注目のスタートアップ

契約審査プラットフォームやAI契約管理システムを提供する「LegalForce」が137億円調達

company

2022年6月23日、株式会社LegalForceは、総額約137億円の資金調達を実施したことを発表しました。

LegalForceは、契約審査プラットフォーム「LegalForce」、AI契約管理システム「LegalForceキャビネ」を提供しています。

「LegalForce」は、自然言語処理などの技術によって、契約類型別のチェックリストと契約書の照合を自動で行い、リスクの可能性がある条文を検出することで、契約書業務を支援するサービスです。

リスクの可能性がある条文の検出以外にも、リサーチ機能、編集機能、構成機能、ナレッジ共有機能、案件管理機能、新旧対照表作成機能、契約書対応件数集計機能などにより、契約業務の品質向上と効率化を実現しています。

2022年3月時点で、2,000社を超える企業・法律事務所に導入されています。

BtoB取引における契約書は非常に重要な存在です。しかし日本の商習慣では両者の信頼感を重視するため、契約書の作成についてあまり積極的ではない企業も存在していました。

しかし契約は口頭での双方の同意があれば成立するため、契約書がないことで「言った言わない問題」が発生してしまうこともあります。これにより将来的に大きなトラブルへと発展し、損失が発生する可能性があります。

そのため大企業はこういったトラブルを未然に防ぐため契約書を作成することを重視しているのです。

そして近年はガバナンス・コンプライアンス意識の高まりにより、スタートアップや中小企業でも積極的な契約書の作成が求められています。

しかし契約書を作成するためには、弁護士などの専門家に依頼するか、専門的な知識を持つ人材を雇用する必要がありますが、スタートアップや中小企業はリソースが少ないため、契約書作成の必要性がわかっていても実行できないというケースも多くあります。

この課題を解決するために登場したのが、AIによる契約書レビューサービスです。

契約書レビューとは、作成した契約書のリーガルチェック(レビュー)を行うことを指します。AIを活用した契約書レビューでは、作成した契約書をAIが自動でチェックしてくれるというものです。

これにより契約書の作成が効率化されますし、雇用する人材も最小限で済むようになります。

また、契約書の作成だけでなく、契約書にまつわる業務全般を効率化する機能によって契約書業務のスピードが向上するため、スピード感のある契約を締結できるようになります。

ビジネスでは様々な法律が関わってきます。近年はガバナンス・コンプライアンスを重視する時代となってきていますので、スタートアップであってもきちんと法律を把握し対策することが肝心です。「冊子版創業手帳」では、創業期における気をつけておくべき法律について詳しく解説しています。また、無料で弁護士などの専門家も紹介していますので、ぜひご活用ください。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ AI LegalForce LegalForceキャビネ プラットフォーム 効率化 契約 契約書 契約書レビュー 契約書業務 契約業務 審査 株式会社 管理 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「THE BORDER」がキッチンカー事業「one’s Wish CAR」を開始
2022年2月10日、株式会社THE BORDERは、「one's Wish CAR(ワンズウィッシュカー)」事業を開始したことを発表しました。 「one's Wish CAR」は、“外で楽しむイタリ…
ユーザーの分身であるパーソナル人工知能「P.A.I.」を開発する「オルツ」が35億円調達
2022年6月1日、株式会社オルツは、総額約35億円の資金調達を実施したことを発表しました。 オルツは、デジタルクローン「P.A.I.」の開発や、AIを活用した自動議事録サービス「AI GIJIROK…
動画を活用したスタートアップと大手企業の商談創出プラットフォーム「MOVIN」がリニューアル・リリース
2020年11月17日、MOVIN株式会社は、「MOVIN」を2020年11月17日(火)にリニューアル・リリースしたことを発表しました。 「MOVIN」は、動画(事業紹介動画・社長インタビュー動画)…
AIを活用して薬剤耐性菌問題の解決を目指す「GramEye」がNEDO研究開発型スタートアップ支援事業(STS)に採択
2022年3月30日、株式会社GramEyeは、NEDOの2021年度「研究開発型スタートアップ支援事業/シード期の研究開発型スタートアップに対する事業化支援(STS)」に採択されたことを発表しました…
研究開発型創薬ベンチャーの「アークメディスン」が2.6億円調達
2019年10月28日、Beyond Next Ventures株式会社は、株式会社アークメディスンが総額約2.6億円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、Beyond Next Ven…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ