注目のスタートアップ

AI刃具自動検査装置など製造業向けAIプロダクトを展開する「RUTILEA」が資金調達

company

2022年8月31日、株式会社RUTILEAは、リード投資家Abies Venturesとサウジアラビア王国の政府投資ファンドRiyadh Valley Company(サウジアラビア王国リヤド)から、資金調達を実施したことを発表しました。

RUTILEAは、工場内の作業スケジュール最適化システム、作業モニタリングシステム、AI刃具自動検査装置、ノーコードで画像処理アプリケーションを構築できるマシンビジョン開発IDE「ImagePro」、照度差ステレオ法撮影装置などを展開しています。

今回の資金は、新規アルゴリズムの研究開発、エンジニア人材の採用、マーケティング・PRに充当します。

日本はものづくり大国として大きな競争力を有していました。

しかし、バブル崩壊や中国・韓国などの新興国企業の躍進などにより、製造業がGDPに占める割合は、1989年時点で26.5%あったものが2017年には20.8%に縮小しています。

製造業を競争力を有する産業へと押し上げるためには、製造業のDX(デジタルトランスフォーメーション)が必要です。

製造業のDXは、これまで経験や勘にもとづいて行われていた作業や指示をデータにもとづいた作業・指示へと変革することで、設備停止を限りなくゼロにし稼働を最大化したり、不良品を削減したり、省人化を実現したりすることを目的としています。

中でも製造業ではデジタルツインという最新技術の注目が高まっています。

デジタルツインとは、物理空間のデータをセンサーなどで取得し、仮想空間にデジタルなコピーをリアルタイムに再現することで未来をシミュレートする技術です。

これにより、試作プロセスを仮想空間で行うことによる試作期間の削減や、工場設備の異常や故障の事前検知を実現します。

RUTILEAの作業スケジュール最適化システムは、工場内の稼働状況をデジタルツイン化し、最適な作業指示をAIが行うことで、設備停止期間を大幅に削減するシステムです。

これによって無人での稼働も可能になるため、24時間の稼働を実現し、利益を最大化することも可能となります。

AIなどのテクノロジーは世界的に導入が進み、多くの企業が競争力を高めています。そのためテクノロジーの導入に遅れてしまうと相対的に競争力が落ち、大きな損失につながってしまいます。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI DX RUTILEA モニタリング ものづくり 工場 最適化 株式会社 研究開発 自動検査 装置 製造業 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

プロフィールサイト「lit.link」・コミュニティSNS「WeClip」開発・運営の「TieUps」が1億円調達
2022年3月7日、TieUps株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 プロフィールサイト「lit.link(リットリンク)」、コミュニティSNS「WeClip(ウィークリップ…
IoTプラットフォームを展開する「obniz」が3.5億円調達
2022年8月23日、株式会社obnizは、総額3億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 obnizは、IoTプラットフォーム「obniz(オブナイズ)」を開発・提供しています。 電…
提案資料作成クラウド「SmartSlide」提供の「ワッツユアリッチ」が3,000万円調達
2021年12月1日、株式会社ワッツユアリッチは、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 提案資料作成クラウド「SmartSlide(スマートスライド)」を提供しています。 提案書…
量子コンピューター向けアルゴリズム・ソフトウェアを開発する「QunaSys」が12.4億円調達
2022年3月28日、株式会社QunaSysは、総額12億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 QunaSysは、量子コンピューター向けアルゴリズムやソフトウェアの研究開発、量子化学…
2020年最大の米IPO スノーフレイク、時価総額7兆円
米国ベンチャー企業のスノーフレイクが2020年9月16日、ニューヨーク証券取引所に新規株式公開(IPO)を果たしました。同社は、ビッグデータの保管・分析を手掛ける企業です。 初値は245ドルとなり、公…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ