注目のスタートアップ

風洞実験装置の設計・開発・製造を手掛ける「日本風洞製作所」が6.2億円調達

company

2022年9月1日、株式会社日本風洞製作所は、総額約6億2,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。

日本風洞製作所は、コンパクト風洞試験システム「Aero Optim」など、各種風洞実験装置の設計・開発・製造を手掛けています。

「Aero Optim」は、小型化・低価格化を図った風洞装置です。

小型でありながらある程度の直進性の高い気流を生み出すことができ、従来型風洞とも相関のあるデータを得ることができます。

今回の資金は、「Aero Optim」シリーズの製造体制の強化、販売促進活動、製品の高性能化、用途開発のための研究開発に充当します。

風洞実験装置とは、整った気流を生み出し、風にまつわる実験をするための装置です。

自動車やドローンの空気抵抗の観察など、流体が関わるさまざまなプロダクトの開発で利用されています。

一方で、風洞実験装置は高価な装置であるため、大企業や大学などの研究機関など、保有できる企業・組織は限られています。

中小企業などが風洞実験装置を使いたい場合は、試験を行っている企業や研究機関に利用料を支払って利用しています。

しかし風洞実験はニーズが高いため、利用したい時に装置を利用できるとは限らず、試験ができないことでプロダクト開発が遅れてしまうということも多々あります。

日本風洞製作所は、この課題を解決するため、小型かつ安価な風洞実験装置「Aero Optim」を提供しています。

事業の成長には戦略的な資金調達や提携が重要です。シリーズ累計発行部数200万部を突破した起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ コンパクト 実験 日本風洞製作所 株式会社 装置 製造 設計 試験 資金調達 開発 風洞 風洞実験装置
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

10分で食料品・日用品を届けるクイックコマースを展開する「OniGO」が「博報堂」と資本業務提携
2022年8月19日、OniGO株式会社は、株式会社博報堂と、資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 OniGOは、10分で食料品や日用品を届ける宅配スーパー「OniGO」を運営しています。 …
遠隔ICUサポートサービス提供の「T-ICU」が5.7億円調達
2021年12月28日、株式会社T-ICUは、総額5億7,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 重症患者診療現場向けの遠隔相談サービス「リリーヴ」や、ICU・一般病棟向け遠隔モニタリング…
ITエンジニア向け見積もり作成効率化SaaS提供の「Engineerforce」が3,500万円調達
2021年10月20日、株式会社Engineerforceは、総額3,5000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 ITエンジニアの見積もり作成を効率化するSaaS「Engineerforce…
コーディング不要の株価予測アルゴリズム開発機能「アルゴジェネレーター」がリリース
株式会社SmartTradeは、「QuantX Factory」において、「アルゴジェネレーター」をリリースしたことを発表しました。 「QuantX Factory」は、エンジニア向け株式投資アルゴリ…
会計ソフト群「弥生会計」などと「Sansan」が提供する請求書一元管理「Bill One」が連携
2020年12月14日、弥生株式会社は、提供する「弥生会計」などとSansan株式会社が提供する「Bill One」が連携することを発表しました。 弥生は、クラウド会計ソフト「弥生会計」や、「やよいの…

大久保の視点

スタートアップワールドカップ2022優勝はSRTX!日本のスカイドライブは準優勝で大健闘
ペガサステックベンチャーズが運営するスタートアップワールドカップ決勝戦が現地時間9月30日サンフランシスコで開催された。決勝戦会場のサンフランシスコ・マリオ…
(2022/10/1)
【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ