注目のスタートアップ

セラピスト向けレンタルサロンプラットフォーム「minoriba」を運営する「Bulls」が1億円調達

company

2022年7月21日、株式会社Bullsは、総額1億円の資金調達を実施したことを発表しました。

セラピスト向けレンタルサロンプラットフォーム「minoriba」を運営しています。

ホテル・プライベートサロン・鍼灸院・整骨院などの一室を、セラピスト向けのレンタルサロンとして提供するプラットフォームサービスです。

またレンタルサロンとしてのマッチングだけでなく、レンタルサロンとしてのオープンに向けた準備から、オープン後の運営までを伴走支援しています。

2022年6月時点で、1,600人のセラピストが登録し、5都道府県60のスペースを提供しています。

国内のリラクゼーション市場は、コロナ禍によって縮小してしまいましたが、コロナ以前の2018年の市場規模は約1,200億円で、拡大を続けていました。

リラクゼーション業は簡単な設備で事業をはじめられることから参入が相次ぎ、店舗数についてはコンビニの約2倍にものぼるというデータもあります。

リラクゼーション業界ではコストを抑えつつリスクを低減するため、セラピストとは業務委託契約を結ぶことが一般的です。

セラピスト側にとっては、施術が多いほど収入が得られる、働く時間をコントロールできるというメリットがある一方で、収入が不安定、労働者として保護されないことなどのデメリットもあります。

このような労働環境であることから独立を目指すセラピストも多く、このようなセラピスト向けに提供されるレンタルサロンも増えています。

一方で、こうしたレンタルサロンはマンションの一室を活用したものなども多く、立地が悪い、清掃が行き届いていない、設備が整っていないといった課題を抱えているケースが多くなっています。

Bullsはこのレンタルサロンの課題を解決するため、ホテル・プライベートサロン・鍼灸院・整骨院などの遊休スペースをレンタルサロンとして活用する「minoriba」を展開しています。

プラットフォームビジネスでは、参画してくれる企業やサービスの多さがプラットフォームの利便性や事業の成長に直結してきます。そのため営業活動が重要となっています。「冊子版創業手帳」では、創業期の営業活動を支援してくれるツールについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ Bulls minoriba サロン セラピスト マッサージ レンタル レンタル・サロン 株式会社 資金調達 遊休スペース
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

次世代型超音波ガイド下集束超音波(HIFU)治療装置を開発する「ソニア・セラピューティクス」が23.5億円調達
2022年11月30日、ソニア・セラピューティクス株式会社は、総額23億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ソニア・セラピューティクスは、音響工学(超音波)技術を用いた次世代型超音…
SNS型オンラインペット霊園 「memoriR」が正式リリース
2022年10月11日、株式会社WallBankは、「memoriR(メモリアール)」の正式版を2022年10月7日にリリースしたことを発表しました。 「memoriR」は、SNS型のオンラインペット…
ライフ・プランニングなどFinTechサービス展開の「MILIZE」が資金調達
2020年4月22日、株式会社MILIZEは、資金調達を実施したことを発表しました。 ライフ・プランニングと資産負債管理の統合クラウド・プラットフォーム「Milize」や、保険証券電子化アプリ「mir…
VR映像配信プラットフォーム「Blinky」展開の「アルファコード」が3億円調達
2022年6月7日、株式会社アルファコードは、総額3億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、大日本印刷株式会社などです。 アルファコードは、VR映像配信プラットフォーム「Blinky(…
バーチャルオフィスやオンラインイベントに活用できるバーチャル空間提供の「oVice」が4億円調達
2021年10月12日、oVice株式会社は、総額4億円の資金調達を実施したことを発表しました。 バーチャル空間「oVice(オヴィス)」を開発・提供しています。 見下ろし型の平面の空間にアイコンをア…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ