【2/8開催】第42回新産業技術促進検討会シンポジウム「2022年度NEDO先導研究プログラム報告会~社会実装に向けたマネジメントとは~」

event

モノづくり日本会議は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と共催で、NEDO先導研究プログラムの報告会を開催します。

NEDO先導研究プログラムでは、これまで319テーマを実施し、国家プロジェクト、その後の社会実装に繋がる数多くの成果を創出しています。

今回の報告会は、このプログラムのこれまでの取り組みを振り返り、産学連携による社会実装に向けた研究開発成果を紹介するものです。

講演

講演1 「大容量、省電力、低遅延を実現する革新的プラスチック光ファイバー」
講演2 「xRの真の社会実装に必要な調和的認知インタラクションデザイン技術の開発~人材不足・多様性受容・働き方改革に挑む~」
講演3 「革新的な省エネルギー型データベース問合せコンパイラの研究開発~データ基盤もエネルギー競争の時代へ~」
講演4 「アルミニウム素材の高度資源循環システム構築 ~カーボンニュートラル社会実現に向けて~」
講演5 「土木建設分野での土砂運搬機械のロボット化技術の開発」
講演6 「燃焼器から排出される窒素酸化物からのアンモニア創出プロセス開発」

概要

日時:2023年2月8日(水)13:00~17:00
参加費:無料
会場:ベルサール虎ノ門 イベントホール(虎ノ門駅 徒歩4分)(定員100名)
オンライン会場:Cisco Webex Events(定員300名)


気候変動、貧困、紛争、エネルギー問題、感染症など、人類はこれまで経験してこなかった数多くの課題に直面しています。

これらの課題の多くは人間活動が原因となっており、現状のままだと、この先同じような人間活動を続けていくことが難しくなると考えられています。

そこで、2015年9月の国連サミットにおいてSDGs(持続可能な開発目標)が全会一致で採択されました。

SDGsは、「誰一人取り残さない」という理念のもと、「世界の貧困をなくす」「持続可能な世界を実現する」ことを目指した、2030年を達成期限とする国際目標です。

「貧困をなくそう」「質の高い教育をみんなに」「ジェンダー平等を実現しよう」「気候変動に具体的な対策を」など17のゴールと169のターゲットが設定されています。

それぞれのゴール・ターゲットはとても野心的な設定となっているため、現在世界ではこれら目標を達成し、社会課題を解決することができる、革新的な技術・イノベーションが求められています。

今回の「NEDO先導研究プログラム報告会」では、国内の最新の研究開発と、社会実装の動向を知ることができるものとなっています。

社会課題を解決するビジネスは、自治体や他企業と連携して進めていくことが重要となります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、人脈を作るためのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ イベント
関連タグ NEDO NEDO先導研究プログラム テクノロジー モノづくり日本会議 報告回 成果 技術 新エネルギー・産業技術総合開発機構 発表 研究開発
詳細はこちら

第42回新産業技術促進検討会シンポジウム「2022年度NEDO先導研究プログラム報告会~社会実装に向けたマネジメントとは~」(会場+オンライン)

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

イベントの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

産業用精密3Dプリンターの専門メーカー「BMF」が4,300万ドル調達
2022年8月9日、BMF Japan株式会社は、Boston Micro Fabricationが、4,300万ドル(約58億円)の資金調達を実施したことを発表しました。 Boston Micro …
下膳自動化ロボット開発の「スマイルロボティクス」が4,500万円調達
2020年1月30日、スマイルロボティクス株式会社は、総額4,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 食店向けにホールにおける片付けオペレーションを省力化する下膳自動化ロボットを開発してい…
プログラミング教育用ロボット開発の「Root Robotics」が250万ドル調達
ハーバード大学のスピンオフベンチャーの、Root Robotics は、250万ドル(約2億6960万円)の資金調達を実施しました。 日本の株式会社ドリームインキュベータと、TLP Investmen…
日本のモノづくりブランドをテクノロジーを活用して世界に提供する「MOON-X」が10億円超調達
2020年2月4日、MOON-X株式会社は、総額10億円超の資金調達を実施したことを発表しました。 日本のモノづくりを体現するブランド群を、テクノロジーを活用して世界中に提供しています。 ブランド第1…
大学の技術シーズの事業化を手掛ける「ピクシーダストテクノロジーズ」が21.7億円調達
2022年10月3日、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社は、総額約21億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ピクシーダストテクノロジーズは、リアルとデジタルをつなぐ計算機インター…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ