注目のスタートアップ

ドローンの要素技術を研究開発する「エアロネクスト」が「KDDIスマートドローン」と業務提携

company

2022年9月22日、株式会社エアロネクストは、KDDIスマートドローン株式会社と資本業務提携契約を締結したことを発表しました。

また、KDDI株式会社が「KDDI Open Innovation Fund 3号」を通じてエアロネクストに出資したことも併せて発表しています。

エアロネクストは、ドローンの要素技術を知財化し、ライセンスプロダクトとして世界のドローン産業に広く提供することを目指しています。

さらに、要素技術・知財をベースに、パートナーと協力し、空の経済化に必要なプラットフォームを構築することを目指しています。

技術としては、ドローン機体の重心を最適化する技術「4D GRAVITY」を保有しています。

また、2021年1月に、ドローン配送サービスを主事業にする戦略子会社である株式会社NEXT DELIVERYを設立し、ドローン物流に関する実証実験などを展開しています。

セイノーホールディングス株式会社とドローン配送と陸上輸送を融合した新スマート物流「SkyHub」の開発推進や、株式会社ACSLと日本発の量産型物流専用ドローン「AirTruck」の共同開発などを展開しています。

KDDIスマートドローンとの提携により、「ドローン配送サービスの自治体への導入および導入に向けた実証実験の共同実施」、「ドローン物流に必要な機体・モバイル通信・運航管理システムの販売・導入における連携強化」を行います。

物流業界は深刻な人手不足に陥っています。

さらに、コロナ禍によって小口需要が高まったこともあり、トラック輸送などのラストワンマイル物流は業務負担が大きくなっています。

この課題を解決するには、テクノロジーを活用し省人化や効率化を実現する必要があります。

なかでもドローンによる配送は大きな省人化を実現できるものとして非常に高い注目を集めています。

EC最大手のAmazonは、2022年後半にドローン配達サービス「Amazon Prime Air」をカリフォルニア州ロックフォードで開始すると発表しています。

Amazonが構想しているドローン配達サービスは、空を飛ぶドローンによって荷物を配達するものです。

空という広大な空間を利用でき、最短距離で効率的に荷物を運べるため、将来的には多くの配達がドローンによるものになるのではないかと予想されています。

一方で、空を飛ぶドローンは安全性や認証の問題がついてまわります。

とくに空を飛ぶドローンは市街地・住宅地の上空を飛ぶことになるため、安全性についてはかなり厳しい基準になることでしょう。

エアロネクストの重心制御技術「4D GRAVITY」は、ドローンの飛行部と荷物の積細部が分離されており、ドローンが傾いたとしても、荷物は傾かず水平を保ったままにできるという技術です。

ドローンの安定性・安全性が向上するという大きなメリットがあり、荷物の運搬だけでなく、放水など反動があり制御が難しいような動作も可能となるため、災害ドローンなどにも応用できます。

ロボットやドローンの研究開発には潤沢な資金が必要となります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ 4D GRAVITY AirTruck KDDI KDDIスマートドローン NEXT DELIVERY SkyHub エアロネクスト ドローン ドローン物流 ドローン配送 技術 株式会社 業務提携 物流 研究開発
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

イヤホン型脳波計とニューロテクノロジーAIを開発する「VIE STYLE」が1.8億円調達
2022年1月13日、VIE STYLE株式会社は、総額約1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 イヤホン型脳波計によって脳波を取得し、独自開発のAIエンジンによって集中道・ストレ…
Webシステムの構築やスマートフォン・アプリ開発の「インプル」が資金調達 システム・コンサルティングの「テクノブレイブ」と業務提携
2020年12月23日、株式会社インプルは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、引受先のテクノブレイブ株式会社とは業務提携契約を締結したことも併せて発表しました。 インプルは、Webシステム…
吸水ショーツなどを展開するフェムテックブランド「Nagi」運営の「BLAST」が1.5億円調達
2022年2月9日、株式会社BLASTは、総額1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 吸水ショーツなどを展開するフェムテックブランド「Nagi(ナギ)」を運営しています。 吸水・防…
高齢者の転倒による骨折を減らす転んだ際に柔らかくなるマット「ころやわ」提供の「Magic Shilds」が1.4億円調達
2021年11月5日、株式会社Magic Shieldsは、総額1億4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 歩いているときの硬さと、転んだときの衝撃吸収性を両立した置き床である「ころや…
政策づくりのDX「issues」が6,500万円調達
2021年11月1日、株式会社issuesは、総額6,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 政策づくりのDXを推進する「issues 〜くらしの悩みをみんなで解決〜」を運営しています。 …

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ