不動産仲介会社向け営業支援システム「プロポクラウド」提供の「Housmart」が「フォーメンバーズ」と業務提携

tips

2022年5月24日、株式会社Housmartは、株式会社フォーメンバーズと、業務提携を行うことを発表しました。

Housmartは、不動産仲介会社向け営業支援SaaS「プロポクラウド」を提供しています。

物件管理機能や顧客管理機能だけでなく、顧客の希望条件に合った最新の物件情報などを自動でメール配信する機能により、不動産営業をサポートするサービスです。

フォーメンバーズは、イオンモール株式会社が展開する不動産事業「イオンハウジング」のネットワーク加盟店本部運営・管理を行っています。

今回の提携により、「イオンハウジング」において「プロポクラウド」の活用を促進し、不動産営業のDXを図ります。また、フォーメンバーズからのフィードバックをもとに、さらにサービスの向上に取り組んでいきます。

不動産業界はデジタル活用が遅れており、レガシー産業と呼ばれていました。

しかし、新型コロナウイルスの影響により対面営業が難しくなり、デジタルを活用した営業に取り組む必要に迫られ、不動産業界では様々なSaaSが提供されるようになりました。

また、不動産の売買や賃貸の仲介を行う宅建業者は、全国に約12万業者あります。これはコンビニの2倍以上という数であるため、不動産業者は供給過剰であるという見方もあります。

そのため不動産仲介で利益を上げていくには、効率的な不動産営業と、きめ細やかな顧客対応を実現することが重要です。

株式会社Housmartのコメント

このニュースを受けまして、株式会社Housmart 代表取締役 針山昌幸氏よりコメントが届きました。

・今回の業務提携の目的は何ですか?

今回の提携の目的は、弊社「PropoCloud(プロポクラウド)」を通じて、フォーメンバーズ様の営業DXを支援することになります。

プロポクラウドは不動産営業において、追客に強みを持つサービスになります。

フォーメンバーズ様は営業の仕組み化、イオンブランド、イオン店舗の集客力、矢野社長の強力なリーダーシップなど、複数の強みを持つ不動産会社様になります。

今回の業務提携によって、追客を中心にフォーメンバーズ様の営業DXを支援しながら、全国のフォーメンバーズ加盟店様にプロポクラウドを活用いただき、フィードバックをいただくことで弊社のサービスもアップデートをしていければと考えています。

・今後の展望を教えてください。

プロポクラウドの対応エリア・対応不動産種別を拡大していくことになります。

弊社のプロポクラウドは独自の不動産データベースをもとに、不動産エージェントと消費者の繋がりを保ち、追客をしていくサービスになります。

現在の対応エリアは関東圏・関西圏、対応している不動産は中古マンション・新築戸建・中古戸建になります。

一方、フォーメンバーズ様の加盟店は拡大し続けていますので、関東・関西以外のエリア、土地などの不動産種別もサービス拡充することで、より広範囲に渡って、フォーメンバーズ様の支援をしていければと思います。

・読者へのメッセージをお願いします。

不動産売買仲介は、人生で一番高い買い物をお手伝いする、非常にやりがいと責任の大きい仕事だと思います。

一方、不動産エージェントにかかる負荷は重く、一度お問い合わせいただいたお客様をフォローし続けることは容易ではありません。

プロポクラウドは独自のデータベースによって、不動産営業の中でも特に負荷の大きい「追客」をサポートするサービスです。

営業は企業の売上を向上させるために必要な業務です。しかし、リソースの足りない創業期は満足できる営業を行えないかもしれません。「冊子版創業手帳」では、少しでも営業の成功率を上げるため、営業ツールの導入や、販路開拓の方法などのノウハウを提供しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ トレンド
関連タグ Housmart SaaS イオンハウジング システム フォーメンバーズ プロポクラウド 不動産 営業 支援 株式会社 業務提携 物件 管理 顧客管理
創業手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

トレンドの創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

VRライブプラット・フォーム「VARK」運営の「ActEvolve」が2億円調達
2019年8月7日、株式会社ActEvolveは、総額約2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 VR専用のライブ・プラットフォーム「VARK」を運営しています。 今回の資金は、VTuberのラ…
海事産業のDXを目指す「Marindows」が2億円調達
2021年12月8日、Marindows株式会社は、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 海上でも速い通信が行える次世代ブロードバンド通信の登場を見据え、海上統合デジタルプラットフォーム…
手術トレーニング用模擬臓器「VTT」開発・製造の「KOTOBUKI Medical」が8,000万円調達
2021年5月28日、KOTOBUKI Medical株式会社は、約8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 植物由来の模擬臓器「VTT(Versatile Training Tissu…
プライベートツアーサービスを展開する「otomo」が「オリエンタルランド・イノベーションズ」から資金調達
2022年5月18日、otomo株式会社は、株式会社オリエンタルランド・イノベーションズから資金調達を実施したことを発表しました。 otomoは、プライベートツアーサービス「otomo」、地域コンサル…
健康管理アプリ「FiNC」など展開の「FiNC Technologies」が「日本郵政キャピタル」と資本提携
2022年5月16日、株式会社FiNC Technologiesは、日本郵政キャピタル株式会社と資本提携契約を締結したことを発表しました。 FiNC Technologiesは、健康管理アプリ「FiN…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ