注目のスタートアップ

植物コミュニティアプリなどを展開する「GreenSnap」が2億円調達

company

2022年11月30日、GreenSnap株式会社は、2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、愛知豊明花き地方卸売市場を運営する豊明花き株式会社です。

GreenSnapは、植物コミュニティアプリ「GreenSnap」や、植物のオンラインショップ「GreenSnapSTORE」、土を使わずに育てる観葉植物「Table Plants」、植物情報サイト「horti」を展開しています。

「GreenSnap」は、植物の写真・テキストを投稿できるSNS機能、植物の育て方などの記事コンテンツを配信する植物に特化したコミュニティサービスです。

「GreenSnap」から得られるデータなどを活用し、EC事業などを展開しています。

豊明花きとは、共同でビックデータプロジェクト「PlantsDATA(プランツデータ)」などの実験的な取り組みを行っています。

今回の資金調達でつながりをさらに強化し、GreenSnapの顧客データと、豊明花き社の流通データ・生産者データ・物流の仕組みを組み合わせ、流通のDXを加速させます。

さらに、データを活用した生産支援や販売支援、ユーザーを巻き込んだ商品開発の推進、デジタルサイネージなどを利用した店舗でのメディア機能の提案などを行っていきます。

2020年の花き(花卉)の産出額は、前年に比べて184億円減少し、3,080億円(前年5.6%減少)となりました。

コロナ禍においては観葉植物や家庭菜園などの需要が高まりましたが、冠婚葬祭などのイベント自粛から需要の高かった切り花などの需要が大幅に減少し、価格が低下したことなどが理由と分析されています。

また、花き業界においては、葬儀でよく使われる白い菊は安定して生産されますが、それ以外の花きは嗜好性が強く、消費者のニーズを捉えた生産や需要の掘り起こしが長年の課題となっています。

コロナ禍では観葉植物など自宅で楽しむことができる植物が流行しています。

とくに栽培や日々の手入れの手間がかからないものは初心者が手に取りやすく、さまざまな観葉植物が販売されています。

GreenSnapはこうした顧客のニーズを捉え、土を使わずにスポンジを土台として栽培する小さな観葉植物シリーズ「Table Plants」を販売しています。

事業を成長させるには戦略的な資金調達や、シナジーのある企業との提携・協業が重要です。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関するノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ GreenSnap horti SNS Table Plants コミュニティ テーブルプランツ 園芸 愛知豊明花き地方卸売市場 株式会社 植物 花き 花き業界 花卉 観葉植物 豊明花き 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

エクソソーム創薬の「EXORPHIA」が2億円調達
2022年5月19日、株式会社EXORPHIAは、2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ(KII)が運営するファンドです。 EXORPHI…
太陽光発電システムの第三者所有サービス「シェアでんき」と大容量・高出力蓄電池「Tesla Powerwall」をパッケージ提供するサブスクプランが開始
2021年11月9日、株式会社シェアリングエネルギーは、「シェアでんき」と「Tesla Powerwall」をパッケージ提供する新サービスを発売することを発表しました。 シェアリングエネルギーは、太陽…
同世代と趣味でつながる音声コミュニティ「Yay!」など運営の「ナナメウエ」が16億円調達
2022年4月6日、株式会社ナナメウエは、総額約16億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ナナメウエは、同世代と趣味でつながる音声コミュニティ「Yay!」、コンテンツモデレーションAPIプラッ…
角膜内皮疾患に対する治療薬と再生医療等製品の研究・開発を行う「アクチュアライズ」が資金調達
2022年6月30日、アクチュアライズ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 また、アクチュアライズの開発品候補「AE101」について、株式会社デ・ウエスタン・セラピテクス研究所と日本にお…
アスリートのコンディション・体調管理システム「ONE TAP SPORTS」提供の「ユーフォリア」が資金調達
2019年12月12日、株式会社ユーフォリアは、資金調達を実施したことを発表しました。 アスリートのコンディション・体調管理システム「ONE TAP SPORTS(ワンタップ・スポーツ)」を開発・提供…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ