注目のスタートアップ

縦型動画のクリエイター集団「OASIZ」が2,100万円調達

company

2022年11月28日、株式会社OASIZは、総額約2,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。

OASIZは、テレビ番組・著名人・サッカー団体・プロ野球球団などのTikTokの運営代行事業や、クリエイターコミュニティ事業を展開しています。

今回の資金は、TikTokクリエイターコミュニティの開発・運営に充当します。

縦型ショート動画を軸とした動画SNSであるTikTokは世界的に人気となっており、2021年9月にはアクティブユーザー数が10億人を突破したことを発表しています。

TikTokにおいてもっともユーザー数の多い年齢層は18歳~24歳の世代で、2022年4月時点では43.3%を占めています。

TikTokは、最長でも60秒の動画(一部ユーザーは3分)しか投稿できず、動画を見終えるとすぐにレコメンドされた次の動画が再生されるという特徴を持っています。

レコメンドにおいてはユーザーが見た・スキップした動画を解析しています。

縦型ショート動画が流行しているのは、移動・休憩・作業などの短時間で視聴することに向いており、さらに縦型であるためスマホの持ち替えがなくそのまま見れることが要因であると考えられています。

TikTokの成功により、YouTubeやFacebookも縦型ショート動画を実装しており、新たな時代の動画の形として定着してきています。

TikTokにおいてはユーザーがつくったコンテンツ以外にも、プロのクリエイターが手掛けた動画も増えてきています。

企業においてもTikTokを活用したマーケティングを実施することが増えており、TikTokの人気と共に重要性が高まっています。

動画はテキストや静止画よりも圧倒的な情報量を誇ります。視聴した者に短時間で多くの情報を与えられるため、Webマーケティングにおいても積極的に利用されるようになりました。累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ホームページの作成ノウハウや、ネット初心者のためのネットPR方法など詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ TikTok クリエイター 動画 株式会社 縦型ショート動画 縦型動画 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「NanoGAS」(高機能ナノバブル)を利用した腸内フローラ移植用菌液精製の技術を持つ「シンバイオシス」が資金調達
2022年8月24日、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社は、シンバイオシス株式会社に投資を実行したことを発表しました。 シンバイオシスは、「NanoGAS」(=高機能ナノバブル)の特性を利用した…
カスタマイズ・サプリ提供の「トリコ」が資金調達
2019年10月23日、トリコ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 肌診断からサプリをカスタマイズして処方する「FUJIMI BEAUTY SUPPLEMENT」や、コスメ・スキンケアを…
生鮮食品の早朝宅配サービス「モーニング・エキスプレス」運営の「カノエ」が6,200万円調達
2021年11月1日、株式会社カノエは、総額約6,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 生鮮食品を早朝に宅配するサービス「モーニング・エキスプレス」を運営しています。 パン、季節の果物・…
「フューチャーベンチャーキャピタル」が木材プラットフォーム「eTREE」を運営する「森未来」に出資
2023年1月13日、フューチャーベンチャーキャピタル株式会社は、株式会社森未来に投資を実行したことを発表しました。 森未来は、木材プラットフォーム「eTREE(イーツリー)」の運営や、設計士・内装デ…
ブロックチェーン事業を展開する「Opening Line」がセキュリティ対策に強みを持つSIer「ラック」と業務提携
2022年6月13日、株式会社Opening Lineは、株式会社ラックと、業務提携契約を締結したことを発表しました。 Opening Lineは、さまざまな分野へのブロックチェーン技術の実装のため各…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ