注目のスタートアップ

ユニコーン企業・非上場スタートアップ投資の「HiJoJo Partners」が11.5億円調達

company

2022年8月2日、HiJoJo Partners株式会社は、総額約11億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

HiJoJo Partnersは、ユニコーン企業を中心に国内外の非上場スタートアップ企業に投資するファンドを組成・販売・運用しています。

法人・富裕層向けのファンドだけでなく、100万円から投資できる個人投資家向けユニコーンファンドも提供し、国内外の有望なスタートアップ企業への投資機会の民主化と、スタートアップエコシステムの発展に貢献しています。

ユニコーン企業とは、企業としての評価額が10億ドルを超える非上場スタートアップのことです。

近年ユニコーン企業は、非上場のまま大きく成長してから上場するケースが多くなっています。IPO時には株価が上がることが多いため、IPO前に公開されていない株を手に入れ、IPO後に売ることでリターンを得るIPO投資の対象として人気となっています。

一方でIPO投資は比較的低リスクでリターンを得られる人気の投資手法であるため、IPO株を購入するためには購入枠の抽選に応募して当選する必要があります。

HiJoJo Partnersは、IPO投資が競争率の高い抽選となることから、近い将来IPOやM&Aの可能性が高いユニコーン企業を厳選して投資するプレIPO投資戦略を展開しています。

企業の成長には資金調達が重要です。国内のスタートアップは資金調達の機会が限られていることが課題となっていましたが、スタートアップ活性化のためさまざまな取り組みが進められています。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウや、クラウドファンディングを成功させる方法など、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ HiJoJo Partners スタートアップ ファンド ユニコーン企業 個人投資家 投資 株式会社 組成 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

メールやチャットツールを一元管理できる「OneChat」がリリース
2022年9月12日、OneChat株式会社は、「OneChat」(Mac版)をリリースしたことを発表しました。 「OneChat」は、メールやチャットツールなど複数のメッセージツールをひとつのアプリ…
自然言語AI搭載アド・ネットワーク「CANDY」運営の「スリーアイズ」が資金調達
2019年9月25日、株式会社スリーアイズは、資金調達を実施したことを発表しました。 自然言語AIを搭載するアド・ネットワーク「CANDY」を開発・運営しています。 cookieを参照せず、高精度な記…
データ分析SaaS「Sales Rush Board」を提供する「Srush」が1.8億円調達
2022年7月4日、株式会社Srushは、総額1億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 Srushは、データ分析SaaS「Sales Rush Board」を提供しています。 連携デ…
信頼でつながるキャリアSNS運営の「YOUTRUST」が4.5億円調達
2021年8月30日、株式会社YOUTRUSTは、総額4億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 信頼でつながるキャリアSNS「YOUTRUST」を運営しています。 つながりのある人か…
成長企業向け法人カード提供の「UPSIDER」が資金調達
2022年7月13日、株式会社UPSIDERは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、みずほキャピタルと、SMBCベンチャーキャピタルです。既存株主である三菱UFJキャピタルとあわせ、国内…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ