注目のスタートアップ

ハードウェア開発のデータ一元管理クラウドサービス「PRISM」開発の「Things」が資金調達

company

2021年12月3日、株式会社Thingsは、資金調達を実施したことを発表しました。

ハードウェア開発のデータ一元管理クラウドサービス「PRISM」を開発しています。

図面・CAD・回路図・部品表・変更履歴・仕様などをクラウド上で一括管理できるサービスです。

「PRISM」の品質向上を目的とした、無償βモニターの募集を開始しています。モニターには初年度のライセンス料の無償化と、無償のDXコンサルティングの提供を行います。

製造業におけるデジタル化は、これまで人力で行っていた作業や紙での情報管理などのアナログで非効率的な業務を、システム、ロボット、IoT機器などのテクノロジーを活用することにより改善し、生産性を向上させることを目的としています。

現在製造業において、生産管理・在庫管理のシステム化・ペーパーレス化、生産ラインへのロボットやAI機器の導入、データ収集・可視化を目的とした既存の施設・機器にIoT機器を取りつけなどのデジタル化が進んでいます。

特にデジタル化ではデータ管理が重要です。従来までの製造業では情報の共有が上手くいっていないことで業務効率の低下やコストの肥大化を招いていました。デジタル化を行いデータを適切に管理することで、業務効率を大きく向上させることができます。

また、アナログな設備を使っているとデータを取得することが難しいため、新たな設備の需要や、アナログ計器を自動で読み取るIoTの需要も大きく高まっています。

株式会社Things代表取締役CEO 鈴木 敦也氏のコメント

今回のニュースにつきまして、株式会社Things代表取締役CEO 鈴木 敦也氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的はなんですか?

今回の資金調達を通じてエンジニアの採用およびマーケティング投資を進め、プロダクトの正式ローンチに向け事業を推進して参ります。

・今後の展望を教えください。

将来的にはハードウェア開発プラットフォームのデファクトスタンダードとしてあらゆる製造業システムに連携し、製造業が「あうんの呼吸」でモノづくりを推進できる土台を提供して参ります。

・読者へのメッセージをお願いします。

現在弊社ではエンジニアの採用およびプロダクトのモニター企業様を募集中です。
創業間もない会社ですが、共にプロダクトの完成を目指していただける方のご応募をお待ちしております。詳細は下記をご参照ください。
https://mono-prism.jp

製造業以外でも生産性の向上のためにはシステムの導入が有効です。「冊子版創業手帳」では、社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ CAD PRISM Things クラウド データ ハードウェア ものづくり 一元管理 図面 株式会社 生産管理 製造業 資金調達 開発
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

インハウスAI動画編集クラウド「Video BRAIN」など提供の「オープンエイト」と「凸版印刷」が業務提携
2020年11月27日、株式会社オープンエイトは、凸版印刷株式会社と業務提携契約を締結したことを発表しました。 オープンエイトは、インハウスAI動画編集クラウド「Video BRAIN」や、動画自動生…
良質なインフルエンサーを探せる無料マーケティング支援ツール「LISTUP」がリリース
2021年7月29日、株式会社ウルフは、「LISTUP」を2021年7月28日に正式リリースしたことを発表しました。 「LISTUP」は、良質なインフルエンサーを探せる無料マーケティング支援ツールです…
「Hacobu」が物流業界の脱FAX/脱電話をサポートする配送案件管理サービス「MOVO Vista」をローンチ
2020年10月2日、株式会社Hacobuは、「MOVO Vista(ムーボ・ヴィスタ)」をローンチしたことを発表しました。 「MOVO Vista」は、荷主企業、元請企業、協力運送会社のコミュニケー…
調剤薬局向け電子薬歴システム「Musubi」提供の「カケハシ」が13億円調達
2022年2月17日、株式会社カケハシは、総額13億円の資金調達を実施したことを発表しました。 調剤薬局向け電子薬歴システム「Musubi(ムスビ)」を提供しています。 電子薬歴による業務効率化だけで…
ニュース・アプリ運営の「スマートニュース」が米国事業の加速のために31億円調達
2019年8月5日、スマートニュース株式会社は、総額31億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、日本郵政キャピタルなどです。 スマートフォン・タブレット向けニュース・アプリ「Smart…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ