注目のスタートアップ

次世代太陽電池を開発する「エネコートテクノロジーズ」が資金調達

company

2022年5月23日、株式会社エネコートテクノロジーズは、資金調達を実施したことを発表しました。

エネコートテクノロジーズは、次世代太陽電池であるペロブスカイト太陽電池の開発を行う、京都大学発スタートアップです。

ペロブスカイト太陽電池は、中~低照度でも高効率な発電ができること、製造コストが安いこと、薄膜であるためフィルムなどを基材とすることで曲げられる太陽電池が製造できるなど柔軟性があることを特徴としています。

今回の資金は、ペロブスカイト太陽電池の量産技術開発、製造・販売にかかる社内体制の整備・拡充などに充当します。

ペロブスカイト太陽電池は、桐蔭横浜大学の実験室から生まれた次世代の太陽電池です。

2009年に発表されたペロブスカイト太陽電池は急速に研究が進み、2021年12月時点で発電効率の最高記録は25.7%となっています。

市場の主流を占めるシリコン太陽電池の一般的な発電効率は20%程度であり、理論的な発電効率の限界は29%といわれているため、ペロブスカイト太陽電池はかなり高い数値を誇っていることがわかります。

また、シリコン太陽電池は発電効率だけでなく重量があるため、設置場所に制限があることも課題となっています。

ペロブスカイト太陽電池は、シリコン太陽電池の課題の多くを解決するものとして大きく期待されています。

ペロブスカイト太陽電池の大きな特徴のひとつに塗布によって製造されることがあります。シートなどに塗布することで軽くて曲げられる太陽電池となるため、ビルの壁面など従来は設置が難しかった場所への設置が可能となります。

また、インクジェットによって大量生産が可能であり、シリコン太陽電池よりも製造コストが安くなるとされています。

研究開発には潤沢な資金が必要となります。起業ノウハウ集「冊子版創業手帳」の別冊「資金調達手帳」では、VCから出資を受けるためのノウハウなど、資金調達に関する情報を掲載しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ エネルギー スタートアップ ソーラーパネル 京都大学 再生可能エネルギー 太陽光発電 太陽電池 株式会社 次世代 発電 資金調達 電気 電池
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

「ユームテクノロジージャパン」が産業用ロボットのオンデマンド特別教育サービスを3月から提供開始
2022年2月21日、ユームテクノロジージャパン株式会社は、2022年3月から、産業用ロボットの特別教育サービスをオンデマンドで提供を開始することを発表しました。 ユームテクノロジージャパンは、オンラ…
不動産投資型クラウドファンディング「CREAL(クリアル)」 累計調達額が100億円を突破
2021年6月17日、クリアル株式会社は、運営する不動産投資型クラウドファンディングサービス「CREAL(クリアル)」において、クラウドファンディングでの累計調達が100億円を突破したことを発表しまし…
「日本クラウドキャピタル」がベンチャー株式のセカンダリーマーケット「FUNDINNO MARKET」をリリースへ
2021年10月26日、株式会社日本クラウドキャピタルは、「FUNDINNO MARKET(ファンディーノマーケット)」の提供に向け、準備を進めることを発表しました。 「FUNDINNO MARKET…
セールスイネーブルメントクラウド提供の「ナレッジワーク」が2億円調達
2022年6月17日、株式会社ナレッジワークは、総額2億円の資金調達を実施したことを発表しました。 2022年4月20日には、10億円の資金調達を発表しています。 ナレッジワークは、セールスイネーブル…
フルオンラインのトータル美容プロデュース・サービス「SHEbeauty」が2021年春から始動
2020年12月3日、SHE株式会社は、「SHEbeauty」を2021年春から始動することを発表しました。 「SHEbeauty」は、個人向けにフルオンラインでトータル美容をプロデュースするスクール…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ