注目のスタートアップ

IoTデバイスとクラウドサービスを組み合わせた映像ソリューションなどを手がける「アムニモ」と「トーノーセキュリティ」が資本業務提携

company

2023年7月31日、アムニモ株式会社は、株式会社トーノーセキュリティと、資本業務提携を締結したことを発表しました。

アムニモは、アムニモは、産業用LTEゲートウェイや、ビデオマネジメントシステム(VMS)、IoTルーターなどを開発・提供しています。

アムニモの提供するLTEゲートウェイはエッジコンピューティングに最適化されているほか、瞬停対策機能、複数SIMの高速切替、クラウド連携による自動初期設定・遠隔保守などの機能を有しています。4つのPoEポートに4台のカメラを同時に接続でき、IoT監視カメラなどのビデオソリューションで活用することができます。

トーノーセキュリティは、「セキュリティ」「建物・設備管理」「ITソリューション」の3つの部署から成り立つセキュリティ会社です。機械警備をはじめとするセキュリティーシステムの提案、導入(設置工事)、保守・運用において強みを持っています。

すでにトーノーセキュリティはアムニモのソリューションパートナーとして協業関係にありますが、今回の関係深化により、アムニモが開発・提供する各製品群と、トーノーセキュリティのセキュリティーシステムに関する提案力や導入・設置、保守・運用のノウハウを組み合わせ、昨今の防犯・監視カメラの需要に応え、より社会への価値提供の範囲を広げるため、さらなる販売促進や新たなサービスの提供を行います。


AIを利用した画像解析技術は、カメラという一般的な機械で、多様なデータの取得・解析を行えることが特徴であり、すでにさまざまな産業で活用されています。

たとえば、ネットワークに接続された防犯・監視カメラは、単に犯罪やトラブルなどを記録・抑制するだけでなく、店舗内の顧客の属性・行動の解析などでも活用でることから、デジタル化が進められている現場での導入が増加することが予測されます。

こうしたなかアムニモは、IoT技術を活用し、屋内外問わず、厳しい環境でも安定して映像をエッジで録画し、LTE・光回線でクラウドにデータを伝送できるゲートウェイや、映像マネジメントソリューションを手がけ、さまざまな映像ソリューション需要に応えています。

さらに今回、セキュリティーサービスの提案・導入・保守・運用に強みを持つトーノーセキュリティとの協業体制の強化により、セキュリティ関連での事業を強化していくようです。

IoTなどテクノロジーの活用は、業務効率化や省人化のために重要なものです。創業期はコストの面から多くのシステムの導入は難しいかもしれませんが、優先度の高いものから導入することで、創業期から効率的な業務を行うことができるでしょう。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っています。

また、大規模なシステム整備のためには資金調達も必要となるでしょう。「資金調達手帳」では、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI IoTカメラ LTEゲートウェイ アムニモ エッジ エッジAI エッジゲートウェイ エッジコンピューティング カメラ セキュリティ ソリューション トーノーセキュリティ 映像 株式会社 監視カメラ 資本業務提携 防犯カメラ
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ケニアでB2Bローン事業を展開する「Crediation」が資金調達
2020年6月25日、株式会社ケップルは、株式会社ケップルアフリカベンチャーズの関係会社である株式会社Crediationが資金調達を実施したことを発表しました。 Crediationは、ケニアでB2…
落とし物クラウドを提供する「find」が7,500万円調達
2023年5月19日、株式会社findは、総額7,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 findは、落とし物クラウド「find(ファインド)」を開発・提供しています。 落とし物にまつわる…
SaaSのインテグレーション開発を支援する「Datable」が2.25億円調達
2022年9月14日、株式会社Datableは、総額2億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「datable(データブル)」の正式リリースも併せて発表しています。 「data…
サブサハラアフリカの小規模農家向けサプライチェーン効率化事業展開の「Degas」が2.4億円調達
2020年11月2日、Degas株式会社は、総額2億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 サブサハラアフリカ (アフリカのサハラ砂漠以南地域) の小規模農家向けに農業サプライチェーン…
出荷者と流通事業者をつなぐ農業流通特化型SaaS「nimaru」提供の「kikitori」が3,000万円調達
2021年1月14日、株式会社kikitoriは、3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 出荷者と流通事業者をつなぐ農業流通特化型SaaS「nimaru」を提供しています。 このサービ…

大久保の視点

2/5 JSSA日本スタートアップ支援協会ピッチ大会:最優秀賞はがんリスク検査のセルクラウド中島 謙一郎さん
一般社団法人日本スタートアップ支援協会が主催する「The JSSA TOKYO Pitch Award & Meetup Vol.33」が2024…
(2024/2/5)
第4回 FRAX TOKYOが1/18~1/20に開催:創業手帳の大久保幸世も登壇・フランチャイズビジネスの総合展が活況
「第4回 FRAX TOKYO」が2024年1月18日(木)から20日(土)にかけて開催されました。 このビジネスイベントは、日本最大の見本市主催会社・RX…
(2024/1/20)
事業創造カンファレンス「01Booster Conference 2023」が経団連ホールで12/26に開催
株式会社ゼロワンブースター主催のカンファレンス「01Booster Conference 2023」が、2023年12月26日(火)に開催されました。 事業…
(2023/12/26)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
今すぐ
申し込む
【無料】