注目のスタートアップ

介護施設の見守りセンサーとナースコールを統合する「OwlCare」を開発する「EMC Healthcare」が2億円調達

company

2022年12月7日、EMC Healthcare株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

介護施設の見守りセンサーとナースコールを統合するサービス「OwlCare」の開発や、保育施設向け午睡見守りシステム「ベビモニ」の提供を行っています。

「OwlCare」は、見守りセンサーとナースコールを統合し、行動検知などのAIを活用することで、介護スタッフへの最適な情報提供や入居者との最適な双方コミュニケーションを実現するサービスです。

「ベビモニ」は、天井に設置したカメラにより複数人の姿勢を検知し、うつ伏せになったときにアラートを出すサービスです。また自動午睡チェックにより業務効率化を実現します。

今回の資金は、「OwlCare」の開発・製造の加速、組織体制強化のための人材採用に充当します。

日本は世界に先駆けて超高齢社会に突入しています。高齢者が増加する一方で、少子化によって労働人口は減少しているため、介護業界は慢性的な人手不足に陥っています。

この人手不足の課題を解決するため、給与や労働環境の改善を進めており、現在は徐々に人手不足が改善されてきています。

また、省人化・業務効率化・高度化のためのテクノロジー・データの活用も進められています。

介護の現場でとくに力を発揮するテクノロジーのひとつがIoTです。

すでに、介護施設においては居室に設置したカメラやセンサーによって入居者の状態の把握・見守りで活用されており、今後はウェアラブルデバイスによって入居者の体調管理・事故防止などの取り組みも進んでいくと考えられます。

一方でIoTサービスはまだ導入が始まったばかりであり、介護施設のシステムと連携ができていないことがあります。そのためオペレーションが煩雑になり、ツールに振り回されてしまうという課題も出てきています。

EMC Healthcareが開発している「OwlCare」は、見守りセンサーとナースコールを統合したサービスです。入居者の行動データと、入居者・介護士の能動的なコミュニケーションを同時に管理できるため、リモートでの入居者の管理を大きく効率化できるでしょう。

IoTなどテクノロジーの活用は、業務効率化や省人化のために重要なものです。創業期はコストの面から多くのシステムの導入は難しいかもしれませんが、優先度の高いものから導入することで、創業期から効率的な業務を行うことができるでしょう。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EMC Healthcare IoT カメラ コミュニケーション センサー ベビモニ 介護 介護施設 保育 保育施設 午睡 株式会社 業務効率化 見守り 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「R-StartupStudio」支援の大型3Dプリンティング「Arevo」 クラウドファンディングでの支援額が7億円を突破
2020年9月24日、株式会社R-StartupStudioは、米国のプラットフォームIndiegogoで行っている「Arevo(アレボ)」のクラウドファンディングの支援額が9月16日に7億円を突破し…
メタバース領域における法律相談AIサービス「ロボット弁護士」などを手がける「Robot Consulting」が資金調達
2024年4月2日、株式会社Robot Consultingは、資金調達を実施したことを発表しました。 これにより、累計調達額は10億7,110万円となりました。 Robot Consultingは、…
症状検索エンジン「ユビー」やAI問診サービス「ユビーAI問診」などを提供する「Ubie」が27.6億円調達
2022年10月6日、Ubie株式会社は、総額27億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、直近では2022年7月27日に35億円の資金調達を発表しています。 Ubieは、症状検…
ふるさと納税の返礼品においてNFTを活用するなどNFTによる地方創生を推進する「あるやうむ」と「KDDI」が資本業務提携
2023年2月16日、株式会社あるやうむは、KDDI株式会社と業務提携したことを発表しました。 また、KDDIは今回の提携に伴い、地方創生を推進する地元企業やベンチャー企業への出資を目的とした「KDD…
体験型アルバイト情報サービス運営の「スポットメイト」が資金調達
2019年10月9日、スポットメイト株式会社は、株式会社USEN-NEXT HOLDINGSと、資本業務提携したことを発表しました。 スポットメイトは、業務店が体験型のアルバイト人材を募集できる…

大久保の視点

ニコニコ超会議・学生ピッチ甲子園ビジネス部門優勝&1000万円獲得はウェルヘルス土井久生馬さん
2024年4月27日(土)~2024年4月28日(日)に幕張メッセでニコニコ超会議実行委員会で『ニコニコ超会議2024』が開催された。 『ニコニコ超会議20…
(2024/4/28)
「千代田区CULTURExTECH ビジコン2024」が丸の内TOKYO創業ステーションで2024年3月19日に開催
2024年3月19日(火)にStartup Hub Tokyo 丸の内(TOKYO創業ステーション 丸の内 1F・千代田区)で千代田CULTURExTECH…
(2024/3/19)
明治大学ビジコンで優勝&100万円獲得は宇宙ビジネスの蓮見大聖さん明治大学4年「AMATERAS SPACE」
2024年3月13日(木)に明治大学・御茶ノ水キャンパスで第2回明治ビジネスチャレンジ(明治ビジチャレ)が明治大学経営学部主催で行われました。 明治大学の各…
(2024/3/13)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】