注目のスタートアップ

ECサイトに延長保証を提供するサービス「proteger」を展開する「Kiva」が4.5億円調達

company

2022年12月7日、株式会社Kivaは、総額約4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Kivaは、ECサイトに最短即日で延長保証を提供するサービス「proteger(プロテジャー)」を提供しています。

ECサイトに簡単に延長保証サービスを組み込むことができるサービスです。またEC事業者は保証料の一部を受け取ることができるため、収益向上が見込めます。

また保証料は保証率の高低などを分析し、継続的に最適な価格に調整します。

購入者側は「proteger」のチャットシステムから保証申請ができ、即座に交換品を手配するリンクを取得できます。

延長保証は、電子機器、家電、スポーツ・フィットネス機器、家具、宝石、時計、楽器などあらゆる製品を対象としています。

今回の資金は、人材採用の強化、積極的なプロダクト開発に充当します。

経済産業省の「令和3年度デジタル取引環境整備事業(電子商取引に関する市場調査)」によると、2021年の日本国内のBtoC-ECの市場規模は、20兆6,950億円(前年比7.35%増)となっています。

さらに、すべての商取引における電子商取引市場規模の割合であるEC化率については8.78%(前年比0.7%増)であり、EC市場が着実に拡大していることがわかります。

一方で、世界に目を向けてみると、2020年時点で米国のEC化率は14.5%、中国のEC化率は44%、世界全体のEC化率は16.1%となっているため、日本のEC市場はさらなる成長の余地が残されているといわれています。

こうした状況のなか、EC事業においては、顧客満足度を向上させる施策のひとつとして、延長保証サービスが注目されています。

延長保証サービスとは、メーカーが提供する保証期間の終了後、一定の間保証を延長し、その間の故障・トラブルの交換・修理などを保証するサービスのことです。

通常、電子機器のメーカー保証期間は1年であることが多いのですが、多くのユーザーは1年よりも長く利用することを想定して購入しています。

しかし2年目、3年目などで故障し買い替えた場合、コストパフォーマンスが悪くなってしまいます。延長保証サービスはこのことへの保険として利用されます。

さらにKivaは、延長保証サービスを利用する顧客はそうでない顧客に比べ、2倍のリピーター率であることを特徴に挙げ、事業者にとっては顧客の囲い込みにも有効であると示しています。

株式会社Kivaのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Kivaよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

プロダクト開発のためのエンジニアやセールス人材の採用に充てる。

・今後の展望を教えてください。

プロダクト開発を加速させ、より簡単な保証申請や保険期間終了後の新製品の提案機能を追加、さらにはEC市場だけではなく、旅行や不動産、自動車、住宅、Webサービス、通信などに組み込み型保証を提供。

・読者へのメッセージをお願いします。

protegerを通してより良い購買体験をしてもらうべく、様々な事業者様への導入を加速させ、大切なものを長く使えるよう延長保証が当たり前になる世界を目指します。

ECはコロナ禍において販路開拓や販路拡大のための重要なチャネルとなりました。一方でECにはEC独自の集客ノウハウが存在します。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ネット通販のはじめ方や、ネットでの集客ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EC ECサイト Kiva proteger プロテジャー 保証 延長保証 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

監査法人向けAI証憑突合システム「ジーニアルAI」を提供する「ジーニアルテクノロジー」が6,000万円調達
2022年10月17日、株式会社ジーニアルテクノロジーは、総額約6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ジーニアルテクノロジーは、監査法人向けAI証憑突合システム「ジーニアルAI」を提…
網羅型タンパク質アレイにより自己抗体研究などに革新をもたらす「プロテオブリッジ」が1.8億円調達
2022年6月30日、プロテオブリッジ株式会社は、1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、スパークス・グループ株式会社が運営する「未来創生3号ファンド」です。 プロテオブ…
ユニコーン企業・非上場スタートアップ投資の「HiJoJo Partners」が11.5億円調達
2022年8月2日、HiJoJo Partners株式会社は、総額約11億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 HiJoJo Partnersは、ユニコーン企業を中心に国内外の非上場…
B2B向け3Dプリント製造ソリューション提供の「3D Printing Corporation」が1.3億円調達
株式会社3D Printing Corporationは、総額約1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 3Dプリンターを活用した製造の総合ソリューションを提供しています。 3Dプリ…
再生可能エネルギーの導入・ 調達コンサルティングなどの「クリーンエナジーコネクト」が9.4億円調達
2021年12月13日、株式会社クリーンエナジーコネクトは、総額9億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 再生可能エネルギーの導入・調達コンサルティング事業や、新規非FIT再エネ発電…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ