注目のスタートアップ

尿によるがんスクリーニング検査「miSignal」を提供する「Craif」が「三菱UFJ銀行」と借入限度額15.2億円の融資契約を締結

company

2022年9月30日、Craif株式会社は、株式会社三菱UFJ銀行との間で、借入限度額15億2,000万円の融資契約を締結したことを発表しました。

Craifは、酸化亜鉛ナノ構造体とマイクロ流路を組み合わせた独自のデバイス「ナノワイヤデバイス」により、尿中に含まれる微量のがん細胞から分泌されるマイクロRNAを高効率に分離・回収し、AIを組み合わせて医療に応用することで、尿中バイオマーカー探索プラットフォームを構築しています。

この尿中バイオマーカー探索プラットフォームを活用したがんスクリーニング検査「miSignal(マイシグナル)」を展開しています。

2022年9月時点での対応がん種は、乳がんと卵巣がんです。

今後研究開発により順次検査可能ながん種を増加させていきます。

今回の融資は、経済産業省から産業競争力強化法に基づく革新的技術研究成果活用事業活動計画の認定を受け、独立行政法人中小企業基盤整備機構の「革新的技術研究成果活用事業円滑化債務保証制度(1)」を活用した東海3県の金融機関初の取り組みです。

がん細胞と正常細胞では分泌されるマイクロRNA(miRNA)の種類や量が異なるため、これを分析することでがんの早期発見・早期診断が実現できると期待されています。

マイクロRNAは血液にも含まれているため、大手のメーカーは血液中のマイクロRNAを取り出して分析するがん検査機を開発しています。

たとえば東芝は1滴の血液から13種類のがんを2時間以内に検知できる技術の研究開発を行っており、すでに99%の精度で識別できるまで開発が進んでいるといいます。

CraifはこのマイクロRNAによるがん検査において尿を利用する検査サービスを開発・提供しています。

血液による検査は注射によって血液を抜く、もしくは、針で皮膚を傷つけて血液を採取する必要があるため、身体的・精神的に負担があります。

また、血液検査を自宅で手軽に実施できるようにするには、衛生面の課題もクリアする必要があります。

一方、尿は採取に身体的・精神的な負担がかからず、家でも手軽に採取できるため、疾患の検査としては多くのメリットがあります。

研究開発を主体としたビジネスでは、ビジネスとして軌道に乗るまでに研究開発のための資金が必要となります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Craif miSignal がん スクリーニング ナノワイヤデバイス バイオマーカー マイクロRNA マイシグナル 三菱UFJ銀行 借入 株式会社 検査 融資
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

適性検査クラウド「ミキワメ」提供の「リーディングマーク」が5.5億円調達
2021年5月10日、株式会社リーディングマークは、総額約5億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 適性検査クラウド「ミキワメ」を開発・提供しています。 10分のアンケートに答えるだ…
クリエイター向けSNSを運営する「PortFolder」が資金調達 NFTギャラリープロジェクトを始動
2022年6月23日、株式会社PortFolderは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、NFTを表示できるNFTギャラリープロジェクト「PortFolder NFTギャラリー」を始動したこ…
農業向け自律走行型ロボット開発の「レグミン」が1.3億円調達
2019年12月20日、株式会社レグミンは、約1億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 葉物野菜の播種(種まき)から収穫までの作業を自動化するロボットを開発しています。 ロボットは障…
ラッパーのANARCHYが所属するクリエイティブチーム・レーベル「THE NEVER SURRENDERS」が資金調達
2022年6月20日、株式会社THE NEVER SURRENDERSは、3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 THE NEVER SURRENDERSは、ラッパーのANARCHY氏が所属す…
自動運転技術を開発する「ティアフォー」がGIF基金採択・資金調達 400億円規模の開発を推進
2022年7月19日、株式会社ティアフォーは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構の「グリーンイノベーション基金事業(GI基金)」の自動運転ソフトウェアに関する研究開発項目に採択されたこ…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ