注目のスタートアップ

CAD図面に直接書き込みができるタブレットCADアプリを開発する「DAC-NOTE」が1,400万円調達

company

2023年1月11日、DAC-NOTE株式会社は、総額1,400万円の資金調達を実施したことを発表しました。

DAC-NOTEは、CAD図面に直接書き込みができるタブレットCADアプリ「DAC-NOTE」を開発しています。

主にインフラ点検の現場での使用を想定しており、まるで紙に描くようにCAD図面に直接スケッチができるアプリです。

記入したスケッチ・数字などはそのままCADデータとして認識されるため、従来必要となっていたCADへの転記が不要となります。

今回の資金は、2023年4月のリリースに向けたプロダクト開発の加速に充当します。

DAC-NOTE株式会社のコメント

このニュースを受けまして、DAC-NOTE株式会社 代表取締役 岡辺スバル雅之氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

プロダクト開発を加速させ、目標どおり2023年4月に初期版をリリースすることです。

・今後の展望を教えてください。

まずは興味を持って頂いたユーザー様のニーズに、がっちり合ったサービスを形作ることです。その後、アプリとしてのシンプルさを保ちながらも「現場最前線で、こうだったら良いのに!デスクワークとの連携を考えると、ああだったら良いのに!」という視点で、より使いやすいサービスにしていきたいです。

加えて、海外でのニーズ調査にも最初期から力を割いていきたいと考えています。インフラメンテナンスは国内だけではなく世界中で必要な営みです。それぞれの国で細かいニーズは違うはずですが、インフラ分野のDXとしてシンプルに効果的な点検調査が成り立つ仕組みを構築することができれば、十分に海外でも利用価値のあるサービスを作れると信じているからです。

実際、2023年2月には現在参加しているアクセラプログラム、Global Challenge Fukuokaの海外研修にも参加できることになり、約5日間、米国サンフランシスコで現地のニーズ調査やプレゼンテーションなどを行ってきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

私自身、長らくインフラ点検の現場最前線にいたこともあり、スタートアップを起業して軌道に乗せていくこと自体、大きなチャレンジとなっています。業界に新しい風を送り込み、新たな価値を届けるためには、様々な環境要因を克服する必要もあります。それでも、これまで点検現場最前線で仕事してきた仲間たちにもっとハッピーになってもらう仕組みを届け、それがゆくゆくはインフラ調査の効率化と品質向上に貢献し、最終的には「インフラ事故で不幸になる人をゼロにする」というビジョンにつながると信じて、ひたすら前進しています。

私自身、どのような業界でも現場最前線で働いている方々にお会いしてお話しさせて頂くことが大好きです。そのような方々と、今後何かの目標に向かって一緒に進むようなことができれば心から嬉しく思います。何かピンと来る方がいらっしゃいましたら、是非ともご連絡を頂ければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。


国内の社会的な生活を支えているインフラ設備の多くは戦後高度成長期である1960年代に整備されたものであり、利用が開始されてから50〜60年ほどが経過しています。

国内の多くのインフラ設備は老朽化しているのですが、予算不足により充分な補修・修繕が実施されていないという現状があります。

さらにインフラ業界は少子高齢化によって人手不足に陥っており、定期的な点検も充分に行えていないこともあります。

こうした老朽化したインフラと人手が足りていないインフラ業界の状況を象徴するような事故が、2012年12月に起こった「笹子トンネル天井板崩落事故」であるといわれています。

今後さらに老朽化したインフラ設備が増えていくなか、インフラ業界ではテクノロジーを活用することによる点検業務の効率化が喫緊の課題となっています。

DAC-NOTEは、インフラ点検の現場において生じている、紙に記録した情報を、持ち帰ってCADソフトに転記するという非効率を解決するため、タブレットCADアプリ「DAC-NOTE」を開発しています。

非効率的な業務はデジタル化によって効率化することが重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CAD DAC-NOTE アプリ インフラ スケッチ タブレット 作図 図面 書き込み 点検 現場
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「クックビズ」が飲食店管理クラウドを展開する「ラクミー」に出資
2022年11月30日、クックビズ株式会社は、株式会社ラクミーへの出資を決議したことを発表しました。 ラクミーは、DXによる業務効率化により飲食店経営を成功に導くクラウドサービス「ラクミー飲食店管理ク…
現場の改善提案クラウド「Cayzen」を提供する「エイトス」が1.2億円調達
2022年12月2日、エイトス株式会社は、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エイトスは、現場の改善提案クラウド「Cayzen(カイゼン)」を提供しています。 「Cayze…
産業向けドローン・サービス提供の「テラドローン」が15.1億円調達
2021年2月15日、テラドローン株式会社は、総額15億1,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 空撮、測量、点検、データ分析、運行管理などの産業向けドローン・サービスを提供しています。…
AI英会話アプリやオンライン英語コーチング運営の「スピークバディ」が3億円調達
2020年8月20日、株式会社スピークバディは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 AI英会話アプリ「スピークバディ」や、オンライン英語コーチング「スパルタバディ」を開発・運営していま…
アフリカの未電化・未電波地域に電気・通信を届ける「TUMIQUI」を展開する「シュークルキューブジャポン」が資金調達
2022年6月30日、株式会社シュークルキューブジャポンは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、関西電力グループのコーポレートベンチャーキャピタル・合同会社K4 Venturesと、シブ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ