注目のスタートアップ

危機・不審行動検知ソリューションを展開する「アースアイズ」が「初田製作所」と資本業務提携

company

2022年11月17日、アースアイズ株式会社は、株式会社初田製作所と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

アースアイズは、防犯や事故防止を目的としたAI搭載カメラシステムの開発・販売や、危機検知・不審検知技術を活用した各種ソリューション「万引対策DX」「店舗管理DX」「介護見守DX」「離院予防DX」、防犯カメラを活用した火災検知システム「ファイヤープリベンション AIシステム」などを展開しています。

アースアイズは、カメラで取得した映像情報をもとに仮想的に立体空間を作り出し、人や物の距離を把握する特許技術「3D空間把握」を保有しており、この技術とAIを活用することで、人の感覚に近い情報処理を可能にしています。

初田製作所は、消火器や自動消火システムの製造・販売・施工・メンテナンスを行う総合防災メーカーです。

今回の提携により、火災・土砂崩れ・落石・倒木などをいち早く発見するAIカメラを活用した防火・防災ソリューションを共同で開発します。

消防庁の「令和2年版 消防白書」によると、2009年以降の出火件数はおおむね減少傾向であり、これは防災意識の向上、火災報知器の普及、喫煙率の減少、電化製品の防火性能の向上などが理由であると考えられます。

さらに火災による被害を減少させるためには、より素早く火災の発生を突き止め、被害が大きくなる前に消火することが重要です。

火災を検知するものとしては、いわゆる火災報知器があります。しかし従来技術にはいくつか課題があります。

たとえば、火災報知器は天井に設置することから、広い空間では火・煙が大きくならないと検知できないこと、サーモグラフィによる検知は火と高温物体の区別が困難であることなどが課題となっています。

今回アースアイズと初田製作所が共同で開発する防火・防災ソリューションは、一般的なカメラを活用し、AI画像認識により火・煙などを検知するものです。

また、土砂崩れ、落石、倒木などもいち早く発見できるため、あらゆる災害の早期発見に役立つものになるでしょう。

AIはこれまで不可能だったシステムを実現しています。ビジネスによって非常に有効なシステムもあるため、導入を検討するとよいでしょう。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウを詳しく解説しています。また、ICTの専門家にインタビューを行い、創業期のシステム整備のメリットや注意点なども伺っていますので、こちらも参考にしてください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI AIカメラ アースアイズ カメラ 事故 初田製作所 危機 株式会社 検知 火事 災害 画像認識 資本業務提携 防火 防災 防犯カメラ
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

製造業の業務プロセスの標準化を促進するSaaS「WALL」など提供の「SUPWAT」が1.5億円調達
2022年2月24日、株式会社SUPWATは、総額約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 製造業における研究開発・設計・生産領域において蓄積されたデータを活用し、業務プロセスの標…
D2C事業開発の「ALPACA」が「Unreact」と共同で飲食店専門のEC化戦略総合パッケージ「NEW DREAM」を立ち上げ
株式会社ALPACAは、株式会社Unreactと共同で、「NEW DREAM」を開始したことを発表しました。 「NEW DREAM」は、飲食店専門のEC化戦略総合パッケージです。 飲食店のこだわりのE…
eスポーツ教育事業の「ゲシピ」と「東京メトロ」がeスポーツ事業で業務提携
2020年10月20日、ゲシピ株式会社は、東京地下鉄株式会社と業務提携したことを発表しました。 ゲシピは以下の事業を展開しています。 ・チーム作りや技術習得などeスポーツに参加するために必要な要素のセ…
セラピスト向けレンタルサロンプラットフォーム「minoriba」を運営する「Bulls」が1億円調達
2022年7月21日、株式会社Bullsは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 セラピスト向けレンタルサロンプラットフォーム「minoriba」を運営しています。 ホテル・プライベート…
「メドレー」が「NTTドコモ」とオンライン診療・服薬指導アプリ「CLINICS」の共同運営を開始
2021年12月7日、株式会社メドレーは、株式会社NTTドコモと、「CLINICS」の共同運営を開始したことを発表しました。 「CLINICS」は、メドレーが提供するオンライン診療・服薬指導アプリです…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ