注目のスタートアップ

家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO emo」などを展開する「ユカイ工学」が資金調達

company

2022年9月13日、ユカイ工学株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

ユカイ工学は、多種多様なコミュニケーションロボットの開発・販売や、ロボティクスの知見をベースとした製品開発支援・事業開発支援を手掛けています。

コミュニケーションロボットとしては、しっぽが動くクッション型ロボット「Qoobo」シリーズ、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO emo」、甘噛みロボット「甘噛みハムハム」、ロボットキットなどを開発・販売しています。

「BOCCO emo」は、音声メッセージの送受信、リマインド、天気情報の配信、ハンズフリー通話、センシングなどの機能により、家族をつなぐコミュニケーションロボットです。

専用アプリからは、家族内のメッセージのやりとり(音声メッセージの送信、テキストメッセージの読み上げ)や、別売りのセンサーモジュールを利用することで、家族の帰宅の通知や、温度・湿度、鍵の管理なども可能となります。

「BOCCO emo」を活用し、高齢者の見守り・服薬支援、フレイル(虚弱)予防、育児相談などの子育て支援、住宅販売における無人内見など、幅広いサービス・ソリューションを提供することを目指しています。

今回の資金は、ロボティクスに関する研究開発、人材採用・育成に充当します。

資本提携を行った各社とは事業連携を強化し、事業拡大と成長を加速し、上場を目指します。

人間とのコミュニケーションやセラピー効果を目的としたロボットをコミュニケーションロボットといいます。

コミュニケーションロボットには、ヒト型のものや、犬・猫などを模したペット型のものなどさまざまなものがあります。

とくにペット型のロボットは、マンションなどでペットを飼えない人などが代替として購入することが多いといわれています。

国内では核家族化の進展や共働き世帯の増加により、子どもがひとりで家にいる時間が長くなっています。

この状況において親は、子が事故などに遭わずちゃんと帰ってきたのか、体調を崩していないか、家に問題が生じていないかなど、さまざまな不安を抱えたまま生活しなくてはなりません。

そのため子にスマートフォンなどの端末を持たせることもありますが、インターネットとつながる環境を与えてしまうことで、ネットを通じた何らかのトラブルに巻き込まれてしまうのではないか、動画・ゲームばかりにかまけてしまうのではないかといった新たな不安が生じます。

コミュニケーションロボットは、こうしたスマートフォンを持たせたくない子どもとのコミュニケーション手段としても利用できます。

また、カメラやセンサーなどを搭載することで遠隔での見守りにも活用できることから、保育施設や高齢者施設において導入される事例も増えています。

革新的なプロダクトの開発には、潤沢な資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BOCCO BOCCO emo Qoobo コミュニケーション コミュニケーション・ロボット コミュニケーションロボット メッセージ ユカイ工学 ロボット ロボティクス 家族 株式会社 見守り 資金調達 音声 高齢者
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

中小企業製造業工場向け案件管理・経営判断支援SaaS「monit」運営の「トランスミット」が1.24億円調達
2021年10月14日、トランスミット株式会社は、総額1億2,400万円の資金調達を実施したことを発表しました。 中小企業製造業工場の案件管理や経営判断を支援するSaaS「monit(モニット)」を運…
アパレル生産管理SaaS提供の「DeepValley」が請求書買取の「OLTA」と業務提携
2019年12月6日、株式会社DeepValleyは、OLTA株式会社と、業務提携契約を締結したことを発表しました。 DeepValleyは、アパレル生産管理SaaS「AYATORI」を運営しています…
デジタル・クリエイティブ・スタジオ「Sun Asterisk」が10億円調達
2019年12月4日、株式会社Sun Asteriskは、約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、農林中央金庫です。 Sun Asteriskは、国内外に総勢1,500名のエンジ…
ビジネスニュースをAIによって分類して届ける「Anews」などを展開する「ストックマーク」が11億円調達
2022年8月9日、ストックマーク株式会社は、総額11億円の資金調達を実施したことを発表しました。 ストックマークは、ナレッジシェア推進サービス「Anews」と、世界中のビジネスニュースをもとにAIが…
オンライン・マルシェ「食べチョク」運営の「ビビッドガーデン」が2億円調達
2019年10月2日、株式会社ビビッドガーデンは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オンライン・マルシェ「食べチョク」を運営しています。 こだわりの生産者から、直接商品を購入できるオ…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ