注目のスタートアップ

大学の技術シーズの事業化を手掛ける「ピクシーダストテクノロジーズ」が21.7億円調達

company

2022年10月3日、ピクシーダストテクノロジーズ株式会社は、総額約21億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

ピクシーダストテクノロジーズは、リアルとデジタルをつなぐ計算機インターフェースの研究開発とその実装により、さまざまな社会課題を解決することを目指しています。

また、技術的イノベーションを持続的に発生させるため、自治体・企業とのオープンイノベーションの促進、大学と連携したアカデミア発の技術を活用したビジネスによる価値創造を行っています。

具体的なプロダクトとしては、抱きかかえることで音楽を光と振動で楽しめるボール型のデバイス「SOUND HUG」、音響メタマテリアル技術を応用した透明な吸音パネル「iwasemi HX-α」、Bluetooth通信を使用した高精度屋内測位システム「hackke(ハッケ)」、超音波ヘアケアデバイス「SonoRepro」などを展開しています。

今回の資金は、「SonoRepro」「iwasemi」や今後上市予定の各種プロダクトの製造・マーケティング、新規事業のプロダクト開発・人材採用などに充当します。

社会課題の解決を実現できる科学的な発見や革新的な技術のことをディープテックといいます。

これまで大学・研究機関が発見してきた成果のうち、革新的ではあるものの、それが具体的にどのように応用できるのかという道筋がつけられず、そのまま眠っているというものもあります。

しかし近年はSDGs(持続可能な開発目標)の策定によって、世界的に社会課題解決に向けた取り組みが推進されていることもあり、こうしたディープテックに大きな期待が寄せられています。

国内でも大学が持つ技術・知見を活かすため、大学発ベンチャーの創出に向けた取り組みが活発になってきています。大学や大学コンソーシアムが組成したファンドによる大学発ベンチャーへの投資も増えてきています。

経済産業省の「令和3年度大学発ベンチャー実態等調査」によると、2020年度の大学発ベンチャー数は2,905社だったものが、2021年には3,306社と増加しています。

ピクシーダストテクノロジーズは、ヒューマンインタフェースとホログラムなど波動制御の学術的バックグラウンドを持つ2人の研究者を中心として創業されたスタートアップです。

大学や研究機関と企業をつなぐことで新たな製品の開発を行っており、すでに複数のプロダクトを展開しています。

シナジーのある企業との提携・連携は、自社の事業を大きく成長させられる可能性があります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、人脈を広げる方法や、商工会議所の活用方法など、提携先を見つけるためのノウハウを詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ アカデミア イノベーション オープンイノベーション デジタル ピクシーダストテクノロジーズ 企業 大学 株式会社 研究開発 社会課題 自治体 資金調達 連携
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

ふるさと納税の返礼品としてNFT活用を推進する「あるやうむ」が2,100万円調達
2021年12月17日、株式会社あるやうむは、総額2,100万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ふるさと納税の返礼品としてNFTがもらえるプラットフォームを開発しています。 自治体の税収増・…
AGA(男性型脱毛症)管理アプリ「HIX」運営の「エムボックス」が4,000万円調達
2021年2月24日、株式会社エムボックスは、総額約4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AGA(男性型脱毛症)管理アプリ「HIX(ヒックス)」を運営しています。 スマートフォンで髪…
学術領域の専門家による技術スポット・コンサル・サービス「Acaview」事前登録開始
2019年11月19日、株式会社POLは、「Acaview(アカビュー)」の事前登録を開始することを発表しました。 「Acaview」は、学術領域の専門家(研究者や博士など)による、技術スポット・コン…
コーディネート提案「XZ(クローゼット)」運営の「STANDING OVATION」が事業譲渡などにより2億円規模の資金調達
2020年3月18日、株式会社STANDING OVATIONは、株式会社ジンズホールディングスと、株式会社トレジャー・ファクトリーからの増資およびWebメディア「lamire(ラミレ)」の事業譲渡に…
共同購入型越境ECサービス運営の「douzo」が1億円調達
2021年6月23日、株式会社douzoは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 日本の商品を安く海外に届ける共同購入型越境ECサービス「DOUZO」を運営しています。 海外では高価で買…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ