注目のスタートアップ

実名型グルメサービスを運営する「Retty」が「じげん」と資本業務提携

company

2022年11月11日、Retty株式会社は、株式会社じげんと、じげんCEOの平尾丈氏を引受先とする第三者割当増資を実施し、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

2022年12月23日開催予定の定時株主総会の決議を経てRetty社外取締役に平尾氏が就任し、経営に参画する予定です。

Rettyは、実名型グルメサービス「Retty(レッティ)」を運営しています。

2020年8月から、店内モバイルオーダーサービス「RettyOrder」も提供しています。

今回の資金調達により、ユーザーや飲食店により高い価値を提供するための機能拡充と店舗会員拡大を実現します。

また、じげんとの業務提携では、じげんの約2万社の顧客基盤と、Rettyの外食産業の知見・ユーザー・飲食店の顧客資産をかけ合わせた新規事業を創出します。具体的には、求人、不動産、フランチャイズ、旅行など、領域を拡張した飲食店支援の実現を目指します。

公益財団法人食の安全・安心財団が公表している統計資料によると、外食市場規模は、1997年の29兆円をピークに縮小していき、2011年には約22.9兆円に落ち込みました。

その後、食材価格の高騰・人件費上昇などにより商品単価の引き上げがあったことで市場規模は拡大傾向にあり、2019年には約26.2兆円になりました。

しかしコロナ禍によって外食市場は大きな打撃を受け、2020年の市場規模は約18.2兆円と大きく減少しています。

外食は、日常的な食事、家族・友人などとのコミュニケーション、特別な日のご馳走など、さまざまな目的で利用されています。

街中には数多くの飲食店があるため、人びとは店先に置かれているメニューや、友人・知人などからの紹介・口コミなどで訪れる店舗を選びます。

グルメサイトは、こうした飲食店の情報提供の場として生まれ、当初はディープなグルメ好きが集まるコミュニティとして機能していました。

しかし、グルメサイトが広く知られ、ユーザー数が多くなるにつれサクラなどの不正行為の横行や、グルメサイト自身による点数操作や手数料による掲載順の変動などにより全体的な信頼性が低下してしまいました。

「Retty」は、競合となるグルメサイトが存在する中、2011年6月にローンチされたグルメサイトです。

実名制、レビューよりもレコメンド(おすすめ)を投稿するという方針により競合のグルメサイトの課題を克服し、グルメ好きなユーザーが集まるコミュニティとして成長しています。

Retty株式会社のコメント

このニュースを受けまして、Retty株式会社よりコメントが届きました。

・今回の資本業務提携の目的は何ですか?

大きく2点。Rettyの成長を加速させることと、両社のアセットを生かして多角的な飲食店支援の実現を目指すことです。

・今後の展望を教えてください。

まずはユーザーや飲食店のみなさまにより高い価値を提供するためのRettyの機能拡充とお店会員拡大を行います。また、両社でタスクフォースを組成し、新たな飲食店支援の実現を目指します。

近年、飲食店はネット検索によって訪問する顧客が増えています。従来の集客では出店場所がとても重要だったのですが、近年はWebマーケティングによって集客が可能となり、出店場所も自由に選べるようになってきています。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の飲食開業に特化した別冊「飲食開業手帳」では、Webを活用した集客方法や、経営に役立つシステムの導入方法などについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Retty SNS グルメ じげん レストラン レッティ 口コミ 外食 実名 実名型 株式会社 資本業務提携 飲食 飲食店
飲食開業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

7/8開催予定のピッチコンテスト「IVS2022 LAUNCHPAD NAHA」 出場企業募集中 4/22〆切
2022年3月22日、IVS株式会社は、2022年7月8日に開催予定のピッチコンテスト「IVS2022 LAUNCHPAD NAHA」の出場企業の募集を発表しました。 出場企業の応募の締め切りは、20…
「ポケットマルシェ」と「日本航空」が大学生・生産者による共創プログラム「青空留学」を実施
2021年6月28日、株式会社ポケットマルシェは、日本航空株式会社と共同で、コンソーシアム構想「Japan Vitalization Platform(JVP)」に取り組むことを発表しました。 「JV…
「ピーディーシー」がNFTアートマーケットプレイス「XYZA」を運営する「FRM」に出資
2022年6月8日、ピーディーシー株式会社は、株式会社FRMに出資を実施したことを発表しました。 FRMは、NFTアートマーケットプレイス「XYZA(エックスワイジーエー)」を2021年11月から運営…
運転代行配車アプリ「AIRCLE」展開の「Alpaca.Lab」が資金調達
2022年3月1日、株式会社Alpaca.Labは、資金調達を実施したことを発表しました。 運転代行配車アプリ「AIRCLE(エアクル)」を展開しています。 アプリから配車発注することで、運転代行業者…
完全オンライン型の企業変革コンサルティングサービス「Online Business Transformation(OBX)」がリリース
2020年5月13日、株式会社ライズ・コンサルティング・グループは、「Online Business Transformation(OBX)」の提供を開始することを発表しました。 「OBX」は、完全オ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ