注目のスタートアップ

ハードウェア開発のデータ一元管理クラウドサービス「PRISM」開発の「Things」が資金調達

company

2021年12月3日、株式会社Thingsは、資金調達を実施したことを発表しました。

ハードウェア開発のデータ一元管理クラウドサービス「PRISM」を開発しています。

図面・CAD・回路図・部品表・変更履歴・仕様などをクラウド上で一括管理できるサービスです。

「PRISM」の品質向上を目的とした、無償βモニターの募集を開始しています。モニターには初年度のライセンス料の無償化と、無償のDXコンサルティングの提供を行います。

製造業におけるデジタル化は、これまで人力で行っていた作業や紙での情報管理などのアナログで非効率的な業務を、システム、ロボット、IoT機器などのテクノロジーを活用することにより改善し、生産性を向上させることを目的としています。

現在製造業において、生産管理・在庫管理のシステム化・ペーパーレス化、生産ラインへのロボットやAI機器の導入、データ収集・可視化を目的とした既存の施設・機器にIoT機器を取りつけなどのデジタル化が進んでいます。

特にデジタル化ではデータ管理が重要です。従来までの製造業では情報の共有が上手くいっていないことで業務効率の低下やコストの肥大化を招いていました。デジタル化を行いデータを適切に管理することで、業務効率を大きく向上させることができます。

また、アナログな設備を使っているとデータを取得することが難しいため、新たな設備の需要や、アナログ計器を自動で読み取るIoTの需要も大きく高まっています。

株式会社Things代表取締役CEO 鈴木 敦也氏のコメント

今回のニュースにつきまして、株式会社Things代表取締役CEO 鈴木 敦也氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的はなんですか?

今回の資金調達を通じてエンジニアの採用およびマーケティング投資を進め、プロダクトの正式ローンチに向け事業を推進して参ります。

・今後の展望を教えください。

将来的にはハードウェア開発プラットフォームのデファクトスタンダードとしてあらゆる製造業システムに連携し、製造業が「あうんの呼吸」でモノづくりを推進できる土台を提供して参ります。

・読者へのメッセージをお願いします。

現在弊社ではエンジニアの採用およびプロダクトのモニター企業様を募集中です。
創業間もない会社ですが、共にプロダクトの完成を目指していただける方のご応募をお待ちしております。詳細は下記をご参照ください。
https://mono-prism.jp

製造業以外でも生産性の向上のためにはシステムの導入が有効です。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CAD PRISM Things クラウド データ ハードウェア ものづくり 一元管理 図面 株式会社 生産管理 製造業 資金調達 開発
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

縦型ショート動画のマーケットプレイスを提供する「kamilas4am」が2,400万円調達
2022年9月8日、kamilas4am株式会社は、総額2,400万円の資金調達を実施したことを発表しました。 kamilas4amは、東南アジアにおいてスモールビジネスとスタートアップ向けの縦型ショ…
在庫管理SaaS「ロジクラ」提供の「ニューレボ」が1.2億円調達
2020年1月15日、株式会社ニューレボは、総額1億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 在庫管理SaaS「ロジクラ」を開発・提供しています。 倉庫でのピッキングや、検品などの業務を…
「クラウドエース」と「JQ」が共同でDX全社構想立案コンサルティングサービス「DXランチャー」を提供開始
2020年10月15日、クラウドエース株式会社は、株式会社JQと共同で、「DXランチャー」の提供を開始したことを発表しました。 クラウドエースは、 Google Cloudを専門としており、クラウドの…
本の要約サービス「flier」運営の「フライヤー」が6億円調達
2022年5月27日、株式会社フライヤーは、総額約6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 フライヤーは、本の要約サービス「flier」を運営しています。 主にビジネス書を1冊10分程度で読める…
行政サービス情報を標準化する「ユニバーサルメニュー」を活用したサービスを提供する「アスコエパートナーズ」が資金調達
2020年7月28日、株式会社アスコエパートナーズは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、引受先である株式会社電算システムとは業務提携契約も締結しています。 国・自治体行政サービス情報をわか…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ