注目のスタートアップ

リベンジポルノなどデジタルバイオレンスの発見・防止システム「HIMEPA」運営の「ベジベジ」が2,500万円調達

company

2022年9月6日、ベジベジ株式会社は、約2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ベジベジは、リベンジポルノをはじめとした、デジタルバイオレンスの発見・防止システム「HIMEPA」を開発・運営しています。

独自のアルゴリズムを搭載したクローラーと顔認識技術により、自身の動画・画像が無断でネット上にアップロードされていないかを特定するシステムです。

またアップロードされた動画・画像を見つけた場合は、削除要請もワンストップで行えます。

削除要請は、専門家への紹介、ボランティアへの依頼、自身での削除依頼の3つから選ぶことができます。

個人での利用のほか、映像が流出しやすい業界や性産業などでの利用を想定しています。

今後さらなる精度の向上や、警察・弁護士事務所・NPO法人などと連携することで、被害の特定・対策・ケアまでをワンストップで行えるサービスへの成長を目指します。

一度ネット上に書き込まれたりアップロードされたりした個人情報・動画・画像は、拡散すると完全には削除できなくなってしまいます。

これを一度彫ったタトゥーを消すことが困難であることにたとえて、デジタルタトゥーといいます。

デジタルタトゥーには、マスメディアによる実名報道による情報の拡散、炎上事件の当事者の実名・身元の特定・拡散、リベンジポルノなどの性的画像の拡散、匿名掲示板などでの誹謗中傷などいくつか種類があります。

実名が拡散されている場合は、検索することでそれらを発見することはできます。

一方で、リベンジポルノなどの画像・動画の場合は検索しても発見が難しく、広く拡散し削除が難しくなった段階になってからようやく被害に気づくというケースも後を絶ちません。

リベンジポルノを防ぐには、そもそも相手にそういった画像・動画を撮らせないという予防策がありますが、性産業などでは盗撮されることもあり、完全に防ぐことはできません。

ベジベジはこの課題を解決するため、独自のクローラーと顔認識技術により、流出した動画・画像を発見し、削除要請までを一貫して行えるシステム「HIMEPA」を開発・提供しています。

AIはこれまで不可能だったシステムを実現しています。ビジネスによっては革新をもたらすシステムもあるため、導入を検討するとよいでしょう。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらもご参考ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ HIMEPA デジタルタトゥー デジタルバイオレンス ベジベジ リベンジポルノ 削除要請 動画 株式会社 無断アップロード 犯罪 画像 資金調達 顔認識
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

無人外貨両替機と運用システムを開発・提供する「エクステック」が資金調達
2022年8月31日、株式会社エクステックは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、阪急阪神ホールディングスのCVCファンド「阪急阪神イノベーションパートナーズ投資事業有限責任組合」などで…
法人カード「バクラクビジネスカード」が3Dセキュアに対応し正式リリース
2022年9月21日、株式会社LayerXは、「バクラクビジネスカード」において、3Dセキュア(本人認証)に対応し、正式版としてリリースしたことを発表しました。 「バクラクビジネスカード」は、利用料無…
商用EV車両の製造・販売を行う「EVモーターズ・ジャパン」が1億円調達
2022年6月2日、株式会社EVモーターズ・ジャパンは、1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、台北市に本社を置く、国際的なODM設計・製造メーカーWistron Corporati…
フード・シェアリング・サービス「TABETE」展開の「コークッキング」が資金調達
2020年11月20日、株式会社コークッキングは、資金調達を実施したことを発表しました。 フード・シェアリング・サービス「TABETE(タベテ)」を展開しています。 飲食店や小売店で廃棄されてしまう食…
米国スタートアップ資金調達底堅く、有力企業に集中する傾向
新型コロナウイルス禍による景気悪化の中、金融緩和に伴う金余りを背景に、有力企業に投資マネーが集中する構図が一段と強まっています。4~6月に米国で1億ドル以上を調達した「メガラウンド」は69件と四半期ベ…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ