自動動画編集AIを開発する「レイワセダ」が法人化

tips

2022年6月13日、レイワセダ株式会社は、2022年6月10日に法人化したことを発表しました。

レイワセダは、2019年に立ち上げたグループ「レイワセダ」が前身で、動画編集を自動化するソフトウェアを開発しています。

AIを用い動画編集における単純作業を自動化するソフトウェアです。

学生向けの人材育成プログラム「第3回WASEDA Demo Day」(2021年)では優勝しています。

今後のリリースを予定している「Ready」は、無音区間を人工知能によって識別し、自動でトリミングするソフトウェアです。

さらに、自動字幕をはじめとした、動画・音声編集に関するさまざまな自動化を実現するソフトウェアを開発していく予定です。

Googleは、2020年10月に、日本におけるYouTubeの月間ユーザー(18歳以上)が6,900万人を超えたことを発表しました。

YouTubeなどのオンライン動画メディアは、テレビと同様に日常的なメディアとして根づいており、多くのクリエイターによる動画が日々アップロードされています。

YouTubeで自作の動画を投稿するクリエイターをYouTuberといいます。

YouTuberの制作した動画では、ジェットカットと呼ばれる特徴的な編集方法をよくみかけます。

ジェットカットとは、ジェットダイスケ氏が編み出した、無音部分や間延びした部分を容赦なく切り詰めていく編集手法のことで、テンポの良い動画を制作できることからYouTuberを中心に広まっていきました。

一方で、このジェットカットは、動画編集ソフトの波形を見ながら無音部分を見つけて手作業でトリミングしたり、動画を再生しながら間延びした部分を見つけてトリミングしたりと、単純でありながら労力がかかる編集でもあります。

レイワセダが開発している「Ready」は、このジェットカットを自動化するソフトウェアで、多くのクリエイターの助けとなることが想像されます。

また動画は個人によるエンターテイメント的なものだけでなく、企業においてもマーケティングでの活用が増えてきています。動画制作を内製する企業も増えているため、動画編集を効率化するツール・サービスは今後もニーズが高まっていくことでしょう。

レイワセダ株式会社のコメント

このニュースを受けまして、レイワセダ株式会社よりコメントが届きました。

・今回の法人化の目的は何ですか?

一番の目的は事業実施の準備をするためです。今後は製品のリリースを予定しております。その他に社会での弊社の認知を上げることや、信頼性を上げることも目的としています。

・今後の展望を教えてください。

動画編集の受託制作を行いながら製品の開発を行います。これらの事業により、クリエイターが活躍できる環境を作っていきます。

・読者へのメッセージをお願いします。

動画編集を外注したい方、動画編集の業務効率化を行いたい方は、お気軽に弊社HPからお問合せください。

動画はテキストや静止画よりも圧倒的な情報量を誇ります。視聴した者に短時間で多くの情報を与えられるため、Webマーケティングにおいても積極的に利用されるようになりました。累計200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」では、ホームページの作成ノウハウや、ネット初心者のためのネットPR方法など詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ AI Ready ソフトウェア レイワセダ 人工知能 動画 動画編集 株式会社 法人化 自動 自動化 設立
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

テレビの視聴質データ提供の「TVISION INSIGHTS」が10億円調達
2020年5月4日、TVISION INSIGHTS株式会社は、総額約10億円の資金調達を実施したことを発表しました。 人体認識技術を用いて、テレビ視聴者の視聴態勢「視聴質」をビッグ・データとして取得…
モノの貸し借りアプリ「Alilce.style」運営の「ピーステックラボ」が22.7億円調達
2021年7月7日、株式会社ピーステックラボは、総額約22億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 モノの貸し借りアプリ「Alilce.style(アリススタイル)」を運営しています。…
スポット・コンサル・サービス提供の「ビザスク」が社外役員マッチング「ビザスクboard」をリリース
2020年12月21日、株式会社ビザスクは、「ビザスクboard」を提供開始することを発表しました。 「ビザスクboard」は、企業に対して適切な社外取締役や社外監査役を完全成功報酬型でマッチングする…
ライブ配信によって求職者にアピールできる採用サービス「BUIVER」がリリース
2021年2月22日、株式会社BUIVERは、「BUIVER(ビーバー)」を2月にリリースすることを発表しました。 「BUIVER」は、企業がライブ配信によって求職者に対して自社の魅力や、仕事内容、仕…
月々の生活費からCO2排出量を計算する「家計炭素簿_α版」 無料提供が開始
2022年5月12日、株式会社テックシンカーは、「家計炭素簿_α版」をリリースしたことを発表しました。 「家計炭素簿_α版」は、月々の生活費を入力することで、月間の支出額とCO2排出量、年間の支出額と…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ