注目のスタートアップ

垂直軸型マグナス式風力発電機を開発する「チャレナジー」が「前澤ファンド」から12億円調達

company

2022年9月22日、株式会社チャレナジーは、総額約12億円の資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、株式会社前澤ファンドです。

チャレナジーは、垂直軸型マグナス式風力発電機(マグナス風車)を開発しています。

プロペラによる揚力ではなく、円筒の回転で発生するマグナス力を利用しています。

風向・風速の変化に強いため、強風・台風などでも発電できることや、風向きに関係なく発電できることがメリットとなっています。

2018年8月に沖縄県石垣島で10kW機の実証実験を開始しています。

さらに、2020年度には10kW機を量産化し、2021年8月からフィリピンで10kW機を稼働させています。

今回の資金は、マグナス風車のさらなる大型化の開発、採用・組織体制の強化などに充当する予定です。

風力発電は、太陽光発電と違って夜間でも発電可能であることや、環境負荷の低さが注目されており、欧州では主流な再生可能エネルギーのひとつです。

国内においても風力発電の導入に向けた取り組みが進められていますが、国内の土地は欧州よりも風が弱く安定的ではないことから、風力発電の効率が悪いということが課題となっています。

さらに、国内は毎年台風が上陸することから、強風に耐えうる強度の風車が必要となることも課題となっています。

実際に2004年にあった台風では、宮古島(沖縄県)に設置されていた風車6基のうち3基が倒壊し、残る3基も被害を受けています。

チャレナジーはこれら風車の課題を、垂直軸型マグナス式風力発電機(マグナス風車)によって解決することを目指しています。

マグナス風車は、マグナス効果(マグナス力)という力学を利用した風車です。

マグナス効果とは、回転する物体に風・液体などの流体が当たった場合、流体がその回転に引きずられ、揚力が働くという現象です。野球におけるカーブやスライダーが回転させた方向に曲がることを想像してください。

チャレナジーのマグナス風車は、回転する円筒を2つ縦に設置した垂直型の風車です。マグナス効果では物体の回転数が高くなればなるほど力が大きくなるため、台風などの強い風が吹く場合には円筒の回転数を抑えることで風車の回転を抑えることが可能です。

円筒の回転ではモーターを回すための電力が必要となるものの、円筒を回転させるというシンプルな構造であるためそれほど大きな電力を必要とせず、マグナス風車自体が発電する電力で賄うことが可能です。

さらにマグナス風車は、既存の風車が抱える、騒音やバードストライク(鳥の衝突事故)の課題も解決できるという特徴があります。

チャレナジーは、フィリピンの国営電力公社と協業し、2021年8月からフィリピンでマグナス風車の初号機を稼働させています。

フィリピンではディーゼル発電が主流な発電方法であるため、再生可能エネルギーのニーズが高いのですが、日本と同じく台風が頻繁に来るという課題があります。

マグナス風車は日本だけでなくフィリピンなど台風の多い島国においても設置が可能であるため、風力発電の新たな選択肢としてどのように展開していくのか注目が必要です。

プロダクトの開発には多くの資金が必要となります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、融資だけではなく、VCから出資を受ける方法や、クラウドファンディングを成功させる方法など、資金調達に関するノウハウを紹介しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ エネルギー チャレナジー マグナス力 マグナス風車 再生可能エネルギー 前澤ファンド 垂直軸型マグナス式風力発電機 株式会社 資本業務提携 風力発電
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

動画を活用したインフォームドコンセント支援システム「MediOS」提供の「Contrea」が1.4億円調達
2021年11月16日、Contrea株式会社は、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 動画を活用したインフォームドコンセント支援システム「MediOS (メディオス) 」を…
身近に発生する法律トラブル解決を実現するサービスを開発する「キビタス」が8,000万円調達
2022年3月25日、キビタス株式会社は、総額8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 キビタスは、身近に発生する法律トラブル解決を実現するサービスを開発しています。 第1弾のプロダクト…
検索型FAQ「Helpfeel」開発・提供の「Nota」が5億円調達
2021年3月2日、Nota株式会社は、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。 検索型FAQ SaaS「Helpfeel(ヘルプフィール)」を開発・提供しています。 「Helpfeel」は…
産業用ロボットと自律移動ロボットのための技術を開発・提供する「アセントロボティクス」が10億円調達
2022年1月20日、アセントロボティクス株式会社は、総額10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 産業用ロボットと自律移動ロボットのためのインテリジェントソリューションを開発・提供しています…
「ユームテクノロジージャパン」が産業用ロボットのオンデマンド特別教育サービスを3月から提供開始
2022年2月21日、ユームテクノロジージャパン株式会社は、2022年3月から、産業用ロボットの特別教育サービスをオンデマンドで提供を開始することを発表しました。 ユームテクノロジージャパンは、オンラ…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ