注目のスタートアップ

アスリートとビデオ通話(ライブチャット)できるサービスを開発する「Back Dooor」が4,000万円調達

company

2023年3月10日、Back Dooor株式会社は、総額4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Back Dooorは、スポーツ選手とファンがライブストリーミングを使用して会話ができるサービス「Back Dooor」を開発しています。

ファンとのつながりの強化や、選手を支えるコミュニティの形成を支援し、さらに広告収益を還元することでスポーツ選手に新たな収入源を提供するサービスです。

今後、国内だけでなく海外への早期進出を目指し、エンジニア・グローバル人材の採用を強化していきます。


スポーツビジネスの収益は、ファン・視聴者からのコンテンツの対価(チケット・グッズ・視聴料など)と、広告主からの広告費が主となっています。

コロナ禍では試合の開催が困難となり、新たな収益構造の確立が必要となりました。

また、地方のスポーツチームやマイナーなスポーツは、既存の収益構造でも資金的に余裕がないといった課題を抱えています。

さらにこうした金銭的な問題だけでなく、スポーツ選手は生涯にわたって現役選手として生きていくことはほぼ不可能であり、引退後のキャリアのことも考えなくてはなりません。

たとえば、NPB(日本野球機構)が発表した「2020年戦力外・現役引退選手の進路」によると、野球関係が76%、野球関係以外が13.5%、未定・不明が10.5%と、かなりの割合が野球関係となっており、国内においてもっとも有名なプロリーグであるプロ野球においてもキャリアに多様性がないことがわかります。

そのため、こうしたスポーツビジネスやスポーツ選手の課題を解決するサービスが必要とされています。

Back Dooorは、現役選手とファンをライブチャットでつなぐことで、ファンの熱量の最大化やコミュニティの形成を支援し、新たな収益源を提供することで、スポーツビジネスにおける課題解決を目指しています。

プロダクトの販売や改善のためにはファンの獲得が重要であるという考え方が浸透してきたことから、ファンコミュニティの運営は、企業のコミュニティ運営やブランド形成などの領域への活用も進んでいます。「冊子版創業手帳」では、創業期のネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Back Dooor アスリート コミュニティ ストリーミング スポーツ選手 チャット つながり ビデオ通話 ファン ライブ 会話 株式会社 資金調達 選手
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ウェルビーイングの現状の可視化と改善を支援する「ポケットセラピスト」などを提供する「バックテック」が資金調達
2022年11月11日、株式会社バックテックは、資金調達を実施したことを発表しました。 バックテックは、医学的根拠にもとづき組織・社員ウェルビーイングを実現するプラットフォーム「ポケットセラピスト」や…
入居者向けコンシェルジュアプリ「app-me!Cloud」を展開する「GoldKey Co.,Ltd」と家賃債務保証事業などを展開する「Casa」が資本業務提携
2022年9月27日、株式会社Casaは、株式会社GoldKey Co.,Ltdと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 Casaは、家賃債務保証事業や、養育費保証事業、賃貸経営サポート事業…
量子インターネット実現を目的とした量子中継器・量子通信システム・関連技術の開発に取り組む「LQUOM」が資金調達
2023年1月31日、LQUOM株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 LQUOMは、量子インターネットの実現に必須となる量子中継器や、量子通信システム、関連技術の開発を行っています。 開…
次世代の椅子型モビリティ「TRANSELLA」(仮称)を開発する「LIFEHUB」が1.6億円調達
2022年8月23日、LIFEHUB株式会社は、総額1億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代型の電動車椅子「TRANSELLA(トランセラ)」(仮称)を開発しています。 車椅…
お金のトレーニング・スタジオ「ABCash」展開の「ABCash Technologies」が9.5億円調達
2020年10月16日、株式会社ABCash Technologiesは、総額約9億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ミレニアル世代の女性向けのファイナンス・トレーニング・スタジ…

大久保の視点

IVSの進化・IVS京都2024現地レポート&島川敏明代表インタビュー
今年のIVSは何が違うのか スタートアップの代表的なイベントである「IVS(アイブイエス)」が、7月4日から6日まで京都市で開催されました。IVSの中で実施…
(2024/7/6)
「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」優勝は物流自動化のRENATUS ROBOTICS安藤 奨馬さん:賞金1000万円獲得!
日本最大級のピッチコンテスト「IVS2024 LAUNCHPAD KYOTO」が2024年7月5日(金)に開催されました。 優勝(スタートアップ京都国際賞)…
(2024/7/5)
5/30史上初の野音起業フェス優勝は!宇宙ビジネスのBULL宇藤 恭士さん
2024年5月30日、創業手帳主催で野音起業フェスを実行しました。 ショートプレゼン大会「ライトニングトーク東京」を開催いたしました。 このイベントは、オン…
(2024/5/30)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】