「ボイスアップラボ」がChatGPTのプロンプトをアプリ化して公開できる「AIプロンプトアップス」をリリース

tool

2023年6月16日、ボイスラップラボ株式会社は、新サービス「AIプロンプトアップス」をリリースしたことを発表しました。

「AIプロンプトアップス」は、ChatGPTなどの生成AIのプロンプトをGUIアプリに変換して利用できるようにするWebサービスです。

公開時点で100種類以上のオフィシャルアプリが登録されており、ユーザーはすぐにアプリを利用することができます。オフィシャルアプリには、SEO対策、メール作成、SNS系、レポート作成、ブログ作成、プレスリリースなどがあります。

アプリ作成においては、手持ちのプロンプトに簡単なマークアップ(VPML)を挿入することで、簡単にアプリを作成し、公開することができます。


近年、画像生成AIであるStable Diffusion(ステーブル・ディフュージョン)や、OpenAI社のAIチャットボット・ChatGPTの流行により、生成AI(Generative AI)が急激に注目されています。

生成AIとは、人間によるテキストなどの命令によって、絵・文章・音などを生成するAIのことです。

たとえば、ChatGPTは、自然文による命令により、質問への回答、テキストの要約、企画書・小論文の執筆、プログラミングなど、幅広いタスクを高精度に行ってくれます。

これまでもAIはさまざまなタスクを自動化したり効率化したりしてくれましたが、特定の動作をするAIを構築したり命令したりするには、プログラミングの知識が必要でした。

しかしChatGPTなどの生成AIは、私たちが普段利用する文章でAIにやってほしいことを命令できるため、AI活用を民主化するものであるともいえます。

この生成AIへの命令のことをプロンプトといいます。たとえばChatGPTでは、「以下の文章をビジネスメールにして」「〇〇についてまとめて」「〇〇って何?」「新しく飼う犬の名前をつけて」など、質問や命令の文章がプロンプトです。

このプロンプトの質を高めることで、より複雑で特定のタスクに特化したツールとして利用できるようになります。すでにインターネット上にはさまざまなプロンプトが公開されており、生成AIの活用が広がっています。

「AIプロンプトアップス」は、こうしたプロンプトをアプリとして利用・公開できるサービスです。これにより、自然文によって誰でもAIが利用できるというところから、自然文によって誰でもアプリを開発できる、という世界が実現されます。

AIは、ビジネスの世界においてはこれまで非効率的だった業務を大幅に効率化するなど、大きな革新をもたらしています。企業の利益を最大化するために重要な取り組みであるため、もし非効率的な業務があるのならば、最適なソリューションを探すことが必要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考になさってください。

また、システムの整備においては資金調達が必要となることもあるでしょう。「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ AI AIプロンプトアップス ChatGPT Webサービス アプリ プロンプト ボイスラップラボ 大規模言語モデル 生成AI
詳細はこちら

ChatGPTのプロンプトをアプリ化して公開できる「AIプロンプトアップス」が、100種類以上のアプリとともにリリース!

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

自動車への広告出稿・効果測定可能な広告プラットフォーム「WithDrive」提供の「Essen」が資金調達
2022年5月31日、株式会社Essenは、資金調達を実施したことを発表しました。 Essenは、車両広告プラットフォーム「WithDrive」を提供しています。 自動車のリアガラスに広告を掲載して収…
アバターを纏ったキャストと1対1で会話できるアプリ「BackStage」を開発する「VIC」が資金調達
2023年6月30日、株式会社VICは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 VICは、アバターを纏ったキャストと1対1で会話できるアプリ「BackStage」を開発しています。 今回…
建設業向け3Dスキャンアプリ「Scanat」提供の「nat」が8,000万円調達
2022年4月6日、nat株式会社は、総額約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 natは、建設業向け3Dスキャンアプリ「Scanat」を提供しています。 iPhone/iPadに搭…
コオロギの養殖事業を展開する「CricketFarm」が協調融資により4,100万円調達
2022年9月29日、株式会社CricketFarmは、諏訪信用金庫と日本政策金融公庫長野支店農林水産事業から、4,100万円の協調融資を受けることを発表しました。 CricketFarmは、AIやロ…
医療相談アプリ「LEBER」運営の「リーバー」が資金調達
2022年2月10日、株式会社リーバーは、資金調達を実施したことを発表しました。 医療相談アプリ「LEBER(リーバー)」を運営しています。 24時間365日スマートフォンから医師に相談できるサービス…

大久保の視点

11月8日創業手帳・大久保幸世が東京IT飲み会に登壇!老舗イベントのIT飲み会とは?
「第137回東京IT飲み会」が、2023年11月8日(水)に開催されました。 IT飲み会は2008年2月にChatwork山本氏とサムシングファン薮本氏が設…
(2023/11/8)
日本スタートアップ支援協会JSSAピッチ大会:最優秀賞はミーバイオ早水建祥さん東大発バイオスタートアップ
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.32」が2023…
(2023/11/7)
インボイス未だ7割の起業家が未登録!その理由・創業手帳が起業家に独自調査
2023年10月1日からスタートとなったインボイス制度ですが、連日メディアやSNSなどで様々な意見が取り沙汰されています。 そこで、起業家・経営者向けメディ…
(2023/10/6)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集