調達を実施したことを発表しました。 KKdayは、アジア最大…
マイナンバーカードに特化したデジタルIDソリューション「xID」提供の「xID」が2億円調達
2022年1月19日、xID株式会社は、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 マイナンバーカードに特化したデジタルIDソリューション「xID(クロスアイディ)」を展開しています。 エン…
産業廃棄物業界に特化した配車管理SaaS「配車頭」を提供する「ファンファーレ」が6.3億円調達
2022年7月20日、ファンファーレ株式会社は、総額約6億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ファンファーレは、産業廃棄物業界に特化した配車管理SaaS「配車頭(ハイシャガシラ)」…

大久保の視点

優勝はブラジルから参加のBVC中山充さん!2/26 起業家プレゼン&交流大会「ライトニングトーク東京」
2024年2月26日、創業手帳主催のショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オンリーワンのサービスやストーリーを…
(2024/2/26)
2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】