注目のスタートアップ

パーソナライズヘアケア・スキンケア・ボディメイクのD2Cブランドを展開する「Sparty」が資金調達

company

2022年5月19日、株式会社Spartyは、資金調達を実施したことを発表しました。

引受先は、ロレアルグループ(本社:パリ)のコーポレートベンチャーキャピタルファンド「BOLD(Business Opportunities for L’Oréal Development)」です。

Spartyは、パーソナライズ×D2C事業として、パーソナライズヘアケア「MEDULLA」、パーソナライズスキンケア「HOTARU PERSONALIZED」、パーソナライズボディメイク「Waitless」の3ブランドを展開しています。

今回調達した資金と、ロレアルが有する知識・流通ネットワークなどを積極的に活用し、より良いパーソナライズサービスを提供していきます。2024年を目処に世界への本格進出を予定しています。

趣味嗜好・性質・身体の特徴などは人それぞれ異なります。

美容領域ではそういった個人の悩みを解決するためのプロダクトが提供されていますが、より多数のユーザーに消費されるプロダクトのほうが利益を得られるため、あまりニッチなプロダクトは生まれづらいという状況にあります。

しかし、近年こだわりを持った高品質なプロダクトを比較的安価に提供することを可能にするD2C(Direct to Cosumer)モデルが広まったことにより、以前とは大きく状況が変わってきました。

D2Cは、消費者に対して企業が直接商品を提供・販売するビジネスモデルなので、不要なコストや中間マージンを削減し、その分を価格に還元できることを特徴としています。

またD2Cでは創業者・開発者の個人的な悩みなどから商品開発がスタートしている事例も多くあり、ニッチなプロダクトが次々と誕生しています。

そして、D2Cではプロダクト・サービスのパーソナライズ化が注目されています。パーソナライズ化とは、ユーザーそれぞれに最適なプロダクト・サービスを提供するというものです。

以前からも職人によるオーダーメイドなどパーソナライズ化された商品の提供は行われてきましたが、大きなビジネスとして展開することは難しいものがありました。

しかし近年のデジタル技術の急速な発展によって、より大規模にパーソナライズ化を行えるようになってきたのです。D2Cはデジタル技術と相性が良いため、このパーソナライズ化がより注目されているのです。

D2Cビジネスは、顧客の声を直接聞くことができ、即座にプロダクトに反映できることが大きな魅力です。また、SNSなどインターネットを使ったマーケティングとも相性が良いといわれています。「冊子版創業手帳」では、創業期でも実施できるネットを活用したマーケティングのノウハウについて詳しく解説しています。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ D2C HOTARU PERSONALIZED MEDULLA Sparty Waitless コスメ スキンケア パーソナライズ パーソナライゼーション ビューティー ブランド ヘアケア ボディメイク ロレアル 化粧品 株式会社 美容 資金調達
資金調達手帳
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

分析テンプレートを選ぶだけで高度なAI分析ができるSaaS提供の「datagusto」が8,500万円調達
2021年5月24日、株式会社datagustoは、総額8,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 AIによる高度な分析を、分析テンプレート(レシピ)を選ぶだけで簡単に行えるSaaS「da…
CO2排出量可視化・脱炭素化クラウド「ENERGY X GREEN」など展開の「booost technologies」が12億円調達
2022年2月2日、booost technologies株式会社は、総額12億円の資金調達を実施したことを発表しました。 CO2排出量の可視化やレポート化ができるクラウド型プラットフォーム「ENER…
国際物流プラットフォーム運営の「Willbox」が9,500万円調達
2021年5月17日、Willbox株式会社は、総額9,500万円の資金調達を実施したことを発表しました。 国際物流プラットフォーム「Giho」を運営しています。 貨物サイズが大きく物流自体の専門性が…
​大学生向けスケジュール管理アプリ「Penmark」が5,800万円調達
2019年11月6日、株式会社ペンマークは、総額約5,800万円の資金調達を実施したことを発表しました。 大学生向けのスケジュール管理アプリ「Penmark」を運営しています。 シラバスから時間割を作…
宇宙ベンチャーの「Space BD」が3.8億円調達
2019年10月21日、Space BD株式会社は、総額3億8,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 宇宙ベンチャーとして、商業的なアプローチにより宇宙産業の発展への貢献を目指しています…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ