注目のスタートアップ

ロイヤル顧客プラットフォーム「coorum」を提供する「Asobica」が3.6億円調達

company

2022年11月11日、株式会社Asobicaは、デットファイナンスにより総額3億6,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Asobicaは、ロイヤル顧客プラットフォーム「coorum(コーラム)」を提供しています。

コミュニティを軸に、収益貢献が高いロイヤル顧客と直接繋がれるプラットフォームです。

ロイヤル顧客に関するデータの収集・統合から、ロイヤル顧客を増加させるための施策の実行までをワンストップで実行できます。

また、外部のMA・SFA・CRMなどと連携してさらに多様なデータを取得し、「coorum」内で取得したデータと合わせて分析することで、CX最適化やマーケティングなどに活用することができます。

今回の資金は、「coorum」の事業拡大のための施策に充当します。

ロイヤル顧客(ロイヤルカスタマー)とは、商品・サービス・企業に愛着心を持っている顧客のことです。ファンのような存在であるともいえます。

ロイヤル顧客は優良顧客と同じように、商品・サービスの購入・利用回数が多く、企業の売上に大きく貢献しています。優良顧客と違う点は、優良顧客がより魅力的な商品・サービス・企業を見つけた場合に乗り換えてしまうことが多いのに対し、ロイヤル顧客は商品・サービス・企業に強い愛着があるため乗り換えることがないという点です。

さらに自らSNS・ブログなどで商品・サービス・企業の良さを発信してくれるため、売上・マーケティングともに重要な存在です。

しかし、ロイヤル顧客の判断のためには、これまでマーケティングで利用してきたLTVなどの指標やRFM分析では難しく、アンケートの実施や、SNSの分析、コミュニティの運営などが必要となり、専用のツールが求められます。

プロダクトの販売のためにはPRやマーケティングが重要です。とくにSNSマーケティングやファンマーケティングはリアルな顧客の声を聞けることが大きなメリットです。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期でも行えるネットを活用したPRノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Asobica coorum LTV カスタマーサクセス コーラム ファンマーケティング プラットフォーム マーケティング ロイヤル顧客 株式会社 顧客
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

卸・仕入れのプラットフォーム運営の「スペースエンジン」が1億円調達
2020年2月3日、株式会社スペースエンジンは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 メーカーと店舗をつなぐ卸・仕入れのプラットフォーム「SpaceEngine」を運営しています。 店頭…
「インテリジェント・サーフェス」が「栃木精工」と資本提携
2022年6月29日、インテリジェント・サーフェス株式会社は、栃木精工株式会社と、資本提携を実施したことを発表しました。 インテリジェント・サーフェスは、生体親和性材料「MPCポリマー(MPCoat)…
民泊支援の「matsuri technologies」が資金調達
2021年2月26日、matsuri technologies株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 以下の事業などを展開しています。 ・民泊向けPMS「m2m Systems」 ・無人チ…
CtoCマッチング事業向けシステム開発事業の「C2C」が3.8億円調達
2021年3月29日、C2C PTE. LTD.は、総額3億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 CtoCダイレクト・マッチングに必要となる基本機能を、独自に開発したプラットフォーム…
不動産投資型クラウドファンディング「CREAL(クリアル)」 累計調達額が100億円を突破
2021年6月17日、クリアル株式会社は、運営する不動産投資型クラウドファンディングサービス「CREAL(クリアル)」において、クラウドファンディングでの累計調達が100億円を突破したことを発表しまし…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ