CO2ゼロ電力・燃料の導入において利用者の購買行動による貢献量を算出する「CO2削減貢献量の算出サービス」が提供開始

tool

2022年11月11日、株式会社テックシンカーは、「CO2削減貢献量の算出サービス」の提供を開始することを発表しました。

「CO2削減貢献量の算出サービス」は、CO2ゼロ電力・燃料を活用する企業の製品・サービスにおいて、協業先や消費者の購買行動がどれだけCO2排出量削減に貢献したかを算出できるサービスです。

数値による明確な情報発信が可能になり、より多くの協業先・消費者に訴求できます。

該当する事業分野における他社の環境負荷や利用者の商品・サービスの利用状況など外部環境の要素を洗い出し、複数の変化要因を組み合わせ、複数のモデルを構築し、それぞれに合った排出削減量を算出することで、実情に合った算出を実現しています。

テックシンカーはほかに、CO2排出量算出ソフトウェア/カーボンオフセットのプラットフォーム「オフ・エミッション」を運営しています。

世界的な気候変動の対策として、CO2を中心としたGHG(温室効果ガス)の削減に向けた取り組みが各国で加速しています。

企業のCO2排出削減として一般的な方法には、再生可能エネルギーへの切り替え、省エネルギー設備などへの切り替え、生産・製造プロセスの効率化・革新、輸送プロセスの効率化などがあります。

とくにCO2排出ゼロ電力・燃料への切り替えはシンプルであり、わかりやすい排出量削減方法のひとつです。

以前まではこうした環境対策はコストになっていたのですが、近年は消費者の意識・価値観が変化し、環境に配慮した企業・製品・サービスを積極的に評価・利用するようになっています。つまり環境に配慮することが付加価値になっています。

しかしCO2排出ゼロ電力・燃料に切り替えたとしても、そのことを上手く発信できなければ意味がありません。

「CO2削減貢献量の算出サービス」は、実情に見合ったCO2削減への貢献を数値として可視化するサービスです。

これまで環境対策を上手く伝えられなかった企業も、貢献度合いをわかりやすく数値として消費者に提示することで、購買意欲を高めることができるようになるでしょう。

環境、社会、ガバナンスに配慮する企業に積極的に投資するESG投資が世界的に盛んとなってきています。サプライチェーン排出量を把握・管理することは投資家に対するアピールにもなります。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受ける方法など、資金調達のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 便利なサービス
関連タグ CO2 CO2削減貢献量の算出サービス CO2排出量 エネルギー テックシンカー 削減 導入 株式会社 環境 算出 電力
詳細はこちら

CO2排出量ゼロ電力・燃料の導入について、利用者の購買行動による貢献量を明確にして効果的に発信できます!ーCO2削減貢献量の算出サービス提供開始

創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

便利なサービスの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「キッチハイク」による地域社会と子育て家族をつなぐワーケーションプログラム「保育園留学」が北海道厚沢別町でスタート
2021年11月29日、株式会社キッチハイクは、「保育園留学」の連携自治体・保育園の募集を開始したことを発表しました。 「保育園留学」は、地域社会と子育て家族をつなぐワーケーションプログラムです。 子…
飲食店向け店内モバイルオーダーやAI自動受付などにより飲食店のDXを推進する「トレタ」が20.3億円調達
2022年2月16日、株式会社トレタは、総額20億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 飲食店向け予約/顧客台帳サービス「トレタ」、自社サイト向けテイクアウト受付ツール「トレタ テイ…
部屋探しプラットフォーム「カナリー」運営の「BlueAge」が「Yahoo!不動産」と業務提携を拡大 賃貸物件情報掲載における連携を開始
2022年2月21日、株式会社BluAgeは、ヤフー株式会社が提供する「Yahoo!不動産」との業務提携を拡大したことを発表しました。 BluAgeは、お部屋探しプラットフォーム「カナリー(CANAR…
ゲノム編集技術などの品種改良技術×スマート養殖技術の「リージョナルフィッシュ」が20.4億円調達
2022年9月5日、リージョナルフィッシュ株式会社は、総額20億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ゲノム編集技術などを活用した超高速の品種改良技術とスマート養殖を組み合わせた次世…
外国人向け求人掲載メディアの「YOLO JAPAN」が3.3億円調達
2021年11月15日、株式会社YOLO JAPANは、総額約3億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 在留・在日外国人向けライフサポートメディア「YOLO JAPAN」や、外国人向…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ