注目のスタートアップ

ホームセキュリティサービスやスマートタウン向け統合サービスなどを展開する「Secual」が資金調達

company

2022年7月20日、株式会社Secualは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社横浜銀行と株式会社デジタルガレージが共同で設立した投資ファンド「Hamagin DG Innovation 投資事業有限責任組合」と、デジタルガレージの全額出資子会社で投資・育成事業を手がける株式会社DGベンチャーズです。

Secualは、ホームセキュリティサービス「Secual Home(セキュアルホーム)」、スマートタウン向け統合サービスである「NiSUMU(ニスム)」、賃貸住宅向けスマートセキュリティ+ホームIoTサービス「NiSUMU RENT」、多機能の次世代街灯「Secual Smart Pole(セキュアルスマートポール)」を展開しています。

「NiSUMU」は、分譲住宅地向けに、ホームセキュリティ・タウンセキュリティ・コンシェルジュ機能を提供するスマートタウン向け統合サービスです。

2022年7月時点で、茨城県の守谷市とつくば市、埼玉県の東松山市と朝霞市、千葉県の八千代市と千葉市の分譲地に導入されています。

IoT機器の高性能化・低廉化、AI技術の進展などにより、テクノロジーを活用した安心・安全で持続可能な都市を実現するスマートシティ構想が現実味を帯びてきました。

地方都市は都市ごとに、人口流出・災害対策・防犯・都市間連携・交通サービス・エネルギー・インフラなど、さまざまな問題を抱えています。

スマートシティ構想は、ICTなどのテクノロジーやデータを活用することで都市が抱える上記の問題を解決し、新たな価値を創出し続け、持続可能な都市を実現するというものです。

また、近年はスマートシティ構想がそれぞれの分野でプロジェクトが進み、都市全体の連携が分断されていたことを鑑み、国家戦略特区をつくり、都市のスマートシティ化を目指すスーパーシティ構想が政府によって打ち出されています。

スーパーシティ構想では、住民が参画し住民目線で2030年頃に実現される未来社会を先行的に実現することを目指しています。

そのためスマートシティはさらに活気のある領域となっていくことが予測されています。

デジタル時代において企業の利益を最大化させるためには、IoTなどのテクノロジーを活用することが重要です。「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ IoT NiSUMU NiSUMU RENT Secual Secual Home Secual Smart Pole スーパー・シティ スマート・シティ スマート・タウン スマート・ホーム セキュアルスマートポール セキュアルホーム セキュリティ ニスム まちづくり 不動産 住宅 株式会社 街づくり 資金調達 都市 都市開発
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

チャットボットにより新たな接客体験・購買体験を届ける「ジールス」を展開する「ZEALS」が50億円調達
2022年5月12日、株式会社ZEALSは、総額50億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ZEALSは、チャットコマース「ジールス」を展開しています。 AIチャットボット×コミュニケーションデ…
コミュニティ内のメンバーの貢献度を可視化するツールを提供する「Unyte」が「ガイアック」とDAOコンサルティング事業で提携
2023年5月30日、株式会社Unyteは、株式会社ガイアックスと、DAOコンサルティング事業で提携することを発表しました。 Unyteは、コミュニティ内のメンバーの貢献度を可視化するツール「Unyt…
美容従事者向け複合型シェアサロン「SALON VILLAGE」運営の「WBP」が資金調達
2021年11月15日、株式会社WBPは、資金調達を実施したことを発表しました。 美容従事者(美容師、ネイリスト、アイリスト、エステティシャン)向けの複合型ビューティーシェアサロン「SALON VIL…
独自の「UCDI水素菌」を核にCO2の資源化に取り組む「CO2資源化研究所」が28億円調達
2024年5月29日、株式会社CO2資源化研究所は、総額約28億円の資金調達を実施したことを発表しました。 CO2資源化研究所は、独自の「UCDI水素菌」を核にCO2を資源化する研究と事業化に向けた取…
パッケージ印刷プラットフォーム「canal」運営の「re」が5,600万円調達
2020年12月8日、株式会社reは、総額約5,600万円の資金調達を実施したことを発表しました。 パッケージ印刷プラットフォーム「canal(カナル)」を運営しています。 全国に提携印刷会社を有して…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】