シードステージ・アーリーステージのスタートアップを対象とするベンチャーキャピタル「Stoked capital」が設立

tips

2022年9月22日、アースウォーカートレーディング株式会社は、Stoked capitalが2022年9月7日に設立されたことを発表しました。

Stoked capitalは、シードステージ・アーリーステージのスタートアップを対象とするVC(ベンチャーキャピタル)です。

株式会社tsam代表取締役の池森裕毅氏と、アースウォーカートレーディング株式会社代表取締役の重村俊雄氏が代表を務めます。

tsamは、経済産業省 近畿経済産業局主催による「U30関西起業家コミュニティ」の共同運営、一般社団法人超教育協会による起業カリキュラム「超起業学校スタートアッププログラム」の監修、起業家向けオンラインコミュニティ「IT startup community」の運営などの事業を展開しています。

アースウォーカートレーディングは、オゾン発生器の製造・販売や、抗菌コーティング剤「TiTANO」の販売・施工、引き戸の自動ドアキット「AUTO SLIDE」の輸入販売などを展開しています。

ベンチャーキャピタル(VC)とは、スタートアップ・ベンチャー企業に出資する投資企業・組織のことです。

一般社団法人 日本ベンチャーキャピタル協会の「ベンチャーキャピタル最新動向レポート(2021年度)」によると、スタートアップの資金調達において、VCが占める割合は全体の3~4割となっており、大きな存在であることがわかります。

また、VCの国内年間投資金額は、2016年は950億円だったものが、2021年には2,276億円と増加しています。

シード期のスタートアップはまだ実績・信用がないことから融資による資金調達は難しく、そのためリスクを取りながらも出資してくれるVCは重要な存在です。

また、VCは資金以外にも独自のネットワークやリソースを提供し、出資したスタートアップの成長支援を行うことも特徴的で、相性の良いVCの支援を受けられるスタートアップは大きく成長できる可能性もあります。

スタートアップの成長には戦略的な資金調達や、相性の良いVCを見つけることが重要です。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Stoked capital VC アースウォーカートレーディング株式会社 スタートアップ ベンチャーキャピタル 株式会社tsam
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

PropTech特化のVC「デジタルベースキャピタル」が設立
株式会社デジタルベースキャピタルは、自社の設立と、PropTechに特化した最大10億円規模のファンドを組成したことを発表しました。 デジタルベースキャピタルは、PropTechスタートアップ・コミュ…
スタートアップ・スタジオ「Spirete」が始動
2019年11月18日、Spirete株式会社は、本格的に事業を開始したことを発表しました。 事業コンセプト立案から、シード資金調達、プロトタイプ開発、シリーズA資金調達(メンバー企業による買収)まで…
ベンチャー企業データベース運営の「フォースタートアップス」が米国「Crunchbase」と提携
2019年7月16日、フォースタートアップス株式会社は、Crunchbase, Inc.と業務提携したことを発表しました。 フォースタートアップスは、国内の成長産業領域におけるスタートアップ・ベンチャ…
大手からの資金流入続く「博報堂」が100億円規模のCVCを設立
株式会社博報堂DYホールディングスは、株式会社博報堂DYベンチャーズを設立し、「HAKUHODO DY FUTURE DESIGN FUND」を組成したことを発表しました。 株式会社博報堂DYベンチャ…
サムライ榊原×佐藤可士和 「サムライインキュベート」が佐藤可士和氏によりブランド刷新
2019年7月2日、株式会社サムライインキュベートは、2019年7月2日(火)から子会社も含めた当社グループ全体で新VI(ヴィジュアル・アイデンティティ)の導入、および行動指針の刷新を行うことを発表し…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ