注目のスタートアップ

ウェルビーイングを実現するサービス「ミキワメ ウェルビーイング」など提供の「リーディングマーク」が5億円調達

company

2022年7月13日、株式会社リーディングマークは、総額5億円の資金調達を実施したことを発表しました。

リーディングマークは、適性検査クラウド「ミキワメ適性検査」や、一流企業に会える就活サイト「ミキワメ」(旧:レクミー)、ウェルビーイングを実現するサービス「ミキワメ ウェルビーイング」、学生の会員制キャリア支援サービス「NEXVEL」を展開しています。

「ミキワメ ウェルビーイング」は、社員のメンタル状態を可視化し、適切なアドバイスを行うことでウェルビーイングを実現するサービスです。

独自開発の性格検査によってそれぞれの社員の性格を可視化し、ウェルビーイングの実現のための最適なアドバイスを提供します。

また、月1~2回実施する個人に最適化された2分のサーベイにより社員のコンディションを定期的に把握し、ダッシュボードで組織の状況とケアが必要な社員を可視化します。

これにより適切なアドバイスの提供を実現し、社員の幸福度を向上させ休職・離職を防ぎます。

今回の資金は、「ミキワメ ウェルビーイング」の機能拡張や、人材採用に充当します。

厚生労働省の「令和3年 労働安全衛生調査(実態調査)」によると、メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所の割合は、労働者数50人以上の事業所で94.4%(前年92.8%)、労働者数30~49人の事業所で70.7%(前年69.1%)、労働者数10~29人の事業所で49.6%(前年53.5%)となっています。

以前まで健康管理は個人の責任として考えられていました。しかし劣悪な労働環境やパワハラなどが原因で労働者の自殺が増加したことで、企業の社会的責任が問われるようになりました。

また、従業員の健康が生産性に大きく影響していることや、人手不足により従業員に長く働いてもらう必要があることから、企業では従業員の健康管理や健康増進に戦略的に取り組む「健康経営」という考え方が広まっています。

健康管理を実施するには、まず従業員の健康状態を可視化する必要があります。そのため、多くの企業で健康管理関連のシステムのニーズが高まっているのです。

株式会社リーディングマークのコメント

このニュースを受けまして、株式会社リーディングマークよりコメントが届きました。

・今回の資金調達の目的は何ですか?

休職・離職を防ぐ「ミキワメ ウェルビーイング」の開発および人材採用に充当し、更なる組織拡大とサービスの普及が目的です。

・今後の展望を教えてください。

「ミキワメ ウェルビーイング」の以下の機能拡張により当社のミッションである、人々の自己実現を支援することをウェルビーイングを世に広げていくことで成し遂げていきます。
・休職・離職の予兆を察知するアルゴリズムの精度向上
・⼈的資本の情報開⽰に対応した開⽰情報の可視化

・読者へのメッセージをお願いします。

ウェルビーイングとは、⾁体的、精神的、社会的に満たされた状態(持続的な幸福状態)のことを指し、幸福度が高い社員は、低い社員に比べて、生産性が高く、離職率が低いということが分かっています。

人々の幸福度を向上させて日本中の方々にウェルビーイングを広げる取り組みに注目いただければと思います。

また、適性検査、人事、採用などに関する情報発信ブログ「ミキワメラボ」も運営していますので、こちらもぜひご活用ください。

心身の状態は仕事をするために重要です。また、人を雇う場合、自分だけはなく従業員の状態も管理しなくてはなりません。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「総務手帳」では、ストレスチェック実施のノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ ウェルビーイング クラウド サービス ミキワメ ミキワメ ウェルビーイング メンタル メンタル・ヘルス リーディングマーク レクミー 健康 健康経営 可視化 就活 株式会社 資金調達 適性検査
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

日本円デジタルコイン運営の「日本暗号資産市場」が4,000万円調達
2021年1月15日、日本暗号資産市場株式会社は、総額約4,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 2020年8月に、日本円・BTC・ETHで購入可能な事業者用前払式支払手段ERC20トー…
農業向けドローン・ソリューション提供の「スカイマティクス」が資金調達
2019年11月14日、株式会社スカイマティクスは、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、株式会社博報堂DYベンチャーズが運用するファンド「HAKUHODO DY FUTURE DESIG…
フラットパネルディスプレイ製造装置などを開発・製造する「AIメカテック」と工業用ミシンなどを手掛ける「JUKI」が資本業務提携
2022年9月26日、JUKI株式会社は、AIメカテック株式会社と、資本業務提携契約を締結することを決議したことを発表しました。 AIメカテックは、フラットパネルディスプレイ(FPD)製造装置や半導体…
衛星データを利用した高精度な地表観測サービスを提供する「New Space Intelligence」が3,000万円調達
2022年10月13日、株式会社New Space Intelligenceは、総額3,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 New Space Intelligenceは、光学衛星画像…
「創業手帳」によるセミナー「キャッチコピーの作り方講座」が1/12に開催 参加者募集
創業手帳株式会社は「キャッチコピーの作り方講座」を2021年1月12日(火)に開催することを発表しました。 「キャッチコピーの作り方講座」は、キャッチコピー=伝わる文章だと捉え、伝わる文章を書くための…

大久保の視点

「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」
2022年10月28日、「物価高克服・経済再生実現のための総合経済対策」が閣議決定されました。 原材料価格の上昇や円安の影響などにより、エネルギー・食料品な…
(2022/11/4)
大手がスタートアップ買収で25%減税!創業手帳が背景を解説
大企業によるスタートアップ(新興企業)買収の際の法人税が軽減される方向で検討されている。既に、オープンイノベーション税制と言って買収ではなく、出資(増資)の…
(2022/10/9)
スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ