注目のスタートアップ

汎コロナウイルスワクチンなど開発の「エピトマップ」が3億円調達

company

2021年12月16日、エピトマップ株式会社は、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、日本全薬工業株式会社と、動物アレルギー検査株式会社です。

エピトマップは、理化学研究所人工ワクチン研究チームの研究成果を、創薬として事業化するため、2020年7月に設立された創薬ベンチャーです。

汎コロナウイルスワクチン「CoV-mMAP」や、犬用アレルギー根治治療薬「E-mab」を開発しています。

「CoV-mMAP」は、猫伝染性腹膜炎(FIP)やCOVID-19などコロナウイルスをターゲットとした、汎コロナウイルスワクチンです。

変異ウイルスに対し、副反応として懸念されている抗体依存性感染増強の回避を目指して開発しています。

「E-mab」は、B細胞からのIgE産生を直接抑制するアレルギー根治治療薬です。ヒトにも転用可能であることがわかっています。犬用抗体医薬は製造・治験に入るフェーズにあります。

日本全薬工業株式会社と動物アレルギー検査株式会社とは事業化推進契約を締結し、動物用抗体医薬品(アレルギー治療薬)の製品化を進めていきます。

2021年11月8日、日本では新型コロナウイルス感染症の水際対策についての緩和が実施されましたが、今般のオミクロン株の世界的な流行により水際対策は大幅に強化され、2021年12月31日まで外国人の新規入国は認められなくなりました。

ウイルスは自身の生存のため、環境の変化に適応するために変異を行います。

そのため、ワクチンはこの変異株に対応するように改造しなければなりません。

しかし既存のワクチン開発の懸念として挙げられているのが、抗体依存性感染増強(ADE)という副作用リスクの存在です。

ADEとは、新たなウイルスに感染した際、体内にある抗体が生体にとって悪い作用及ぼし、感染などを重篤化させてしまう現象のことです。

エピトマップの開発する汎コロナウイルスワクチンは、これら変異株の問題とADEの問題の双方を解決することを目的としたワクチンです。

すでに猫コロナウイルスを原因とする猫伝染性腹膜炎(FIP)の感染モデルでの効果検証が可能な段階にあり、今後実用化に向けて研究を続けていくようです。

研究開発型のビジネスは、資金調達が非常に重要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ COVID-19 アレルギー アレルギー根治治療薬 ウイルス エピトマップ ワクチン 創薬 医療 新型コロナウイルス 株式会社 汎コロナウイルスワクチン 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

体験型アルバイト情報サービス運営の「スポットメイト」が資金調達
2019年10月9日、スポットメイト株式会社は、株式会社USEN-NEXT HOLDINGSと、資本業務提携したことを発表しました。 スポットメイトは、業務店が体験型のアルバイト人材を募集できる…
独自の免疫測定技術を活用した免疫センサー・デバイス開発の「イムノセンス」に「大阪大学ベンチャーキャピタル」が追加投資
2021年3月30日、大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社は、株式会社イムノセンスに対し、1億円の投資を実行したことを発表しました。 イムノセンスは、大阪大学産業科学研究所・民谷特任教授が開発したGL…
パブリック・クラウドのフルマネージド・サービス「cloud.config」提供の「FIXER」が12億円調達
2020年2月17日、株式会社FIXERは、総額12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 パブリック・クラウドのフルマネージド・サービス「cloud.config」を提供しています。 Micr…
お魚サブスク「Fishlle!」展開の「ベンナーズ」が3,200万円調達
2022年1月17日、株式会社ベンナーズは、総額3,200万円の資金調達を実施したことを発表しました。 お魚のサブスクリプションサービス「Fishlle!(フィッシュル)」を運営しています。 魚のフー…
ファイナンシャル・プランナー紹介などの「クロス・デジタル・イノベーション​」がスコアリング・モデルの特許を取得
2020年12月17日、株式会社クロス・デジタル・イノベーション​は、スコアリング・モデルの特許査定がなされたことを発表しました。 ファイナンシャル・プランナー相談/紹介サービスや、女性のためのマネー…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ