東急不動産と鹿島建設による「旧九段会館」の保存・復原プロジェクト「九段会館テラス」が10/1に開業

tips

東急不動産株式会社と鹿島建設株式会社による「九段会館テラス(KUDAN-KAIKAN TERRACE)」が2022年10月1日(土)に開業しました。

「九段会館テラス」は、登録有形文化財建造物である旧九段会館の保存・復原プロジェクトです。

旧九段会館の一部を保存しつつ、IoTを活用した地上17階建ての最新鋭のオフィスとなる新築部分が融合した施設です。

施設内には、東急不動産が展開する会員制シェアオフィス「ビジネスエアポート九段下」、社員食堂の機能を持ちつつも地域に開かれた飲食店「九段食堂 KUDAN-SHOKUDO for the Public Good」、創建当時の意匠を保存・復原した「九段会館テラスコンファレンス&バンケット」、オフィスワーカーの健康をサポートするクリニックモールなど、さまざまな付帯施設があります。

太陽の位置や天候に合せてガラスの透明度を自動調節するスマートガラス「View Smart Glass」など、最新の技術を取り入れています。

所在地:東京都千代田区九段南1-6-5
敷地面積:約8,765㎡
延床面積:約68,036㎡
規模:地下3階・地上17階
高さ:約74.9m

九段会館は、東京都千代田区九段南にあった施設です。

昭和天皇の即位を記念する事業として「軍人会館」という名称で計画され、1934年3月に竣工しました。

現役を離れた予備役の軍人で構成される組織である在郷軍人会が計画を主導し、竣工後は在郷軍人会の拠点として利用されたほか、戦前・戦後は軍の予備役などの訓練・宿泊などに利用されました。

終戦、GHQに接収されたのち、日本遺族会に払い下げられ、1957年に「九段会館」という名称で再開業を果たしました。

「九段会館」は、宿泊、結婚式場、貸しホールなどで運営されましたが、東日本大震災時のホールの天井崩落事故で死傷者が出たことにより廃業しました。

廃業後は東急不動産が落札し、一部を保存しながらオフィスビルへと建て替える計画を発表しました。

「九段会館」は、和洋折衷の建築様式である帝冠様式の代表的な建築物のひとつであり、二・二六事件など昭和史の舞台にもなりました。

歴史ある建物であるため、その価値を活かしながらも再生させる方法が求められており、東急不動産と鹿島建設の手により「九段会館テラス」として生まれ変わりました。

起業の際にはオフィスが必要となります。賃貸オフィスを契約するのも良いですがコストがかかるため、創業期はシェアオフィスなどのオフィスも選択肢に入れると良いでしょう。「冊子版創業手帳」では、賃貸オフィスや、シェアオフィス、コワーキングスペースなどを比較し、創業期に最適なオフィス形態を明らかにしています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ KUDAN-KAIKAN TERRACE オフィス オフィスビル シェアオフィス ビジネスエアポート九段下 プロジェクト 九段会館テラス 保存 復原 文化財 施設 旧九段会館 東急不動産 株式会社 登録有形文化財建造物 鹿島建設
オフィス移転手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

在庫管理SaaS「ロジクラ」提供の「ニューレボ」が1.2億円調達
2020年1月15日、株式会社ニューレボは、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 在庫管理SaaS「ロジクラ」を開発・提供しています。 倉庫でのピッキングや、検品などの業務を…
オリジナルIPのVRゲーム開発の「MyDearest」が9億円調達
2021年6月30日、MyDearest株式会社は、総額9億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オリジナルIPのVRゲームを中心に開発するエンターテインメントスタートアップです。 代表作は『東…
北海道大学発のAIベンチャー「調和技研」が3億円調達
2022年4月1日、株式会社調和技研は、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 調和技研は、AI研究を行う北海道大学大学院調和系工学研究室から生まれた、北大発認定ベンチャー企業です。 クラ…
不動産のAI査定サービス「HowMa」運営の「コラビット」が資金調達
2021年8月17日、株式会社コラビットは、資金調達を実施したことを発表しました。 不動産のAI査定サービス「HowMa」を提供しています。 物件情報を入力することで、オンライン上で簡単に自宅の価格や…
衛星データ解析コンテスト運営の「Solafune」が資金調達
2021年1月22日、株式会社Solafuneは、資金調達を実施したことを発表しました。 2020年10月から、衛星データを活用したデータ解析コンテスト「Solafune」を運営しています。 初回では…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ