注目のスタートアップ

総合的な家庭サポートサービス「東京かあさん」を運営する「ぴんぴんころり」が1.2億円調達

company

2023年5月23日、株式会社ぴんぴんころりは、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ぴんぴんころりは、総合的な家庭サポートサービス「東京かあさん」を運営しています。

“東京にもう1人にお母さんを”をコンセプトにしており、熟練主婦が家庭に赴き、家事代行やベビーシッターの枠を超え、掃除・洗濯・買い物・料理・食器洗い・子育てのヘルプ・送迎・お出かけの付添・ペットケア・整理収納・相談相手など、親子のような関係で幅広く家庭のサポートを行うサービスです。

2023年5月現在、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県でサービスを提供しています。提供エリアは順次拡大を予定しています。

今回の資金は、各種ポジションの採用、企業連携、システム開発などに充当します。


国内では女性の社会進出が進み、共働き世帯が年々増加しています。

共働き世帯は1980年に614万世帯だったものが、2020年には1,240万世帯となっています。

一方で、2016年のOECDにおけるジェンダー関連の統計データによると、夫と妻の家事の労働時間(分)は、イギリスは66:133、アメリカは76:124で、おおよそ1:2の割合であるのに対し、日本は24:199であり妻の家事の負担が圧倒的に大きいことがわかります。

共働き世帯において家事の負担を軽減するには家事代行サービスを利用することが考えられますが、J-Net21の市場調査データ「家事代行(2022年版)」によると、20代~60代の男女1,000人のうち、家事代行サービスを一度も利用したことがない人は946人と、国内では家事代行サービスがほとんど利用されていないことがわかります。

日本において家事代行サービスが利用されないのは、他人を家庭に入れたくないことや、利用料が高額で資金的に利用が難しいことなどが理由であると考えられています。

「東京かあさん」は、単なる家事代行サービスではなく、第2の母親として熟練の主婦が提案型のサポートを行うサービスです。

第2の母親として信頼を築くことで、他者が家庭に入るという心理的障壁をなくしています。

また、家事代行の枠を超えてさまざまなサポートを提供することで、親元を離れて暮らす世帯や、子育て世帯、共働き世帯に新たな価値を提案しています。

株式会社ぴんぴんころりのコメント

このニュースを受けまして、株式会社ぴんぴんころり 代表取締役 小日向えり氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

各種ポジションの採用強化、システム開発、企業連携などグロースに向けての費用です。

・今後の展望を教えてください。

2027年にはお母さん登録数を1万人突破を目指します。

東京かあさん以外にも、生きがいを創出し、多角的にシニア向け事業を展開していきたいと考えております。

例えば新しいことを学ぶ機会や、仲間と旅行や運動を楽しむなど、男女共にシニアの心身共の健康を応援していきたいです。

・読者へのメッセージをお願いします。

私の祖母が仕事をやめてから元気がなくなってしまったことが、「東京かあさん」誕生のきっかけです。

今後もシニアの生きがい創出、女性の社会進出を推進して参りますので応援よろしくお願いいたします!

企業においてもリソースが不足するシーンはよくあります。その際には、アウトソーシングなどの代行サービスを上手く活用することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、アウトソーシングの活用ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ サービス サポート ぴんぴんころり ベビーシッター 主婦 共働き世帯 子育て 子育て世帯 家事代行 家庭 東京かあさん 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

歯科医療人材のシェアリング・プラットフォーム運営の「HANOWA」が6,000万円調達
2021年4月30日、株式会社HANOWAは、総額6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 歯科医療人材のシェアリング・プラットフォーム「HANOWA」を運営しています。 2021年4月…
遺伝性希少疾患の創薬研究を行う「リボルナバイオサイエンス」が6.7億円調達
2023年5月25日、株式会社リボルナバイオサイエンスは、総額約6億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 リボルナバイオサイエンスは、遺伝性希少疾患を対象としたRNAを標的とする低分…
社会インパクト可視化システムと社会インパクト投資プラットフォームを開発する「インパクトサークル」が8,000万円調達
2022年3月16日、インパクトサークル株式会社は、総額約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 社会インパクト可視化型マイクロファイナンスと、社会インパクト投資プラットフォームを開発…
オフィスリニューアル領域のDXを目指す「Swish」が6,100万円調達
2021年9月15日、株式会社Swishは、総額6,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。 レイアウト図面から概算見積もりを自動作成するサービス「Swish」を開発しています。 空間リニュ…
EV充電サービスを展開する「プラゴ」が協調融資による資金調達を実施
2023年9月15日、株式会社プラゴは、日本政策金融公庫 新宿支店、三井住友銀行、りそな銀行 池袋支店からの協調融資による資金調達を実施したことを発表しました。 プラゴは、オンライン予約・決済が可能な…

大久保の視点

5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】