注目のスタートアップ

漢方薬のオンライン相談・販売を手掛ける「VARYTEX」が4,200万円調達 「一般社団法人日本東洋医学会」と「漢方診断支援ソフトウェア」の共同開発を開始

company

2023年1月23日、VARYTEX株式会社は、総額4,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、一般社団法人日本東洋医学会と締結した「漢方診断支援ソフトウェア」の共同開発事業を本格的にスタートすることも併せて発表しました。

VARYTEXは、漢方薬のオンライン相談・販売や、漢方ビジネスコンサルティング、医療健康コンテンツの制作、医療健康マーケティング支援などを展開しています。

今回共同開発をスタートした「漢方診断支援ソフトウェア」は、漢方医学の診察方法や適正な漢方薬の使い方をサジェストし、医師の漢方治療をサポートするプログラム医療機器(SaMD)・非医療機器などのプロダクトです。

今回の資金は、「漢方診断支援ソフトウェア」をプログラム医療機器(SaMD)および非医療機器として開発するために充当します。


国内の漢方薬・漢方医学は、6世紀前後の日中文化交流を通じ、古代中国の伝統医学が伝来し、その後日本に合うように変化し独自の発展を遂げてきました。

西洋医学が発展した現在においても、町には漢方薬局が存在しているほか、医療現場においても西洋薬治療では届かない部分に対し漢方薬が処方されるケース、患者からの要望で漢方薬が処方されるケースがあり、またドラッグストアにも西洋薬と並んで置かれています。

一方、医療の現場では西洋医学的診断が中心となっており、異なる理論体系である漢方薬の扱いには課題があります。

たとえば、漢方薬の使い方が難しいことから、漢方薬の効果は認められつつも処方されないというケースがあります。

VARYTEXは、このような医療現場における漢方薬の扱いの課題を解決するため、漢方医学の診察方法や適正な漢方薬の使い方をサジェストする「漢方診断支援ソフトウェア」を開発しています。

企業・事業の成長には戦略的な資金調達やシナジーのある企業などとの提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SaMD VARYTEX オンライン ソフトウェア プログラム医療機器 一般社団法人 共同開発 日本東洋医学会 株式会社 漢方 漢方薬 漢方診断支援ソフトウェア 相談 販売 資金調達 非医療機器
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

請求書をアップロードして資金調達「yup」β版の事前登録受付けを開始
2019年8月5日、yup株式会社は、「yup(ヤップ)」β版の事前登録の受付けを開始したことを発表しました。 「yup」は、請求書をアップロードするだけで、資金調達ができるサービスです。 請求書1通…
デジタル・マーケティング事業など展開の「Sole Brain」が5億円調達
2020年4月13日、株式会社Sole Brainは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ライフ・サービス領域のBtoC事業を行う企業をメイン・ターゲットに、デジタル・マーケティング事…
リモート・アクセス時の本人認証を向上させる多要素認証サービス提供の「イニシャル・ポイント」が1億円調達
2021年3月18日、イニシャル・ポイント株式会社は、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 LTE閉域網を利用しリモート・アクセス時に本人認証を向上させる多要素認証サービス「JinCre…
海外ビジネスメディア「海外情報ナビ」 現地調査サービス「ちょこシル」を提供開始
2022年5月26日、株式会社クロス・マーケティンググループの関連会社である株式会社gr.a.mは、運営する海外ビジネスメディア「海外情報ナビ」において、新サービス「ちょこシル」の提供を開始します。 …
「スペースラボ」がWebブラウザ上でバーチャル展示会を開催できるサービス「バーチャル展示会360」を発表
2020年9月9日、スペースラボ株式会社は、「バーチャル展示会360」を発表しました。 「バーチャル展示会360」は、Webブラウザ上でバーチャル展示会をハイクオリティ・ハイスピード・ローコストで開催…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ