遠隔共同子育てロボットを開発する「ChiCaRo」 東芝の「顔認識AIカオメタ」を応用した新サービスの共同開発へ

tips

2022年8月10日、株式会社ChiCaRoは、「Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2022」に採択され、東芝デジタルソリューションズ株式会社の「顔認識AIカオメタ」を応用した、新サービスの開発を試みることを決定したと発表しました。

ChiCaRoは、遠隔共同子育てロボット「ChiCaRo(チカロ)」を開発しています。

顔となる部分にモニターを搭載した、子ども向けコミュニケーションロボットです。

タブレットなどから簡単に遠隔で操作でき、追いかけっこやかくれんぼなどによって子どもと遊ぶことができます。

離れて住む祖父母などと子どもの触れ合い・コミュニケーションを実現し、ひとりで家事と育児を担当している母親をサポートすることを目的としています。

「ChiCaRo」は電気通信大学とのロボットと子どものインタラクションに関する共同研究から生まれたロボットで、電気通信大学 長井研究室が実施した実証実験では、育児ストレスを低減する効果が立証されています。

「顔認識AIカオメタ」は、映像から人物を特定する顔認識AIです。

「カオメタ」技術と「ChiCaRo」を組み合わせ、取得した子どものデータを個別に解析し保育士・保護者に提供することで、保育の質の向上や子どもの理解促進の実現を目指します。

ロボットは、工場や物流倉庫などにおけるモノの運搬、手術現場における医師のサポート、飲食店での配膳などさまざまな場所で活用されています。

また、こうした業務効率化や高度化のためだけではなく、人間とのコミュニケーションなどを目的としたロボットも昔から提供され続けています。

この人間とのコミュニケーションを目的としたロボットをコミュニケーションロボットといいます。

コミュニケーションロボットは、ヒト型のものや、犬・猫などを模したペット型のものなどさまざまなものがあります。とくにペット型のロボットは、マンションなどでペットを飼うことができない人などが代替として購入されることが多いといわれています。

こうしたコミュニケーションロボットは、人間のストレスなどを低減する効果があることがわかっています。

また、カメラやセンサーなどを搭載することで遠隔での見守りにも活用できることから、保育施設や高齢者施設において導入される事例も増えています。

近年子育てにおいては、核家族化の進展もあり、母親ひとりで家事と子育てを行うワンオペ育児が社会課題となっています。

ChiCaRoは、このワンオペ育児をコミュニケーションロボットによって解決することを目指しています。

革新的なプロダクトの開発には、潤沢な資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ AI ChiCaRo コミュニケーション コミュニケーション・ロボット サポート チカロ ロボット ワンオペ育児 共同 共同研究 共同開発 子ども 子育て 家事 操作 東芝 東芝デジタルソリューションズ 株式会社 母親 育児 遠隔 顔認識AIカオメタ
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

植物性食品のオンライン・マーケットプレイス「Vegewel Marché」運営の「フレンバシー」が資金調達
2020年7月2日、株式会社フレンバシーは、資金調達を実施したことを発表しました。 プラントベース食品(植物性食品)のオンライン・マーケットプレイス「Vegewel Marché(ベジウェル マルシェ…
IP/コンテンツホルダーがウォレットや暗号資産不要でNFTを提供できるサービス「Stella」(α版)をリリース
2022年5月18日、microverse株式会社は、「Stella(ステラ)」のα版をリリースしたことを発表しました。 「Stella」は、IP/コンテンツホルダーがウォレットや暗号資産不要で、ファ…
小規模分散型水循環システムを開発する「WOTA」 「新明和工業」からの出資が決定
2022年8月10日、WOTA株式会社は、新明和工業株式会社から出資を受けることを決定したことを発表しました。 WOTAは、持ち運べる水再生プラント「WOTA BOX」・水循環型手洗いスタンド「WOS…
アバターと働く異世界空間プラットホーム「ViKet Town」が正式ローンチ
2022年7月25日、冒険社プラコレは、「ViKet Town(ビケットタウン)」を正式ローンチしたことを発表しました。 「ViKet Town」は、アバターと働ける、仲間だけの異世界空間を創造できる…
日本のアニメ作品の世界流通を手がける「REMOW」が2.3億円調達
2022年9月2日、REMOW株式会社は、総額2億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社小学館集英社プロダクション、東映株式会社、株式会社博報堂DYミュージック&ピ…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ