注目のスタートアップ

「Recustomer」が2億円調達 新プロダクト「Recustomer 自宅で試着」を公開

company

2022年11月17日、Recustomer株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。

また、新プロダクト「Recustomer 自宅で試着」を公開したことも併せて発表しました。

Recustomerは、購入体験プラットフォーム「Recustomer」を展開しています。

ECカート連携型ワンクリック決済「Recustomer Checkout」、返品・交換・注文キャンセル業務を自動化するツール「Recustomer Return&Cancel」、注文追跡「Recustomer Tracking」の3サービスから構成されているプラットフォームです。

ワンクリック決済での購入率の上昇、商品追跡による顧客接点の創造、全自動の返品キャンセルシステムにより、顧客満足度の向上を実現します。

今回公開した「Recustomer 自宅で試着」は、ECサイトにおいてお試し購入を実現するサービスです。

顧客は試着したい商品をゼロ円で注文し、自宅で試着をしたあと、購入しない商品は返送し、購入を決定した商品分が自動決済されるサービスです。

事業者側としては、購入率・平均注文単価の上昇・顧客満足度の向上を実現できるほか、顧客への購入理由・返送理由のアンケートによりデータを取得できることなどがメリットとなっています。

今回の資金は、大手ブランド企業への導入に向けたセールスチームとカスタマーサクセスチームの強化、プロダクトのセキュリティ強化に充当します。

経済産業省の「令和3年度デジタル取引環境整備事業(電子商取引に関する市場調査)」によると、2021年の日本国内のBtoC-ECの市場規模は、20兆6,950億円(前年比7.35%増)となっています。

さらに、すべての商取引における電子商取引市場規模の割合であるEC化率については8.78%(前年比0.7%増)であり、EC市場が着実に拡大していることがわかります。

ファッションアイテムは、自身の身体にフィットするサイズ感や素材の色味・質感などが重要であるため、実店舗において実物を見て試着できることは重要な要素のひとつであり、それがファッションにおけるEC事業が伸びなかったひとつであるといわれています。

しかし近年の全体的なEC市場の伸びとコロナ禍もあり、ファッションECの利用数が伸びています。

さらにECサイトでは実物の試着ができないというデメリットをなくすため、サイズ違いの交換無料や、オンライン試着サービスなどの施策が打ち出されており、顧客に新たな購入体験が提供されています。

一方、ECにおける返品・交換はオペレーションが複雑になり、コストも増加するという課題があります。

Recustomerはこの課題を解決するため、効率的なお試し購入システムを構築する「Recustomer 自宅で試着」を公開しました。今後大手ブランドへの導入を目指すということなので、今後の成長に注目が必要です。

ECサイトはプロダクト販売のチャネルとして重要な存在です。ただ販売するだけでなく、企業・ブランドの価値観を発信するためのものとして活用することもできます。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期におけるECサイトの導入について詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ EC ECサイト Recustomer Recustomer 自宅で試着 アパレル ファッション 株式会社 試着 資金調達 顧客満足度
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ライフ・サイエンス分野の研究支援サービス「Sophiscope」開発の「fuku」が4,500万円調達
2020年10月14日、fuku株式会社は、総額4,5000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Sophiscope(ソフィスコープ)」のオープンβ版の先行利用の応募受付を開始したこ…
購入・予約の不安をなくすSNS「ビフォーパープルアフターピンク」がリリース
2019年7月8日、株式会社穴熊は、「ビフォーパープルアフターピンク(略称:ビフォパ)」のiOS版をリリースしたことを発表しました。 「ビフォパ」は、ビフォー・アフターを参考にすることで、不安なく商品…
VRライブ・プラットフォーム「VARK」運営の「ActEvolve」が資金調達
2020年3月4日、株式会社ActEvolveは、資金調達を実施したことを発表しました。 VRライブ・プラットフォーム「VARK」を運営しています。 バーチャル・アーティストのパフォーマンスを、自分が…
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォーム「ラクスル」などを運営するラクスル株式会社…
サブオービタル・スペースプレーン開発の「SPACE WALKER」が3.25億円調達
2020年6月22日、株式会社SPACE WALKERは、総額3億2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 サブオービタル・スペースプレーン(宇宙飛行機)の設計・開発を行っています。 2…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ