注目のスタートアップ

不動産価格査定エンジンAPIなど不動産テックサービスを開発・提供する「エステートテクノロジーズ」が5億円調達

company

2022年8月3日、エステートテクノロジーズ株式会社は、総額約5億円の資金調達を実施したことを発表しました。

エステートテクノロジーズは、独自アルゴリズムで不動産ビッグデータを解析して不動産価格の査定を行う「不動産価格査定エンジンAPI」や、顧客の志向に合わせて物件と推定相場価格を表示する「不動産追客ロボットサービス」、対象物件のある地域の自然災害・犯罪リスクなどを入手できる「「暮らし」「リスク」データ提供サービス」などの法人向けサービスや、相場価格と暮らしの評価付き自動物件提案サービス「Dr.Asset レコメンダー」、不動産AI査定サービス「Dr.Asset チェッカー」などの個人向けサービスを展開しています。

今回の資金は、不動産価格査定エンジンのさらなる強化と全国展開、ウェルスマネジメント向け不動産管理システムや不動産追客ロボットサービスなど企業向けAPI提供事業の加速に充当します。

不動産を売買する際には、対象となる不動産の価値を査定する必要があります。

しかし不動産の価値は、立地・築年数・状態・周辺環境・周辺事例・方角などさまざまな要素から総合的に判断されるものであるため、専門的な知識を持った者でないと査定できません。

不動産の所有者としては不動産会社に依頼しなくては不動産の価値が把握できないことと、その価値が正しいのかわからないこと、つまり査定の透明性が課題となっています。

不動産会社としては、査定は不動産取引の入り口でもあるため無料で実施している会社も多いのですが、査定が必ずしも取引につながるわけではないため、質を高めながら効率化する必要があります。

AIによる不動産査定はこれらの課題の解決を目的としたサービスです。

AI査定を活用することで、不動産会社は査定業務を効率化し、より多くの顧客からの依頼を受けることが可能となります。

また、個人向けのAI査定サービスがオンラインで提供されることで、不動産の所有者は気軽に所有している不動産の価値を把握することが可能となります。

AIはさまざまな領域で活用され、大きなイノベーションをもたらしています。業務においても大幅な効率化を実現してくれるものがあるため、自社に合ったものを導入できれば大きな助けとなってくれるでしょう。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、創業期の社内システムの整備ノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ API Dr.Asset レコメンダー エステートテクノロジーズ エンジン 不動産 不動産テック 不動産価格査定エンジンAPI 価格 提案 査定 株式会社 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

譲渡型賃貸住宅「家賃が実る家」提供の「Minoru」が3,910万円調達
2020年5月18日、株式会社Minoruは、総額3,910万円の資金調達を実施したことを発表しました。 株式投資型クラウドファンディング「FUNDINNO(ファンディーノ)」において実施した資金調達…
クラウド型メールサービス「yaritori」提供の「Onebox」が2,000万円調達
2022年6月22日、Onebox株式会社は、2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社ココナラスキルパートナーズです。 また、2022年4月21日には総額4,000万…
住宅ローン・マッチング・サービス「モゲチェック」運営の「MFS」が6.3億円調達
2021年2月15日、株式会社MFSは、総額6億3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 住宅ローン・マッチング・サービス「モゲチェック」を運営しています。 過去4,000件以上の審査結…
パーソナライズ幼児教育キット提供の「Palett」が事業開発を行う「アルゴリズム」と資本業務提携
2022年5月18日、株式会社Palettは、株式会社アルゴリズムと、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 Palettは、3~6歳の子どもを対象としたパーソナライズ幼児教育キット「クラウン…
動物向けのiPS細胞由来再生医療等製品開発の「Vetanic」が1.5億円調達
2021年7月15日、株式会社Vetanicは、1億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 日本大学と慶應義塾大学発のスタートアップ・ベンチャーで、動物向けのiPS細胞由来再生医療等製…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ