注目のスタートアップ

新規事業やITサービス開発を支援するデザインワークスペースを提供する「LibeLi-io」が資金調達

company

2022年8月17日、株式会社LibeLi-ioは、資金調達を実施したことを発表しました。

LibeLi-ioは、デザインワークスペース「LibeLi-io(リベリオ)」を提供しています。

新規事業やITサービス開発において、アイデア・企画・設計などすべてのシーンに応じて最適なフォーマットを提供するSaaSです。

チーム開発で必要な、“全体の進め方”と“各プロセスのアウトプット”をビジュアルとしてわかりやすく作成管理できます。

作図やボードなどさまざまなフォーマットでドキュメントを作成でき、同時編集機能によってリモートワークにも対応しています。

今回の資金は、サービス拡充や、それに伴う人員拡充に充当する予定です。

チームでプロジェクトを進めていくには、スムーズなファイルの共有、コミュニケーション、ドキュメントのリアルタイム編集、進捗管理などさまざまな機能が必要となります。

これらチームで必要となる機能を提供するサービスをコラボレーションツールといいます。

しかしチーム作業では、エクセル、ワード、チャット、進捗管理、バージョン管理など多種多様なツールを利用することになるため、必要な情報を確認したり、プロジェクトがどのように進んでいるのか確認することが難しくなります。

LibeLi-ioは、こういったチームプロジェクトの課題を解決するため、プロジェクトの進め方の作成・ビジュアル化と、ドキュメントを作成・管理・共有などができるデザインワークスペース「LibeLi-io」を提供しています。

株式会社LibeLi-ioのコメント

このニュースを受けまして、株式会社LibeLi-io 代表取締役 金誠樹氏よりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

主に追加機能の開発及び日本及び海外に向けたマーケティング活動を行うことを目的としております。

・今後の展望を教えてください。

私たちはリースと共にグローバルでLibeLi-ioを展開しており、今後も国内外問わず広げていきたいと思っております。

現状まだ私たちが考えるプロダクトの完成度としてはまだまだ足りない物や機能が沢山あり今後ユーザーの皆様のご意見をもとにグローバルスタンダードなプロダクトを開発し続けていきます。

まずはアジア圏をターゲットとした展開を強化してまいりたいと思っております。

直近のプロダクトマイルストーンとしましては、プロジェクトの進め方に+アルファでプロセス(マイルストーン)のスケジュールの管理ができる機能や、新しいフォーマットの追加などを検討しております。

・読者へのメッセージをお願いします。

昨今プロジェクトを推進する役割の人が圧倒的に足りないという状況に陥っており、その課題を払拭すべくLibeLi-ioを立ち上げました。

率直に私自身のほぼ全ての財産を投じ、3年にわたり企画設計開発を進めてまいりました。

LibeLi-ioが解決しようとしている課題は、私自身の人生で常に感じてきたものばかりで、それはプロジェクトに携わる皆様にとっても共感頂ける課題ばかりだと考えております。

まだまだ立ち上がったばかりで足りない機能なども多くございますが、確実に皆様を満足させることができるプロダクトへ進化していくと強く信じており、また必ずそのような素晴らしいサービスに仕上げてまいります。

LibeLi-ioは現段階から確実に様々な進化を遂げていくプロダクトになることは明確で大きな変貌を遂げる道筋はすでに考えています。

それらを一つ一つ段階的に皆様に提供しフィードバックを頂きながら、世界中のプロジェクトの品質を上げられるサービスにしていきたいと思います。

私たちはLibeLi-ioの進化は止まらず常に変化をもたらすこと間違いないと自負しています。

また日本でもグローバルで通用するサービスを作れるというところを示していきたいと思います。

皆様と一緒に作りあげ進化していく“コラボレーションワークスペースLibeLi-io”を何卒よろしくお願い申し上げます。

リモートワークをはじめるためには、Web会議ツールやコラボレーションツールなどの導入が必要となります。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「リモートワーク手帳」では、リモートワークをはじめるために必要なものや、快適なリモートワーク環境を実現するツールについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ LibeLi-io チーム チーム・コラボレーション デザインワークスペース プロジェクト リベリオ ワークスペース 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

チャーター船予約プラットフォーム運営の「Portl」が資金調達 正式版も併せてリリース
2020年9月21日、株式会社Portlは、資金調達を実施したことを発表しました。 また、「Portl(ポートル)」の正式版を9月20日にリリースしたことも併せて発表しました。 「Portl」は、船を…
「ジャフコグループ」が「フジテックス」に資本参加
2022年7月28日、ジャフコグループ株式会社は、株式会社フジテックスに対し戦略的パートナーとして資本参加したことを発表しました。 フジテックスは、販促事業、環境事業、エネルギー事業、物流事業、リユー…
企業向けリスク・データベースの提供などの「KYCコンサルティング」が資金調達
2020年5月12日、KYCコンサルティング株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、西武しんきんキャピタル株式会社です。 KYCコンサルティングは、企業向けリスク・データベースの…
モバイル・オーダー・サービス「LOOP」提供の「ShockTech」とメニュー・ブック制作の「メニューデザイン研究所」が業務資本提携
2020年10月28日、株式会社ShockTechは、株式会社メニューデザイン研究所と業務資本提携契約を締結したことを発表しました。 ShockTechは、オーダー・データ・プラットフォーム・サービス…
生体データ事業など展開の「enstem」が2,500万円調達
2020年6月25日、株式会社enstemは、総額2,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 生体データ事業と、マーケティング・デザイン事業を展開しています。 今回、生体データ事業で積み重…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ