注目のスタートアップ

モバイルオーダーアプリ「funfo」提供の「ファンフォ」が資金調達

company

2022年8月17日、ファンフォ株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。

ファンフォは、モバイルオーダーアプリ「funfo」を提供しています。

1台のiPadとテーブルへのQRコードの配置によって、飲食店の店内モバイルオーダーを構築するサービスです。

顧客はテーブルに配置されたQRコードをスマートフォンで読み込むことで、専用アプリのインストールなど不要でWebブラウザから注文することができます。

また、LINEミニアプリと連携したモバイルオーダーも可能です。LINEミニアプリと連携することで友だち登録を促し、クーポンやキャンペーン情報などを配信することができます。

初期費用・月額費用は無料であるため、小規模な飲食店でもモバイルオーダーを開始できます。

今回の資金は、人材採用、開発推進に充当します。

今後一部の高度な機能を有料で提供することを検討しています。

飲食店はコロナ禍によって非常に深刻なダメージを受けることになりました。

感染症対策のために非接触でのサービスの提供が求められ、キャッシュレス決済の導入、注文のデジタル化(モバイルオーダー)、混雑具合の可視化などに取り組む飲食店が急激に増加しました。

ファンフォが手掛けているモバイルオーダーとは、顧客自身のスマートフォンによって料理を注文できるシステムのことです。

これまで飲食店での注文は、テーブルに備えつけてあるメニューから料理を選び、店員を呼んで口頭で料理を注文するというものが一般的でした。

一方でこの方法は、コミュニケーションエラーなどによる注文のミスや、ホールスタッフが必要となるなどの課題を抱えています。

そのため、顧客に伝票を書いてもらったり、店内に備えつけたタブレットによって注文するといった注文方法を導入する飲食店もあります。

こうした方法は注文業務が効率化されますが、前者は顧客に負担を強いること、後者はタブレットやシステムの導入にコストがかかることが課題となります。

また、これらの方法は感染症対策の観点からも新たな方法が求められていました。

そこで登場したのがモバイルオーダーです。

顧客が持っているスマートフォンを利用できるためタブレットの設置などが不要になるほか、感染症対策としても有効であることからコロナ禍において導入する飲食店が増加しました。

また顧客のスマホを活用するため、顧客情報を収集しやすいという特徴があり、データドリブンな飲食店経営においても重要なものとなっています。

累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の飲食に特化した別冊「飲食開業手帳」」では、出店に関するノウハウや、資金繰りの改善方法、スタッフの採用・教育など、飲食店の開業に必要なノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ funfo LINE キャンペーン クーポン ファンフォ モバイル・オーダー モバイルオーダー 株式会社 資金調達 飲食店
飲食開業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「スカリー」が企業向け動画制作サービス「ネイティブドラマ」プロジェクトをスタート
2022年1月28日、スカリー株式会社は、「ネイティブドラマ」プロジェクトを開始したことを発表しました。 「ネイティブドラマ」は、企業のリアルなエピソードを、有名人・プロの役者・クリエイターがノンフィ…
海外進出支援プログラム「X-HUB TOKYO OUTBOUND PROGRAM 2021 シリコンバレーコース」が開催 申込締切・11/5
2021年10月15日、ジェトロ・スタートアップ支援課は、「X-HUB TOKYO OUTBOUND PROGRAM 2021 シリコンバレーコース」のエントリーを開始したことを発表しました。 「X-…
定款の認証の手数料が改定 一律5万円が資本金額により3~5万円に
日本公証人連合会は、「会社の定款手数料の改定」について発表しました。 これまで株式会社・特定目的会社の定款の認証の手数料は、一律5万円でした。 今回の改定により、2022年1月1日から以下の手数料にな…
LINEを活用したマーケティングツール「MicoCloud」提供の「Micoworks」が資金調達
2021年9月30日、Micoworks株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 LINEを活用したマーケティングツール「MicoCloud(ミコクラウド)」を提供しています。 LINEを軸…
次世代型ブロックチェーン技術「Grid Ledger System(GLS)」を開発する「アーリーワークス」が1億円調達
2020年7月31日、株式会社アーリーワークスは、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 次世代型ブロックチェーン「Grid Ledger System(GLS)」を開発・展開しています…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ