注目のスタートアップ

中小製造業の自動化設備を設計・販売する「Robofull」が1.5億円調達

company

2022年10月3日、株式会社Robofullは、総額約1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

Robofullは、中小製造業の人手不足解消を目的に、データを活用した工場向けの自動化設備の設計・販売に取り組んでいます。

具体的には、安価に導入可能なパッケージ型自動化設備と、自動化設備と顧客ニーズをつなぐ営業支援データベース「AKINDO」を提供しています。

パッケージ型自動化設備は、標準化することでオーダーメイド開発が不要であるため、従来の自動化設備と比べて安価な製品提供を実現しています。

また、導入側企業としてもパッケージ型であるため、導入のイメージがしやすいというメリットもあります、

2022年10月現在、金属加工工程を対象に、複数のパッケージ型自動化設備を開発・提供しています。

今回の資金は、パッケージ型自動化設備の開発・ラインナップ拡充、「AKINDO」の開発・販売の加速、人員採用、組織強化などに充当します。

経済産業省は、国内企業がDX(デジタルトランスフォーメーション)を実現できなければ、2025年以降、最大で12兆円/年の経済損失が生じる可能性があると指摘しています。

DXとは、デジタル化とデータ活用によりビジネスモデルや企業そのものを変革させ、競争優位性を確立する取り組みのことです。

一般社団法人中小企業個人情報セキュリティー推進協会の「大手企業におけるDX推進」の実態調査(調査期間:2021年9月27日〜同年9月29日)によると、大手企業の82.9%がDXに取り組んでいることがわかります。

一方で、中小機構の「中小企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進に関する調査(2022年5月)」によると、中小企業のうちDXに「既に取り組んでいる(7.9%)」「取り組みを検討している(16.9%)」のは合わせて24.8%しかおらず、さらに「取り組む予定がない」中小企業が41.1%も存在しています。

とくに製造業は設備の更新・導入に高いコストがかかることから大きなデジタル化が難しく、システムの刷新、SaaSの利用などは可能でも、ロボットの導入や工場の自動化などは実現できずにいる中小製造業が散見されます。

Robofullは、中小製造業でも導入できるよう、パッケージ型の自動化設備を提供しています。パッケージ型自動化設備は、オーダーメイド型の自動化設備と比べて安価に製品を提供できるほか、導入効果を明確にできるというメリットがあります。

製造業以外でもDXの推進は大きな課題です。しかし創業期はまだなにも導入されていないまっさらな状態であるため、自らの使いやすいように最新のシステムを導入することができます。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AKINDO Robofull パッケージ パッケージ型 ロボット 中小企業 中小製造業 向上 営業支援 株式会社 自動化 製造業 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

不動産のAI査定サービス「HowMa」運営の「コラビット」が資金調達
2021年8月17日、株式会社コラビットは、資金調達を実施したことを発表しました。 不動産のAI査定サービス「HowMa」を提供しています。 物件情報を入力することで、オンライン上で簡単に自宅の価格や…
「グリーンカルチャー」の植物肉「Green Meat」が使用された料理が羊肉料理の「味坊集団」で提供開始
2021年8月12日、グリーンカルチャー株式会社は、2021年8月12日(木)から、「Green Meat」を使用したメニューが株式会社L&Lが運営する「味坊」・「羊香味坊」で提供されたことを発表しま…
「GMOあおぞらネット銀行」が法人向け請求書Web買取サービス「GMOあおぞらスピード払い」を開始
2020年11月17日、GMOあおぞらネット銀行株式会社は、GMOインターネットグループのGMOクリエイターズネットワーク株式会社と提携し、「GMOあおぞらスピード払い」の提供を2020年11月17日…
全脳の画像解析・脳健康測定プログラム「MVision シリーズ」を展開する「エム」が2.15億円調達
2022年6月9日、株式会社エムは、総額2億1,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 エムは、全脳の画像解析・脳健康測定プログラム「MVision シリーズ」を展開しています。 脳MRI…
特許評価AIシステム開発の「AI Samurai」が4.7億円調達
2019年7月31日、株式会社AI Samuraiは、総額約4億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 特許評価AIシステム「AI Samurai」の開発と、AI特許審査シミュレーショ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ