注目のスタートアップ

現場特化型ビデオ通話アプリ「SynQ Remote」を提供する「クアンド」が3.8億円調達

company

2023年1月18日、株式会社クアンドは、総額3億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

クアンドは、現場仕事に特化したビデオ通話アプリ「SynQ Remote」を開発・提供しています。

ウェアラブルカメラなどのデバイスを用意することなく、手持ちのスマートフォンやPCにアプリをインストールして使うことができます。

現場の対象物を双方向からポインタを指し示すことができる機能、騒音対策、画質の良さなどを特徴としています。

これにより、製造・建設・メンテナンスといった現場において、遠隔でプロフェッショナルな判断を可能にします。

今回の資金は、リアルタイム通話の精度向上、ナレッジデータベースなどの新たな領域へのプロダクトの発展、人材採用の強化に充当します。


現場では人手不足や重要なスキルを持つ人材の高齢化が課題となっています。そのため、テクノロジーを活用した遠隔での効率化が求められています。

たとえば、現場の作業員がスマートデバイスを利用したりウェアラブルデバイスを装着したりすることで、遠隔地にいる管理者や熟練工が現場の状況をリアルタイムに確認できるようになり、指示・確認の効率化、移動時間の削減による効率化を実現できます。

一方、現場は機械などが大きな音を立てているといった騒音、高品質な通信環境が整備されていないなど特殊な環境が多いことから、一般的な音声システムやビデオ会議システムでは円滑なコミュニケーションが不可能なケースもあります。

そのため、現場では専用のコミュニケーションデバイスやシステム・ツールが求められています。

リモートでの業務を実現するためにはさまざまなシステムの導入が必要となります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、社内システムの構築のノウハウについて詳しく解説しています。業務効率を向上させるツールを導入し、ビジネスを加速させましょう。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ SynQ Remote クアンド コミュニケーション ビデオ通話 リモート 共有 株式会社 現場 資金調達 通話 遠隔
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

太陽光発電システムの第三者所有サービス「シェアでんき」運営の「シェアリングエネルギー」が12.3億円調達
2022年5月18日、株式会社シェアリングエネルギーは、総額12億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、直近では、2022年4月8日に総額40億円の資金調達を発表しています。 …
不動産テックの「GATESグループ」と画像認識プラットフォーム「AIZE」などを展開する「トリプルアイズ」が資本業務提携
2022年12月2日、株式会社トリプルアイズは、GATES GROUP株式会社と、その子会社であるGATES株式会社と、3社間で資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 トリプルアイズは、画像認…
保険営業向けクラウド型顧客・契約管理システム提供の「hokan」が2.5億円調達
2020年12月14日、株式会社hokanは、総額2億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、引受先の1社であるSansan株式会社とは資本業務提携契約を締結したことも発表しまし…
ゲームパブリッシャーの「イザナギゲームズ」が漫画家・小説家のエージェント事業を展開する「コルク」と資本業務提携
2022年11月24日、株式会社イザナギゲームズは、株式会社コルクを引受先とする第三者割当増資を行い、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 イザナギゲームズは、『冤罪執行遊戯ユルキル』『デス…
ナス機能性食品事業やナスサプリメント事業展開の「ウェルナス」が資金調達
2022年2月8日、株式会社ウェルナスは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社リバネスキャピタルです。 機能性成分ナス由来コリンエステル(アセチルコリン)を高含有するナス機能性食…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ