注目のスタートアップ

⼼不全・不整脈検知AIなどAI医療機器を開発する「SIMPLEX QUANTUM」が5.5億円調達

company

2022年12月5日、SIMPLEX QUANTUM株式会社は、総額5億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

SIMPLEX QUANTUMは、握るだけで心拍を計測できるデバイス「心電くん」や、心電図のみで心不全の重症度を識別するAI「NIHA-HF(Heart failure)」、心電図のみで心房細動を検出するAI「NIHA-AF(Atrial Fibrillation)」、心電図や脈拍振動からストレスレベルを推定定量化する指標を算出するAI「Stress Index」などを展開しています。

「心電くん」は、2020年4月に医療機器として認証されています。

今回の資金は、心不全検知AIにおける医療機器承認手続きに付随した治験・厚労省への医療機器承認申請・アメリカFDA承認申請、心不全検知AIのサービス化のための開発に充当します。

心不全とは、心臓のポンプ機能が低下し、全身の血液が滞ってしまう状態のことです。症状としては、胸の痛み、動悸、息切れなどをもたらします。治療を行った場合でも症状が悪化していくことがあり、また根本的に治療する方法がないことが大きな課題となっています。

病状が進行した場合は、補助人工心臓治療や心臓移植が必要となります。しかし多くの人が知っているように日本は臓器提供件数が少なく、日本では心臓移植によって助けられている患者は年間50人ほどとなっています。

心不全は軽度の症状のうちに早期発見し、生活指導・外来投薬治療を行うことが重要とされています。

しかし軽度の心不全を検出するのは熟練した医師のスキルに頼らざるを得ません。

さらに心不全の初期症状は日常生活のうちに発生するものであり、病院・クリニックにかかった際にその症状を医師が把握することが難しく、正確な診断ができないことが課題となっています。

SIMPLEX QUANTUMは、この課題を解決するため、心不全を検出するAIや手軽に心拍を計測できるデバイス「心電くん」を提供しています。

最先端の技術は、医療における課題を解決する可能性があるなど、さまざまな領域で必要とされています。技術開発には多くの資金が必要となるため、資金調達に関するノウハウを知っておくとよいでしょう。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI NIHA-AF NIHA-HF SIMPLEX QUANTUM ソリューション デバイス ヘルスケア 医療 医療機器 医療機関 心不全 心不全検知AI 心房細動 心疾患 心臓 心電くん 心電図 株式会社 機器 研究開発 計測 診療
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

サブサハラアフリカの小規模農家向けサプライチェーン効率化事業展開の「Degas」が2.4億円調達
2020年11月2日、Degas株式会社は、総額2億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 サブサハラアフリカ (アフリカのサハラ砂漠以南地域) の小規模農家向けに農業サプライチェーン…
コストコ専門のネットスーパー「SocToc」開発の「WeCanDoIt」が3,500万円調達
2022年12月9日、株式会社WeCanDoItは、総額3,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 WeCanDoItは、会員制倉庫型店Costco(コストコ)の食料品や日用品を専門に扱う…
社会インパクト可視化システムと社会インパクト投資プラットフォームを開発する「インパクトサークル」が8,000万円調達
2022年3月16日、インパクトサークル株式会社は、総額約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 社会インパクト可視化型マイクロファイナンスと、社会インパクト投資プラットフォームを開発…
中途採用のスキルチェックテストサービスを開発する「Mierba」が5,000万円調達
2022年12月14日、株式会社Mierbaは、総額5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Mierbaは、中途採用のスキルチェックテストサービスを開発しています。 中途採用において、…
IT・デジタル領域でクリエイティブやデジタル・マーケティング事業を展開する「monomode」が資金調達
2020年11月2日、株式会社monomodeは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社北海道二十一世紀総合研究所が運営する「北洋SDGs推進ファンド(北洋SDGs推進投資事業有限…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ