注目のスタートアップ

イヤホン型BCI「Ear Brain Interface」などを開発するブレインテックスタートアップ「CyberneX」が資金調達

company

2022年6月9日、株式会社CyberneXは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、既存投資家の横河電機株式会社です。

CyberneXは、イヤホン型Brain Computer Interface(BCI)「Ear Brain Interface」の開発などを行うブレインテックスタートアップです。

「Ear Brain Interface」は、脳波を計測することができるイヤホン型の小型デバイスです。音声UIを搭載しているため、日常利用することも可能となっています。

横河電機と共同で、ヒューマンエラーを誘発する特徴的脳波情報を複数発見するための研究を第1フェーズとして進め、一定の成果を得ています。

このデータを活用するため、共同研究を通じ、脳波の応用に適したビジネスを開発します。

BCI(ブレインコンピューターインターフェイス)とは、人の脳とコンピューターを接続する技術のことです。

この技術により、脳波で直接文字を入力したり、機械を動かすことが可能となります。

主に身体に障害を抱える人のために開発されていた技術ですが、現在はデバイスの小型化や非侵襲で計測が行えるデバイスが登場しています。

脳波測定は人間の感情などを定量化できるため、さまざまな領域への応用が可能であり、すでにビジネスではパッケージデザインの効果測定や、コミュニケーションの可視化などで活用されています。

CyberneXが開発しているイヤホン型のBCIは、非侵襲でありながらも高精度であることを特徴としています。つけていても違和感がないため日常での利用が可能です。

日常的に利用できるデバイスであればヘルスケアデバイスとしての活用なども考えられます。今後のCyberneXの動向に注目が必要です。

研究開発を主体とした事業では豊富な資金を必要とします。「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に役立つ情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ BCI Brain Computer Interface CyberneX イヤホン デバイス ブレインコンピューターインターフェース ブレインテック 小型 株式会社 横河電機 脳波 計測 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

次世代型リチウムイオン電池「全樹脂電池」開発・販売の「APB」が資金調達
2020年6月30日、APB株式会社は、資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、豊田通商株式会社です。 以前の資金調達は2020年3月4日で、総額約80億円を調達しています。 APBは、次世…
介護ワーク・シェアリング・サービス運営の「カイテク」が1億円調達
2020年9月7日、カイテク株式会社は、総額約1億円の資金調達を実施したことを発表しました。 介護ワーク・シェアリング・サービス「カイスケ」と、介護業界特化の採用/集客Webツール「バーチャル施設見学…
エッジAIカメラソリューション提供の「AWL」が20億円調達
2021年6月2日、AWL株式会社は、総額20億円の資金調達を実施したことを発表しました。 既設の防犯カメラをAI化する専用エッジデバイス「AWLBOX」と、タブレットやサイネージにインストールするこ…
スキマバイトサービス運営の「タイミー」が「KDDI open innovation fund」から資金調達
2021年8月30日、株式会社タイミーは、KDDI Open Innovation Fund 3号(運営者:グローバル・ブレイン株式会社)と投資契約書を締結し、KDDI株式会社との業務提携の検討を目的…
創薬・医療系ベンチャー育成支援プログラム「Blockbuster TOKYO」 ビジネスプラン発表会が3/3に開催
2021年2月2日、Beyond Next Ventures株式会社は、「Blockbuster TOKYO」選抜プログラム参加チームによるビジネスプラン発表会を2021年3月3日に開催することを発表…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ