スマートフォンから注文できるスクールランチサービス提供の「PECOFREE」が資金調達

company

2021年9月6日、株式会社PECOFREEは、資金調達を実施したことを発表しました。

学校で食べる食事をスマートフォンから予約注文できるサービス「PECOFREE」を開発・運営しています。

毎日、栄養士が監修した献立3種類から選ぶことができ、前日までにLINEのミニアプリから予約注文することで、当日に学校に設置された受取・返却BOXに弁当が配送されるサービスです。

将来的には、地域の給食会社と協業し、弁当の提供や、地域の食材の活用などを行っていくことを考えています。

今回の資金は、システム開発や、サービス認知拡大のためのマーケティングとその人材採用に充当されます。

給食業界が抱えている課題には、献立作成の負荷の高さや、食数予測が難しいことがあります。

献立は栄養士が作成しますが、給食ということもあり金額や調理法など配慮しなくてはならない要素が多数あるため、非常に作成負荷が高くなっています。

弁当給食の場合は事前に注文を受けた分を配送するため食数予測は必要ありませんが、食堂の場合はその日にどれだけの利用者が訪れるのかを予測することが難しくなってしまいます。

また欠品してしまうと食堂の利用率の低下につながってしまうため、フードロスの削減と欠品の防止の両立という難しい判断をしなくてはいけません。

「PECOFREE」は、そういった給食業界の課題に目をつけたサービスであり、学校での大きな成功例があれば一気に普及する可能性があります。

新規事業の開発には、自社の強み・弱み、市場の機会・驚異を分析することが重要です。「冊子版創業手帳」では、事業を分析するためのフレームワークを掲載しています。自社の強みや市場の機会を明らかにすることで、ブルーオーシャンを見つけだすことができるはずです。

読んで頂きありがとうございます。より詳しい内容は今月の創業手帳冊子版が無料でもらえますので、合わせて読んでみてください。
カテゴリ 有望企業
関連タグ PECOFREE スマートフォン ペコフリー 学校 弁当 教育機関 株式会社 注文 給食 資金調達 飲食
この記事を読んだ方が興味をもっている記事

この記事を読んでいる方に編集部からおすすめ

有望企業の創業手帳ニュース

関連するタグのニュース

スタートアップと投資家向け教育・研修サービス「ケップルアカデミー」β版がリリース
2019年8月5日、株式会社ケップルは、「ケップルアカデミー(KEPPLE ACADEMY)」を開設し、同日から受講生の募集を開始したこと発表しました。 「ケップルアカデミー」は、スタートアップと投資…
スマートホーム・コントローラーなど展開の「Live Smart」が資金調達 「中国電力」と提携
2021年1月14日、株式会社Live Smartは、中国電力株式会社と資本提携契約を締結したことを発表しました。 Live Smartは、スマートホーム・コントローラー「LS Mini Next」や…
「ジェネシア・ベンチャーズ」が設立から約4年間の投資・支援実績のインフォグラフィックを公開
2020年12月22日、株式会社ジェネシア・ベンチャーズは、インフォグラフィックを公開したことを発表しました。 このインフォグラフィックは、2017年12月と2020年9月に最終募集を完了した、1号フ…
新規核酸医薬品開発の「ルクサナバイオテク」が6.5億円調達
令和2年2月10日、ルクサナバイオテク株式会社は、総額6億5,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 安全性と有効性の高い新規核酸医薬品を開発しています。 今回の資金は、製薬会社やアカデミ…
発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」開発・製造の「DAIZ」が「三菱ケミカルホールディングス」と資本業務提携
2021年9月3日、DAIZ株式会社は、株式会社三菱ケミカルホールディングスと資本業務提携契約を締結したことを発表しました。 DAIZは、発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・製造しています。…

大久保の視点

【登壇レポート】新しいイベントの形。DXベンチャー100社登壇の新春デジタルベンチャーサミットに参加してみた。
2021年新春デジタルベンチャーサミット、スケジュール決定~二日間で成長企業100社の最新ツールを知れるオンライン展示会~ に登壇した。DXの著名な会社が一…
(2021/1/6)
デジタル庁平井大臣「日本はデジタル敗戦」「産業界はDX遅れている」「全手続をスマホで60秒以内に完了させたい」DX化に気炎
平井大臣がスタートアップ関係者にデジタル化の方向語る 2020/11/25に平井卓也デジタル改革担当大臣が「全手続をスマホで60秒以内で完了したい」とスター…
(2020/11/25)
【大久保の視点】ホームページ制作SaaS運営の「ペライチ」がラクスルから4.9億円調達をどう見るか。
2020年9月10日、株式会社ペライチは、4億9,000万円の資金調達を実施したことを発表しました。 引受先は、印刷・集客支援のシェアリング・プラットフォー…
(2020/9/11)
創業手帳 代表取締役 大久保幸世のプロフィールはこちら

注目のニュース

最新の創業手帳ニュース

創業時に役立つサービス特集
マーケティング担当・広告代理店のご担当者様へ