注目のスタートアップ

超電導磁気センサーを用いた電磁探査技術を提供する「超電導センサテクノロジー」に「住友商事」が出資

company

2023年9月4日、住友商事株式会社は、超電導センサテクノロジー株式会社に出資したことを発表しました。

超電導センサテクノロジーは、超高感度の超電導磁気センサーを用いた電磁探査技術を提供しています。

この電磁探査技術は、Ni(ニッケル)などのレアメタルを含む金属資源の探査や、地熱発電用熱水貯留層の探査、二酸化炭素地下貯留(CCUS)のモニタリングなどでの利用を想定しています。

小型で携行可能といった利便性や、地上から深部探査可能であるため、環境への負荷が低いという特徴があります。

超電導センサテクノロジーと住友商事は、住友商事が有するグローバルなネットワークを活用し、CCUSモニタリング・地熱発電・鉱物探査など、地下探査に関連する事業開発に共同で取り組んでいきます。


二酸化炭素などの温室効果ガスは地球温暖化の原因のひとつといわれています。

地球温暖化は現在世界中で深刻な影響を及ぼしており、今後人類が生活や経済活動を安心して営んでいくためには、地球温暖化の課題を解決しなくてはなりません。

こうした背景から、近年二酸化炭素などの温室効果ガスを削減するための技術が注目を集めています。

CCUS(Carbon dioxide Capture, Utilization and Storage)も、こうした二酸化炭素を削減する取り組みのひとつです。

CCUSは、分離・貯留した二酸化炭素を有効利用する取り組みのことです。たとえば、二酸化炭素を古い油田に注入することで、油田に残った原油を押し出しつつ、二酸化炭素を地中に貯留するという一石二鳥の取り組みが米国で実施されているといった事例があります。

CCUSでは、主に地下への貯留が考えられているため、地下探査技術が重要な役割を果たします。

ほかにも、再生可能エネルギーとして地熱発電も期待されていますが、こちらも地下探査技術が欠かせません。

超電導センサテクノロジー株式会社のコメント

このニュースを受けまして、超電導センサテクノロジー株式会社 代表取締役副社長 波頭経裕氏よりコメントが届きました。

波頭 経裕(はとう つねひろ)
超電導センサテクノロジー株式会社 代表取締役(共同代表)

1992年 名古屋大学大学院電子工学専攻博士課程修了 富士通入社
2005年、超電導工学研究所にて超電導技術の産業化を模索し始める。
2007年-2012年 JOGMECの金属資源探査装置を開発、納品。
2016年 超電導技術研究組合設立
2020年 超電導センサテクノロジー設立 富士通退社

・今回の出資受け入れの目的は何ですか?

弊社の技術を、世界の資源エネルギー問題解決の一手としてスタンダード化し、日本の資源外交に役立てようと起業しました。

世界の資源エネルギー会社を相手にするには、大手商社の協力が不可欠と考え、創業当時から密に協業してまいりました。

・今後の展望を教えてください。

現在、世界の電磁探査手法の中で最も高感度、高精度との評価をいただいており、世界の地熱、二酸化炭素地下貯留、金属資源探査に貢献し、地球温暖化にブレーキをかけ、未来に美しい地球を残すことに尽力したいと思っています。

・読者へのメッセージをお願いします。

30年以上にわたり、基礎技術を国家プロジェクトで開発してきた技術です。税金で開発してきた技術を国民に還元するためには、産業化するしかないと考え起業しました。

企業・事業の成長には戦略的な資金調達やシナジーのある企業との提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BtoB CCUS センサー テクノロジー モニタリング レアメタル 二酸化炭素 住友商事 地下探査 地熱発電 技術 探査 株式会社 環境 資源 超電導磁気センサー 金属 電磁探査技術
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

社会問題を自分ごととして考える社会の実現のため事業を展開するソーシャルセクター「Ridilover」が2.3億円調達
2022年1月19日、株式会社Ridiloverは、総額2億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 社会問題を自分ごととして考える社会の実現のため、以下の事業を展開しています。 ・社会…
学習の習慣化プラットフォーム「Smart Habit」開発・運営の「WizWe」が資金調達
2020年6月11日、株式会社WizWeは、日本政策金融公庫より、特別融資制度「新事業育成資金」が適用されたことを発表しました。 学習の習慣化プラットフォーム「Smart Habit(スマートハビット…
フリーランス向け賃貸与信アプリ「smeta」など運営の「リース」が7,000万円調達
2020年3月31日、リース株式会社は、総額約7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 フリーランス向け賃貸与信アプリ「smeta(スメタ)」や、フリーランス向け家賃債務保証サービス「s…
複業マッチング・プラットフォーム運営の「Another works」が1.6億円調達
2021年4月16日、株式会社Another worksは、総額1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 複業マッチング・プラットフォーム「Another works」を運営・開発し…
AI自動翻訳「ヤラクゼン」がクラウドストレージの「Box」と連携し「ヤラクゼン for Box」を提供開始
2022年5月6日、八楽株式会社は、提供する「ヤラクゼン」において、株式会社Box Japanが提供する「Box」と連携し、新サービス「ヤラクゼン for Box」の提供を開始することを発表しました。…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】